好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

【NJPW】WORLD TAG LEAGUE 2022&SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022 出場チーム決定

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

年末といえばタッグリーグですね。

あれ?そもそも年末のタッグリーグ戦といえば、全日本プロレスの世界最強タッグだった気がしますが、いつの間にか新日でも年末のタッグリーグ戦が定着しましたね。

ヘビーとジュニアが同時進行するというスタイルで、ヘビーが観たかったのに、ウチの地元ではジュニアしかないなんてこともあるのかな?

それを考えると、一緒くたに開催するのは、どうなんだろ?ってちょっと思ったりします。

ボクは相変わらずワールド観戦なので、今年もライブ観戦をほとんどしないまま終わりそうです。

WORLD TAG LEAGUE &SUPER Jr. TAG LEAGUE

まずはヘビーのリーグ戦のエントリーチームを観てみます。

FTRやデンジャラス・デッカーズ出ないのね

  • 棚橋弘至&矢野通
  • 毘沙門(後藤洋央紀&YOSHI-HASHI)
  • アレックス・コグリン&ゲイブリエル・キッド
  • 内藤哲也&SANADA
  • グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ
  • オージーオープン(マーク・デイビス&カイル・フレッチャー)
  • TMDK(マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト)
  • 鈴木みのる&ランス・アーチャー
  • バッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ
  • EVIL&高橋裕二郎

このようになっておりますが、FTRは出ないのかぁ、というのが第1印象です。

ガッカリしてます。

この前のタイトルマッチでいい感じだったので、このままタッグリーグにも出てくれるのかと思ったんですが、きっと売れっ子なんでしょうね。

ドームには出てくれるんですかね?

となると、さながらIWGPタッグの次期挑戦者チーム決定リーグ戦です。

それとオカダ・カズチカ選手、タマ・トンガ選手、ジェイ・ホワイト選手、鷹木信悟選手、ウィル・オスプレイ選手、さらにデンジャラス・デッカーズ(タイチ&ザック・セイバーJr.)出ないのも残念です。

かなり主役クラスを欠いた寂しいリーグ戦に思えてしまっています。

でも、オリジナルのTMDKがついに登場したというのはちょっとだけ楽しみです。

「ちょっとだけ」としたのは、ヘイスト選手は良いとして、ニコルス選手にはあんまりいい印象がないので、タッグチームとして本当に良いの?疑心暗鬼になっているところがあるからです。

そして、なんと言ってもランス・アーチャー!

G1に続いて、年末にもお越し頂きまして誠にありがとうございます。

優勝とかはしないんでしょうけど、誰と当たっても新鮮ですから、楽しみです。

HOT(ハウス・オブ・トーチャー)からEVIL&裕二郎なんですね。

たぶん、優勝に絡んだりしないんだから、ここはEVIL&ディック東郷のほうが面白さ倍増だった気がするんですけどね。

※ここを書いている時点では、ジュニアのエントリーチームを確認してません。

公式戦の最終戦カードを観ますと、毘沙門とTMDKが点を争うことになるのかな?と思いました。

でも、ボクの優勝予想は内藤&SANADAです。

理由は内藤選手にも少しぐらいドームでいい思いをして欲しいからです。

こっちも主役クラスがいない

続きましてはジュニアの出場チームです。

  • 田口隆祐&クラーク・コナーズ
  • KUSHIDA&ケビン・ナイト
  • ロビー・イーグルス&タイガーマスク
  • YOH&リオ・ラッシュ
  • アレックス・ゼイン&エル・リンダマン
  • BUSHI&ティタン
  • Catch 2/2(TJP&フランシスコ・アキラ)
  • 金丸義信&DOUKI
  • エース・オースティン&クリス・ベイ
  • SHO&ディック東郷

こちらもヘビーと同じくシングルマッチでドームに出る選手は省かれてます。

つまり主役の3人(石森太二選手、エル・デスペラード選手、高橋ヒロム選手)がいないということです。

ただ、結構新鮮なメンツにはなっていますので、全然優勝の行方が想像つきません。

ここがワクワクポイントです。

よくわからないのが田口&コナーズとKUSHIDA&ナイトですよね。

このメンバーなら本来、田口&KUSHIDAとコナーズ&ナイトになるんじゃないかと思うんですけどね。

何でここ入れ替えちゃったのかな?と、田口&KUSHIDAだと優勝しちゃうから、マズいとなったんですかね?

しばらくお休みだったのでKUSHIDA選手の存在を忘れておりましたが、ジュニアタッグ最強と思えるほどのレベルの高いチームワークを見せる現チャンピオンCatch 2/2を倒せるチームと考えると、田口&KUSHIDAなんて良いと思うんですけどね。

また、ここにガッカリです。

東郷選手はこっちに出るから、EVIL選手とは組めないわけですね。

もどかしい。

スターダムとの合同興行に登場する、リオ・ラッシュ選手がここにも登場しますね。

YOH選手と組んだということはCHAOS入りなのかな?

CHAOSにはジュニアの選手がいないので、ちょうど良かったんじゃないですかね。

エル・リンダマン選手の登場は嬉しいですね。

スーパージュニアの時もリンダマン選手の試合はなんか楽しかったな〜と記憶しております。

よく知らないクリス・ベイ選手もちょっと楽しみですね。

新日のサイトの紹介文を読みますと、「驚異の身体能力を誇る”ハイフライ戦士”」だそうです。

もうそんな人、山ほど観てるのでちょっとやそっとじゃ驚けなくなってしまったのですが、大丈夫でしょうか?

オースティン選手のほうはスーパージュニアで観てますから、安心です。

ボク的にはヘビー級になっちゃったエル・ファンタズモ選手の代わりに石森太二選手のパートナーになって欲しかったんですが、石森選手はシングルのチャンピオンでタッグリーグには出られないということなので、仕方がないですね。

こちらも最終公式戦のカードを観ますと、YOH&ラッシュ、BUSHI&ティタン、TJP&アキラ、オースティン&ベイが優勝争いをしそうな気がします。

ボクの優勝予想はやっぱりTJP&アキラですね。

このチームに勝てるチームが出てくるような気がしません。

いくつかのガッカリはありますが、そういうガッカリがまるで振りだったかのように、好勝負連発で、この年末を楽しませてもらいたいです。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き