好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

【NJPW】カード変更となりました:WRESTLING DONTAKU 2022

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

ビックリしましたね。

なんとウィル・オスプレイ選手と藤波辰爾選手がコロナ陽性となってしまい欠場となってしまいました。

WRESTLING DOUNTAKU 2022

藤波選手はご高齢なので心配ですね。

幸いと言ってはなんですが、藤波選手はそれほど重要な試合に関わっていたわけではないので、大会に大きく影響することはないでしょう。

だがしかし、オスプレイ選手のほうはタイトルマッチで、チャンピオンになろうがなるまいが新日の中心人物ですから、今後ストーリーに大きく影響するでしょう。

とはいえ、G1前で良かったというべきなんでしょうかね。

ボク的にはブリティッシュヘビー級チャンピオンだったはずのオスプレイ選手がIWGP”US”ヘビー王座決定戦をやるというのに少々違和感があったので、この試合そのものが流れたのは良かったかな〜という気もしないでもありません。

藤波の代わりにX

まず藤波選手が欠場になりまして、そもそも藤波辰爾&鷹木信悟&BUSHI vs タイチ&ザック・セイバーJr.&TAKAみちのくというカードだったものが、X&鷹木信悟&BUSHI vs タイチ&ザック・セイバーJr.&TAKAみちのくとなります。

藤波選手の代わりにX選手が出場することになったわけです。

藤波選手とタイチ選手やザック選手が絡むのがこのカードの楽しみだったかと思うんで、それが流れてしまったのは残念です。

しかも代わりのきかない選手ですので厳しいですね。

もうぜんぜん違うタイプのレスラーがXであるほうが良いかと思います。

たしか藤波選手のドラディションの大会に何人かの新日の選手が出場するので、そのお返しみたいなものでしょう。

ということは、Xはドラディションの選手ということになるんでしょうか。

ドラディション公式サイト

ドラディション所属選手は5人なんですね。

う〜ん、やっぱり代わりがききません。

こんなことはコロナが普通の風邪扱いになるまではよくあるでしょうから、他団体からの参戦選手が直前に欠場になった場合は代打がすぐに立てられるようにしておくほうがいいかも知れせんね。

Xとなっているのは、急なことで決まってないということでしょうし。

オスプレイ選手の代わりは石井智宏

さてオスプレイ選手の代打は、石井智宏選手になりまして、棚橋弘至 vs ウィル・オスプレイが棚橋弘至 vs 石井智宏となりました。

そもそもどんたくのカードに石井選手は入ってなかったから、すぐに代打となりました。

たしか石井選手はこのところずっとアメリカだったと思います。

どんたくのカードに名前がなかったのは、何らかの理由で帰国出来なかったり、やっぱりコロナ陽性となる可能性があるから無理に差し込まなかったのかも知れません。

こちらはタイトルマッチですから、そうカンタンにやめるわけにはいかない上に相応の選手が出ないと成り立たないですから、石井選手がいて本当に良かったです。

何しろ名勝負製造機ですから、内容はお墨付き。

場合によっては擦りに擦ったオカダ・カズチカ vs 内藤哲也よりも良い試合になるかもしれません。

オスプレイはツイてない

とはいえ、これはどちらが勝ってもUS感ゼロ。

石井選手が勝っても日本に帰ってきたところでまたアメリカに行くというわけにもいきませんし、棚橋選手が勝つしかないかないと思います。

オスプレイ選手に勝つのはちょっとキツいですが、石井選手にはまだ普通に勝てそうなので、勝敗に関するワクワクは減りました。

ただ海の向こうでジョン・モクスリー選手が次の対戦相手に棚橋選手の名前を出してます。

ということは、オスプレイ選手が相手であっても勝ってチャンピオンとしてアメリカでモクスリー選手と闘うことに既になっているのかも知れません。

それなら尚更、棚橋選手はどうやってオスプレイ選手に勝つつもりだったのか、気になってきます。

それにしても、オスプレイ選手はツイてないです。

プロレスラーなんて誰しも普通の人以上にコロナには気をつけているでしょう。

それなのに、陽性となるんですから。 

早くPCR受けなくても良い日が来てほしいですね。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き