好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

スターライト・キッド、黒くなってのインタビュー:『週刊プロレス』No.2131

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。

今回は毎度おなじみ週刊プロレスの話題です。黒くなったスターライト・キッド選手の心情に迫るインタビューを読んでの感想を書いてまいります。

欲深き空虎

『欲深き空虎』というタイトルが付いておるわけですが、

出典:週刊プロレス No.2131

この「空虎」はなんと読めば良いんでしょうね。

くうこ?あきこ?そらこ?そらとら?しばらく悩んでしまいました。たぶん「スカイタイガー」が正解なんでしょうね。

このタイトルはハイスピードのベルトと白いベルトの両方を狙うということでついたんだと思うんですが、朱里選手、中野たむ選手、白川未奈選手と3人も二冠王がいるわけですから、とりわけキッド選手だけが欲深いという感じはしませんので、イマイチピンと来ないタイトルだな〜と思ってしまいました。すみません。

若さあふれるインタビュー

これを読みますと、キッド選手から若さが溢れてるなぁと思いました。

実際若いわけですから、それで良いんですが、現時点ではすぐにトップの仲間入りというわけには行かないだろうと思わせました。

スターダムには10代の選手が何人かおられますが、どの選手も試合からそんなに若さを感じなくても、試合後のコメントとか、こういったインタビューに若さが溢れてしまいます。

たぶん、「この場面では、これを言っておかなければいけない」というのがあって、全体の流れをついつい無視してしまうんじゃないですかね。

その先走ってしまうところが良いところでもあるんですけどね。

ただ、男子レスラーはそういう部分、徐々に徐々に変わっていって、気がついたらずいぶん落ち着いた物言いになったな〜とかなるんですけど、女子レスラーは、ある日突然、急にガチャっと大人にスイッチが入るように思います。

よく精神的には同い年の男性よりも大人だと言いますし。

最近ではAZM選手にそれを感じまして、ボクの中でイメージがガラッと変わりました。

ベルトこそ巻いてませんけども、この1年で格上げされた印象があります。キッド選手より先に白いベルトは巻くんじゃないでしょうか。

インタビューでは二冠とも欲しいと宣言しておられますけども、キッド選手にはまだシングル二冠王は早いと思います。2年先くらいならあるでしょうけど。

ゆえに白いベルトとハイスピードのタイトルマッチを経て、どう変化するか。とりあえずガワだけは変わったので、次は中身ですね。

ここで何かを掴んだら、ボクが想像するよりも早くトップ選手の仲間入りするでしょう。

大江戸隊の環境は、キッド選手にとってスゴく良いように見えますので、精進してもらいたいです。

絶対黒のほうが良い

ジュリア選手はイメージチェンジがスゴく上手な印象がありますが、キッド選手の今回の黒への変化は大大大成功です。

前にも書きましたが、肌が白いから、コスチュームの黒がムチャクチャ映えます。しかも以前の白を基調としたコスチュームですと、ポチャっとして見えてまして、ジムに行ってマッチョになっている写真とリングでいる写真が同一人物とは思えないってなことがありました。

しかし、今はシュッとしてます。なんなら、今まで一切感じなかったセクシーさまでほんのり出てきました。ま、プライベートでなんかあったのかも知れませんが。

完全に格上げ間近の雰囲気が漂っています。あくまで間近です。

準備が整ったという感じですので、5★STAR GPのキッド選手は大注目なんじゃないでしょうか。

岩谷麻優を超えてからがスタート

インタビューの中でキッド選手がこんなことをおっしゃっています。

岩谷麻優の性格だからついていきたくなる。支えたくなる。

週刊プロレス No.2131

岩谷麻優選手のことが本当に好きなんだな〜というのが伝わってきます。現時点でも「ついていきたくなる」わけですから、相当なものです。

ただ、これでは格上げ出来ないんです。

キッド選手にとって岩谷選手は師匠筋なのかな?いろいろ教えてもらったりしたんでしょうけども、いちばんの恩返しはその人を乗り越えていくことです。

いつまでも「ついていきたく」なったり「支えたく」なったりしていては、トップ選手にはなれないのです。

この言葉が出てきた以上は、すぐに白いベルト戴冠はもうちょっと先かなぁと思いました。

ついていくのではなく、追い越して、なんなら支えてもらえるようになることを目標にして欲しいです。

キッド選手はコスチュームを変えて、ユニットを変えて、リスタートを切ったわけですが、本当のスタートは岩谷選手からしっかり3カウントを奪うことが出来てからなんじゃないですかね。

佐山聡&ジャガー横田により、虎のマスクをかぶった女子レスラーがデビューするそうですが、これもうまく利用すればキッド選手の追風になるでしょうから、まさに今はチャンス到来です。

欲張る年と決めたのですから、もっともっと欲張って下さい。

それではまた。 ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き