好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

IWGP世界ヘビー級創設

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです

昨日はIWGP世界ヘビー級の話題で持ちきりでした。

www.njpw.co.jp

寂しく悲しい

昨年、内藤哲也選手が史上初の2冠王になった時にはそのうち、インターコンチが封印される形になると思っていました。

USヘビーがあるんだから、インターコンチの役目は終了したってことでしょ?と。

ところがどっこい、IWGPヘビーとインターコンチが一つになってどちらのベルトも消滅して新しいベルトになるというのです。

名前が変わっただけやんとおっしゃる方もいますが、ボクは全然そうは思えません。

この2冠統一は、アントニオ猪木さんが提唱したIWGP構想に沿ったものだから、むしろ元に戻ったのだとおっしゃる方もいますが、これもまたボクはそうは思えません。

世界の多くの団体が団体最高峰のベルトに「世界」という名前を銘打っているのだからIWGPだけがないのほうが不自然だとおっしゃる方もいますが、ボクはそうは思えません。

いかなる理屈があろうとも、それが正論であろうとも「IWGPヘビー級王座」という名称が消滅してしまったことが、とにかく寂しく悲しいのです。

選手は何も言わない

タイトルマッチの翌日に、すぐ菅林直樹会長が統一しますと発表するのです。このスピード感に驚きました。

これまでこれらのベルトに関わって選手が何もコメントを出さないままにこんな事が決まって良いのか?と、怒りも湧いてきました。

ただ、何もコメントを出さないということはもう統一されることは、飯伏選手が統一を口にした時点では決まっていたことなのかも知れませんね。

大阪城ホール大会後のオカダ・カズチカ選手のコメントを読み返してみると、

だってもう、つまんないでしょっていう……2冠戦。なんで誰も口に出さなのかなと。それやっぱ、IWGPがあるからこそ、誰も何も言えないんじゃないかと思うんですけど。結局、2冠戦で楽しんでる2人たちが明日やるだけであって、誰も、何も……もうなんだろうな、統一だとかインターコンチだけだとか、そんなの関係なく、強いヤツがベルト巻けばいいんですよ。そんな単純なことなのに、なんか違うことで闘って、“それってプロレスなの?”っていう。なんか、だったら普通に、リング上で強い人が好き放題やればいいじゃんっていう。僕はそう思いますし、なんかそれでお客さんも戸惑ってるのもあると思いますし。まあ、強い人がチャンピオンなわけですから。もう、散々なんですよ。そういうもので。ただでさえこういう状況で、いろいろと不満がある中で、ベルトの、プロレスでもそういう不満が溜まるよいうなことをしててもしょうがないですし。それは今回、僕もそうですし、また別の、IWGP、その2冠の闘いに対してもそうだと思いますし。関係なく、強い人がチャンピオンなんですよ。まあ別に僕は統一だろうとインターコンチだけだろうと、僕は知ったこっちゃないですけど、

これはインターコンチなんかいらんということだと勝手に解釈しまして、ニュージャパンカップで優勝した暁には飯伏選手からIWGPヘビーだけをいただきに行くということだと思っていました。

でもよく考えてみると、

僕は統一だろうとインターコンチだけだろうと、僕は知ったこっちゃない

何もヘビーに一本にこだわりは持ってないのです。

強い人がチャンピオンであれば良いし、チャンピオンが好き放題やれば良いという主張です。これは統一されて名称が変わることも込みのコメントだったのかな、と思えてきます。

棚橋弘至選手もブログにて

ameblo.jp

統一に関して口を挟む権利を有してない自分が悪いと、当たり障りのないことを書いています。

きっと随分前に統一することは聞いていて、ボクらよりも時間をかけて自分を納得させてきたという感じがしました。

とはいえ、これまでIWGPヘビー級を巻いた選手は良いけど、まだ巻いたことのない選手はどう思っているのか?

長らくIWGPヘビーを巻きそうだったのに巻かずに終わってしまった後藤洋央紀選手は何か言わんのか?とTwitterを覗いてみましたが、

twitter.com

ニュージャパンカップのことに触れるのみ。

変なことを呟いてややこしくなっては困るので、この件に関しては何も触れるなと、厳重注意があったのかも知れません。

飯伏が気に入らない

実際に奪い合う選手が異を唱えてない(唱えた内藤選手は負けてしまいましたが)んだから、ただ観るだけの者がゴチャゴチャ言ったところで何もなりません。

この結論が嫌なら、新日本プロレスを観なかったら良いだけのことですから。

あまりのスピード感に飯伏選手の主張をホイホイと聞き入れて、ちゃちゃっと統一を決めてしまった感じに腹が立っていたのですが、そんなことをちゃちゃっとは決まらないでしょう。

もしかしたら内藤選手が2冠をまとめたときから、いや、なんならUSヘビーのベルトを創設した時から、どこかのタイミングで統一することが決定したのでしょう。

ではどうして、なんかムカムカするのか。

それは飯伏選手がチャンピオンである時に統一されたからです。

思えば「せっかく新日に入団したんだから早くIWGPヘビー級チャンピオンにさせてあげれば良いのに」とか「今度こそ飯伏選手のIWGPヘビー戴冠のタイミングだ」とか、これまで飯伏選手を推すようなことも書いてきましたが、それは一回くらいは巻かせてあげてよ的な気持ちでした。

しかし、新日を象徴するベルトが新設される歴史の転換期において、DDTからやってきたよそ者、新日の道場を知らない者が、初代王者に認定されることが、気に入らないんです。

そういう面倒くさいことを言い出すファンを想定してか、このところの飯伏選手の試合は序盤にじっくりとしたグラウンドの攻防を差し込んでました。

きっとかなり練習したんだと思います。それでも大事な節目に「飯伏選手はない」と思えてしまうのです。

心の狭い男ですみません。でも、これが素直な気持ちです。

ところがさらに展開がありまして、旗揚げ記念日にて執り行われる飯伏 vs エル・デスペラードが二冠戦になりまして、この勝者をIWGP世界ヘビー級王座の初代王者に認定することになりました。

ここに来て急に、ずっと高橋ヒロム選手の夢である「ジュニアのチャンピオンのまま、ヘビー級のチャンピオンになる」が、デスペラード選手によって叶う可能性が出て来たのです。

デスペラード選手は生え抜きですから、飯伏選手が初代王者として歴史に刻まれるくらいなら、デスペラード選手が初代王者になるほうが乗れると思ってしまいました。

大阪城ホールのエンディングで、この両者は並びましたが、デスペラード選手は体格で全く引けを取りません。

勝てる可能性が充分あると思っております。

デスペラード選手が勝てば三冠王!もうこうなったらジュニアも統一してしまえ!ってなっても良いかな、と。

当日は力の限り、デスペラード選手を応援します。

とはいえ、飯伏選手の意向を受けての統一なわけですから、飯伏選手が勝っちゃうんでしょうね。

このタイトルマッチはヒロム選手の代打を見事につとめたデスペラード選手へのご祝儀でしょうし。

それに、今はこんなにアレルギーが出てますが、時が経てば飯伏選手がチャンピオンで良かった、なんて言い出す日が来そうな気もしてたりして、複雑です。

いずれ慣れちゃうんですよ。

IWGPヘビーのデザインが初代から変わった時、物凄く嫌だったのに、いつの間にか慣れちゃってたし、インターコンチ王座やNEVER王座が存在することも嫌だったのに、慣れましたからね。

明日には慣れてると思います。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き