好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

「IWGPの闘い」への不満を抱いてますか?

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

今日は『スーパーJカップ2020』ですね。

スーパーJカップ2020

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

これを書いている時点ではまだ始まってませんが、ヒロム選手に釣られてリアルタイムでは残念ながら観られないのですが、試合は観ようと思っています。

 

今回は試合がないので、ちょっと個人的に気になっていることを書きます。

オカダとオスプレイのすれ違っているけど

この前の武道館大会、ドームで組まれたオカダ・カズチカ vs ウィル・オスプレイとドームで組まれそうな棚橋弘至 vs グレート-O-カーンの前哨戦がありました。

 

そこで試合後にオカダ選手の言葉が引っかかっております。

もう一つ俺がしないといけないと思ってるのは、やっぱり今年の新日本プロレスのメインの戦い、IWGPの闘い。

まあIWGPの闘いは、それでいろいろ不満も溜まっている人もいると思うし、『こんなの新日本プロレスじゃないよ』って、『こんな新日本プロレスならいいよ』って思って、離れていってしまったファンの人もいるかもしれない。

でも、そういう人たちをしっかり引き戻すことができるのは、僕だったり、まあずっと何年かIWGP戦線で戦ってきた人なんじゃないかなと思います(と、棚橋を指差しながら退場)」

これは何を意味しているのでしょうか。

 

現時点ではまずオスプレイ選手を倒さないといけないけども、それはさておき、もっと大事なことは「IWGPの闘い」である、とオカダ選手は言っているのだと思います。

 

かたやオスプレイ選手は

オカダの試合が見れるのももうあと少しだぞ。1.4でオカダは息絶える。THE EMPIREにカンパイ!

目の前のオカダ戦しか見ていない感じ。

 

オカダ選手はオスプレイ戦の向こうを見ていますから、すれ違いが起きています。

 

この感じはドームではオカダ選手が負けちゃうんじゃないかと思いました。

 

でも、負けちゃうことも含めて、オカダ選手はコメントを出していると思うので、来年はオカダ選手がIWGP戦線に戻ってくる気マンマンであるということです。

 

オカダ vs オスプレイを起点にしてIWGP戦線(いや、ここはIWGPヘビー戦線ということでしょうね)をメインにした新日本プロレスの闘いに戻していくと宣言しているのです。

 

すれ違っているように聞こえたコメントも、つまりオスプレイ選手はまずはオカダ選手とIWGPヘビー級選手権に匹敵する試合を構築しますと宣言し、オカダ選手はこのカードをいずれIWGPヘビー懸けて闘います、ということになるわけです。

 

2020年は少し距離をおいていたIWGP戦線に、2021年オカダ選手が戻ってくるということなのです。

棚橋も戻ってくるのか?

そして、オカダ選手は去り際にIWGPヘビー級を中心に据えた闘いに戻すのは何年かその闘いをやってきた棚橋選手も、その一人であると指を指しました。

 

かつて棚橋選手は、IWGPヘビーを目指さなくなったら、それは引退の時だというようなことをおっしゃっていたかと思います。

 

オカダ選手はそれを受けて、まだまだIWGPヘビー級戦線で闘えるでしょ?と-O-カーン選手諸共上がっておいでよ、棚橋選手に檄を飛ばしているんだと思います。

 

鷹木信悟選手と絡むのかなと思った時は、もうIWGPヘビーは諦めてNEVER戦線に落ち着くのかと思ったのですが、やはり棚橋選手は現役である限りIWGPヘビーに絡むべき人であると自他ともに考えているのでしょう。

 

ボクは前から書いてますが、これまでと同じファイトスタイルではそれはさすがにキツいと考えてます。せめて、100キロをちょっと切るくらいに体を絞って、ハイフライフローに頼らない試合構築をすれば、良いんじゃないかと。

 

きっとドームの-O-カーン戦(まだ決まってませんが)で、リニューアルした「棚橋弘至」が見られるのではないかと期待してます。

 

あんな棚橋選手に負けさせられて、-O-カーン選手がかわいそうなんてことのない状態には仕上げてくれると信じています。

「IWGPの闘い」への不満

現在のIWGPの闘いに不満を抱いて、新日本プロレスを観なくなった人がそこそこいるようなことをおっしゃったオカダ選手。

 

一体、何を以てそういうふうに感じられたのか。SNSを巡回しておられるんでしょうかね。

 

ところで現在の「IWGPの闘い」への不満とは一体何でしょう?

 

それは2冠にしてしまったことなのではないでしょうか。つまりは二冠にまとめるアイデアを出した内藤哲也選手に対する不満と、それを受け入れてしまった会社に対する不満ということになるでしょう。

 

オカダ選手は一貫して2冠にまとめることを反対してましたし、2冠にまとまってからもインターコンチには興味ないと言ってましたし、2冠の間は挑戦する気も起こらないとばかりにKOPWという企画を打ち出したりしました。

 

2冠にまとめて盛り上がるようであれば挑戦表明すればいいかなって思っていたのかも知れませんが、コロナの影響もあったとはいえ、お世辞にも2冠にまとまって良かったなと思うようなことは何も起こりませんでした。

 

内藤選手とEVIL選手の間を行ったり来たりしただけでした。

 

2冠にまとまってさらにスケールの大きな闘いになるんじゃないかと期待しておられた方もたくさんおられるでしょうが、結果はむしろスケールが小さくなってしまったような気がします。

 

内藤選手は今後2冠をまとめたままにせずに、それぞれ別々に防衛戦をやってもいいなんてことをおっしゃって、まとめた2冠を解体する気なのかな?と思ったのですが、一向にそれをする気配(会社に解体させないと言われちゃったのかも知れませんが)はなく、ドームも2冠戦が予定されています。

 

かつてインターコンチをぶん投げて、踏んづけて、サッカーのドリブルみたいに足蹴にした内藤選手のことだから2冠をEVIL選手から取り返したら、インターコンチを封印しても良かったと思うんですがね。

 

要するに、内藤選手を中心にした闘いには、さすがに不満が出てきたみたいなのでやっぱりボクが中心になりますと、オカダ選手が宣言したんだとボクは思いました。

 

ボクはアンチ内藤ですからそれは大歓迎です。

 

頂点が似合う選手と2番手が似合う選手というのがあると思います。

 

内藤ファンの方には申し訳ないですが、内藤選手は2番手で常に頂点を狙うというシチュエーションが一番輝くと思います。

 

頂点に立つものを批判し、会社を批判し、ファンの側に立って物を言うことで支持を得たわけですから、逆に言えば頂点に立ってはいけないし、頂点に立つということは会社側の人間になるということですから、自然とファン視点で物を言いにくくなります。

 

内藤何するものぞと思いながら、オカダ選手を応援したいんですけども、そこまで内藤選手を嫌えないのが実に残念です。無責任な立場から好き勝手なことを言って、もっとイライラさせて欲しいんですけどね。今はチャンピオンですから責任ありますし、困りました。

 

ドームでタイトルマッチが行われますが、飯伏幸太選手が2冠王になるんじゃないかと思っています。2日とも飯伏選手が勝つと踏んでます。

 

そこにオカダ選手に勝ったオスプレイ選手が、インターコンチはいらんとヘビー級選手権だけするという展開に戻して、オスプレイ選手が勝ってIWGPヘビー級チャンピオンになって、それを今度はオカダ選手が奪いに行くというシチュエーションで2冠は解体されるのではないかと思います。

 

そしてオカダ選手の次に内藤選手が挑戦するんじゃないですかね。

 

というか、ボクもオカダ選手と同じく2冠反対派なので不満バリバリですけど、世間の皆さんはそうでもないのかな?

 

2冠まとまってるほうが楽しかったりします?

不満を抱いてます?

 

ボクはオカダファンなので、オカダ選手が活き活きと試合してくれれば、またショートタイツを以前の形に戻していただければ、それで良いのです。

※↑このときのオカダ選手がカッコいい。

今後どうなっていくのか、じっくり観ていきたいと思います。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き