全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

どうにもいけ好かないTAJIRI:『プロレスラーは観客に何を見せているのか』TAJIRI 読書感想文

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

以前にどなたかがこの本を読んでいるというのつぶやきを見て、そんな本が出てるなら読んでみようと思いまして、さっそく買いました。

やっと読み終えました。

 

読み終えて、これは一体どんな人を読者として想定して書かれた本なのだろう?というのが気になりました。

 

というのも、ここにはプロレスの真実が書かれてあります。かなりハッキリと格闘技やスポーツ競技とは違うことが書かれてあります。

 

そういうことはわかっている人にとっては何を今更となるし、知らなかった人(プロレスが格闘技やスポーツ競技と同じものと考えていた人)にとってはただただガッカリさせることになりそうだからです。

 

プロレス界にとってほとんどプラスがないんじゎないかな。

 

ま、「何を今更」派の人はその他の部分で面白がれるかも知れませんがね。

個性をどう活かすかが大事

この本で一番面白かったのは、プロレスセンスについてのところでした。

 

基礎的な技術についてはある程度時間をかければ誰もが身につけられるものではあるのですが、その技術をどう活かすは本人のセンスにかかっているというくだりです。

 

センスだけは教えて身につくもんじゃないとことです。

この名著(とボクは思ってまして、大好きな本です)の著者の1人でもあるミスターヒトさんはかつて大日本プロレスの若手にプロレスを教えていたそうです。

 

そのヒトさんが

「オレは世界で何千人と教えてきたけど、アイツはその中でも三本の指に入るセンスのなさだよ。プロレスを辞めてちゃんこ屋にさせたほうがいい!」

とボヤいていたそうです。そのセンスのないアイツというのがアブドーラ小林選手なのだそうです。

アブドーラ小林

出典:大日本プロレス公式ウェブサイト

ボクは小林選手のことを知りませんが、プロフィールを見る限り大日本プロレスにおいて大活躍している様子。

 

センスなさに太鼓判を押された小林選手がプロレス界で活躍しているのです。TAJIRI選手もプロレスをやり続けることで才能が開花したという考え方もあると書かれています。

 

つまり、若い時にセンスが無いと言われてもそれを個性として活かすことが出来れば活躍できるし、継続は力なりということです。

 

この部分はあらゆる人に勇気を与えるでしょうし、そういう話を知った上で小林選手の試合を観ると、何かの壁にぶち当たって挫けそうになっても、自らを奮い立たせることになるはずです。

 

自分の個性が何であるか、そしてそれをどう活かすかを固定概念にとらわれずに柔軟に考えることによって人生は拓けて行くのです。

 

ただ、これがTAJIRI選手ではなく、小林選手自身の言葉で語られていたなら、もっとシビレたかも知れませんね。

WWEはやっぱりプロレスとは違う

かつてTAJIRI選手はWWEにも所属していたので、WWEに裏側というのか内幕というか、そういうことについても書かれています。

 

特に2016年にTAJIRI選手が再びWWEと契約したあたりの話を読むと、やっぱりWWEのやっていることはボクが好きな「プロレス」とは似て非なるものに思えました。

 

そしてTAJIRI選手がこの本で説明している「プロレス」もまたボクが好きな「プロレス」とは別物のように感じました。

 

何がどう違うのかをここでしっかりと説明したいのですが、自分でも感覚的に「なんか違う」という感じでしか捉えられていないのでごめんなさい、出来ません。

 

TAJIRI選手の考えるところの「プロレス」もきっと楽しいでしょうし、WWEのやっていることも楽しめはするんですけども、結局新日本プロレスばかり観てきてしまったのは、その「なんか違う」部分が好きで、ボクにとって重要なんだと思いました。

 

そこにストロング・スタイルはあるのかい?そこに闘魂はあるのかい?といったところでしょうか。

 

だから、みんながみんなTAJIRI選手と同じ考え方でリングに立っていたら、ボクはもうプロレスを観ていないかもしれないという気持ちになりました。

 

また、TAJIRI選手がとなえる「プロレス」の定義のようなものも概ね同意しますが、それについてもやっぱり「なんか違う」のです。

 

これをどう書いて良いのかわからないので、実に歯がゆいですが全面的に同意というわけには行かない、歯と歯の間に何か挟まったような不快な気持ちが、読んでいる間ずっとありました。

どうにもいけ好かないTAJIRI

読み終えて、結局TAJIRI選手のことがどうにもいけ好かないということにたどり着きました。

 

この本を読むまでは、そんなにTAJIRI選手の試合も観たことがなかったので特に好きも嫌いもありませんでしたし、先日観た試合でもいいレスラーだとは思ったので、

www.loca-neo.com

悪い印象はなかったのですが、この本を読んでちょっと印象が変わりました。

 

その理由としてはSMASHという団体の話での、なんとも自分勝手だな〜と思わせる振る舞いを美談のように書いていることです。

 

ボクはSMASHという団体を知りませんでしたし、もちろん試合も観ていません。SMASHは、TAJIRI選手が漫画の原作を学ぶ講座で得た知識を試すために作ったプロレス団体で、選手のほとんどを一から育ててスタートしたと書かれてありました。

 

そこで自分のやりたい実験ができたから団体の運営はそこそこ軌道に乗っていたようですが、団体を解散したのだそうです。

 

SMASHは2年で終了して、その後WNCという団体を立ち上げたそうですが、その団体も後にW-1に吸収されて、そのW-1も活動休止になっています。

 

プロレスラーは個人事業主ですから、自分の仕事は自分で見つけてこないといけません。団体におんぶに抱っこでは本当はダメなのかも知れません。

 

しかし、お客さが入らなくて解散ということならまだしも、上手く行ってるのに解散というのは、そこに希望を持って入団した選手にとってはあまりにもキツい気がしました。

 

その受け皿にWNCという団体を作ったとのことですが、若手の中には自分たちでSMASHをもっともっと大きくしたいと思っていた選手もいたんじゃないかと思うとちょっとWWEで活躍したからって、若者の人生を弄んでも良いのかと思ってしまいました。

 

当事者が誰も恨んでないんだったら、別にいいんですけどね。自分で作った団体をどうしようともTAJIRI選手の勝手でもありますから。

 

このくだりだけでなく、なんとなくこの本のアチラコチラから自分本位で身勝手な雰囲気を感じてしまって、どうにもいけ好かないという印象になってしまったんだと思います。

 

そもそもプロレスラーという人たちは、そういう人たちなのかも知れませんが、なぜかTAJIRI選手のこの感じは受け入れ難かったです。

 

そうそう、かつて新日本プロレスの選手だったKUSHIDA選手のこともずっと苦手だったんですが、TAJIRI選手と師弟関係だと知って、なんか同じ匂いがするな〜と思いました。

 

読みやすい本なのであっという間に読み切れると思うので、コロナショックでずっと家の中でやることがない方はぜひお読みください。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング