全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ブログを書くときに気をつけていること

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

もう3日ほどでDOMINIONです。

DOMINION

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

対戦カードも決まりまして、あとは現場に行くだけでございます。年々チケットが取れにくくなってまして、ボチボチファンクラブに入らにゃならんかな〜と妻がボヤくのですが、ファンクラブ特典が僕にはあんまり特典には映らないので、今はまだいいと応えてます。

 

ライブで観るに越したことはないのですが、ワールドもあるし、まだライブでプロレスを観たことがないという人にチケットが渡れば良いやんという気持ちもちょびっとだけどあります。

 

とはいえ、DOMINIONだけは妻に何が何でも獲ってくれと頼んでたりします。

いろんな解釈が生まれないように・・・

さて、DOMINIONのカードについてなんやかんや書こうと思っていたのですが、他の人も色々書いているので、もういいかという気持ちになりまして、別のことを書きます。

 

このブログでは、プロレスを観て、どう思ったか、それをよく書きます。できるだけ近頃プロレスに興味を持った人でもわかるように書いているつもりですが、もう長らくプロレスファンをやっていると、ビギナーが何がわからず、何がわかっているのかがわからなくなっています。

 

相当ファン歴が長い人でも「え?」と思うようなことを普通に書く人もいますので、キャリアなんて大した問題でなく、プロレスのどのあたりに興味があるか、そこに尽きるんでしょうね。

 

どんな人が読んでも不快にならない感想文にはしたいと思っているのですが、それはいろんな人がいるわけですし、いろんな解釈がそこに存在するわけです。試合についての解釈の仕方と、感想文についての解釈の仕方が違ってくると、もうグチャグチャになるわけです。そこで、僕はハッキリとこの選手が好きだから、こういう見方になると書くようにしてます。

 

いろんな解釈が生まれないように、一応注意してます。

ここから少し18禁の話になります

ちょっと話は変わりますが、風俗の体験レポを僕はよく読みます。風俗で繰り広げられているプレイは完全なる密室ですから、体験したものしかどういうものだったのか知る由もないのです。プロレスのように試合がオープンになっているなら、戦っている選手がどんな選手か大体わかりますが、風俗嬢は対戦相手の主観しかないわけです。

 

そこでレポートを書いている人が、どういう状態を好んでいるかがわからないと、そのレポートが自分にとって有用であるかが判断できません。

 

かつて僕がとあるサイトに風俗レポートを投稿したことがありました。地雷を踏んだので、同志にここには地雷がありますから気をつけてください、というお知らせをしなければなるまいと、ジャーナリストにでもなったつもりで、嬉々として書きました。

 

ところが、そのサイトが僕のレポを掲載不可と判断したのです。

 

あらかじめお店や風俗嬢を誹謗中傷した内容は掲載しないと書いてありましたが、決して誹謗中傷をしたわけではありません。

d.hatena.ne.jp

誹謗は他人をけなすことで、中傷とは根拠もなく悪口をいうことなのです。

www.weblio.jp

けなすとは、ことさら欠点を取り上げて悪く言うということです。

 

僕は事実を事細かに書いただけです。そこに自分の好みが入り、好みによって事実が捻じ曲げられたりしないように注意しながら書いたのに、掲載不可とされたのです。

 

その後、きっとこの部分が掲載不可の理由かなと思われる箇所をバサッと切って、良いところだけを抜き出したレポートに書き換えることで掲載されたのですが、そうなるともう同志への警告にもなんにもなりません。それ以来、僕はそのサイトのレポートは信用しなくなったので、読まなくなりました。

 

お店の人もそのレポートを読むので、これじゃ営業妨害でっせとなったんでしょうね。

自分の好みを全面に押し出してます 

事実を書いても、こうなるんだったら、最初から自分はこういう思考・嗜好ですと提示して、同じような好みなら共感してもらえるだろうし、全然違った好みならサッパリ共感できない内容になりますよと最初から書いたほうが良いな〜と思うようになりました。

 

そういうことを考えながら書いています。だから、僕の感想文を読んでバカヤローわかってねえな〜って人もたくさんおられるでしょう。プロレスはいろんな見方ができるからおもしろいわけです。事実は1つしかないのに解釈はいっぱいあるのです。そして、どの解釈も間違ってないのです。あら、冒頭と書いてることが矛盾してますね。あんまり気にしないでください。

 

今日は下書きなしで書き始めたので、自分が何を言いたかったのか、ちょっとわからなくなってきてしまいました。

 

これからもプロレスの試合の感想文は完全なる主観で書きますので、よろしくお願い致します。プロレスをもっと楽しみましょう。

 

それではまた。

ありがとう!