全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

『最強レスラー数珠つなぎ』(髙山善廣編)尾崎ムギ子 読書感想文17

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

『最強レスラー数珠つなぎ』の読書感想文です。

17人目になる髙山善廣編なのですが、これがこれまでとは違って本人のインタビューはありません。

垣原賢人選手、小橋建太さん、そして鈴木みのる選手に、高山選手についてのインタビューという形になっています。前回の前田日明さんのインタビューのときに、前田さんにはなぜか指名をさせませんでしたが、こういう閉め方したかったんですね。

 

急に著者さんの卵巣に腫瘍が見つかった話になっていました。

 

それは確かに気の毒な話だし、結局良性だったので死には至らないというのは良かったとは思います。

 

ただ『最強レスラー数珠つなぎ』とは関係ないのです。腫瘍が見つかってからのどうこうはまた別のところで書けばいいわけで、プロレスラーに「強さ」を問うてなんと答えるかを楽しみにしているただのプロレスファンでしかない僕としては、著者さんの健康状態なんて、申し訳ないが「知らんがな」なのです。

 

せめてなぜ前田さんに強いと思うのレスラーは誰ですか?と聞かなかったのか、その理由は書くべきではないでしょうか。

髙山選手本人はなぜダメなのか

腫瘍が見つかったことをきっかけに、髙山選手について書こうと思ったそうですが、それならば髙山選手本人のところに行くのが筋なんじゃないだろうか。

 

首から下が動かなくなってしまったが、話はできるんじゃなかったか?

www.tokyo-sports.co.jp

※⬆このインタビューで、髙山選手が現役プロレスラーであることを確認できますので、読んでおられない方はぜひ読んで下さい。

こちらではしっかり喋っておられます。この本のための取材をしているときは、喋れる状況じゃなかったのかも知れませんが、申し込んで断られたとするなら、その経緯を書いても良いんじゃないだろうか。

 

説明もなにもないままに、髙山選手について、垣原選手にインタビューしています。

垣原賢人編

髙山選手について話を聞くにあたって、なぜこの3人が選ばれたのか。僕は髙山選手が帝王と呼ばれていたときのことをあまり知らないので、小橋さんやみのる選手との関係性があまりわかりません。だから、選んだ理由を少し書いて欲しかったです。

 

終盤に至って、何となく色々雑になってきました。

 

さて、垣原選手。元UWFインターナショナルで闘病している者同士ということで選ばれたんじゃなかろうか。

 

僕は髙山選手があんまり好きじゃなかったので、高山選手のことをあまり知らないが、たくさんの人が髙山選手の力になろうとしているところを見ると、そうとう好人物だったことが伺えましたが、垣原選手の話でやはりそうだったか、と確信しました。

髙山の怪我を知ったとき、「なんでこんなにいい奴が・・・・・・」という思いがよぎった。自分が病気になったとき、懸命に励ましてくれた。少しでも病気に役立つ情報を仕入れては、自分のもとに届けてくれた。プロレスラーとしても一流だが、人間としても素晴らしい。神様はいないのかと思った。

プロレスラーとして一流でも、人間としてアウトであることが多いイメージのあるのプロレスラーですが、髙山選手はプロレスラーとしてはもちろんのこと、人としてもやっぱり素晴らしかったのです。

 

垣原選手は、病気を克服して楽しそうに生きている姿を髙山選手に見せることがエールになると、ミヤマ☆仮面として日本全国を飛び回っているそうです。

www.kakiharafamily.com

僕もそう思いますので、垣原選手、ミヤマ☆仮面にはもっともっと活躍して欲しいです。

小橋建太編

僕は小橋建太というレスラーも好きじゃなかったので、NOAHでの活躍をほとんど知りません。僕にとっては髙山選手も小橋さんも興味のないレスラーだったので、2人がどんな試合を展開していたのかも知りません。

 

スタイル的に水と油だったけど、小橋さん曰く

水と油は混ざるということを証明した選手

と髙山選手を評しています。これは小橋さんが髙山選手に歩み寄ったのではなく、髙山選手が小橋さんに歩み寄ることでスイングしたんだろうな〜と思います。

 

四天王プロレス時代の小橋さんの印象は、下手くそだな〜でした。いろんな技にトライしたり、新技を開発したり、研究熱心なのは伝わってきましたが、どれも雑で、周りの選手の受け身が上手だったから成立したように思いました。そういうところが嫌いでした。

 

それでも、2人の対決がファンからの絶大な支持を得たというのなら、それは髙山選手の功績だったんだろうな〜という気がします。先の垣原選手のインタビューの中でも「U系らしからぬプロレス頭の持ち主」と評されていましたが、このプロレス頭の良さに小橋さんは助けられていたんだと思います。

 

助けられたのはリング上だけでなく、リングの外でもあったそうで、小橋さんが腎臓がんが見つかり欠場していたとき、病状が落ち着いて、一度プライベードで食事に行ったそうです。

 

そのとき、リング上では髙山選手と小橋さんは敵対していたのですが、その食事のときに記念写真を撮ろうとしたそうです。しかし、髙山選手はそれを拒みました。

俺たちは敵だから、写真を残すのはやめましょう

小橋さんは長らく遺恨とか抗争とかのないスポーツライクなプロレスしかしてこなかったので、キャリアはそこそこなのに、そういうところにまで頭が行かなかったんです。

 

この髙山選手の行動に小橋さんは

プロとしてのこだわりを感じました。僕への励ましだったのかもしれません。

なんて言ってます。髙山選手のプロなら当たり前の行動にこだわりを感じた小橋さんが、また嫌いになりました。

鈴木みのる編

首のケガをして試合に出られないみのる選手は引退を考えるようになったそうですが、それをとどまらせたのは、髙山善廣 vs ドン・フライだったそうです。

www.loca-neo.com

あれ?獣神サンダー・ライガーさんとの対決はどこへ?と思いましたが、いろいろ重なってプロレス界に復帰したんでしょう。

 

ある時、みのる選手が髙山選手に試合の評価を聞くと

鈴木さんのプロレス、つまらない

と言われたそうです。僕はこの辺りのみのる選手を観ていません。だから、今とどう違うのかは知りませんが、当時は流行り乗ろうと、それまでやってこなかったことを必死に習得しようとしていたそうです。

 

必死にやってることを髙山選手は「つまらない」と評したのです。

技を知らない、受け身が取れない。それが鈴木みのるでしょ、と。誰よりも強いパンチ、誰にも負けないグラウンドテクニック。つまり俺の人生こそが俺の武器だということを教えてくれたのが、髙山なんです

今僕が楽しませてもらっている鈴木みのるというレスラーは、髙山選手の助言によって生まれたのです。

 

生き様をさらけ出して闘うから、僕はみのる選手に惹かれるんです。そして、それを引き出した髙山選手に感謝したくなりました。

 

この恩を返すためにみのる選手は積極的に髙山選手の支援を行っています。

 

そんなみのる選手に髙山選手がかけた言葉が

鈴木さんは、後悔しないように生きて

だったそうです。泣けました。

 

回復の見込みがないという絶望的な話ばかりだった髙山選手でしたが、上に貼ったリンク先のインタビューによると足の裏の感覚が戻ってきているということで、確実に回復しています。やっぱりレスラーは超人なんだな、と思いました。時間はかかるでしょうけど、リングに上って挨拶できる日が確実に来ます。大丈夫です。

 

プロレスラーにとって「強さとはなにか?」を問うはずのこのインタビュー集でしたが、最終的には何の答えも出さずに終わっています。人それぞれ定義が違うということが答えということなのかな?

 

それでも、著者さんなりの答えを最後に出さないとダメなんじゃないでしょうか。ここまで話を聞いてきて、オチなし状態で終わっていることがヒジョ〜に残念です。

 

というか、終盤になるほどに著者さんにもいろいろあったのでしょうけども、雑さが目立ちました。アクセス数が稼げなくなったのでフィニッシュになったそうですが、この感じではそれは至極当然でしょう。最後まで必死にプロレスラーと向き合って欲しかったです。

 

結局最初の佐藤光留選手へのインタビューがピークだったような気がしました。

 

と思ったら最後に佐藤光留選手との対談がありました。

 

でも、それは次回。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング