全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

Tシャツなんて何を着てもいいんじゃない?

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

Tシャツ問題 

どなたかが他団体のTシャツを着て観戦してる人についてつぶやいておられました。

ここに書いている通り、僕は誰がどんな服着て観戦してようが全く気になりませんし、ましてや「選手に対して失礼」という発想もなく、ずいぶん驚きました。

 

一昔前の猪木派と馬場派に真っ二つに割れていた頃だったらまだしも、今やいっぱい団体があってあっちの団体こっちの団体と観に行く人もいるでしょう。

 

新日本プロレスを観てから、プロレスが大好きになって、今日は初めての全日本プロレス観戦だけども、プロレスファンであるということを示すために新日のTシャツを着て観戦した、なんてこともあるでしょう。それ観て選手は「失礼だな」なるかな?

 

僕がレスラーだったら、新日ファンが見に来たな〜、よ〜し今日の試合終わりにはウチのTシャツを買いたくなるような試合するぞ〜と、むしろ気合が入りそうな気がするんですが・・・。

ワールドカップとは違うのよ

これが今やってるサッカーのワールドカップだったらまた話が違いますね。日本人だったら大抵の人は日本を応援しますね。応援するんだったら日本のユニフォームを着ますよね。

だって、このときは応援してるだけだけど、日本代表とともに戦っているつもりでいるんです。一体感です。日本を応援するのにコロンビアやセネガルのユニフォーム着るのはちぐはぐです。

※僕はサッカーのことを全く知らないので、この認識が間違っているかも知れませんが、そうなんじゃないかな〜と勝手に思っています。ご了承ください。

でも、プロレスはみんなで誰か一人を応援するってことは、今やほぼほぼないですよね。力道山先生の時代なら、みんなで力道山先生を応援して、まさかシャープ兄弟のTシャツ作って力道山先生を応援するような人はいなかったでしょうが、今はヒールにも声援が飛ぶ時代ですもの。

 

僕はむしろ

こうなりました。そして、新日のビッグマッチで自分が全日を推すというのは、一体どういう意味があるのだろうとしばし考えさせられました。

 

みんなちがってみんないい

プロレス会場には楽しみに来てるわけですから、他人の着てるTシャツが気に入らんと腹を立ててたら楽しめなくなってしまいます。せっかくお金を払っているのだから、存分に楽しみましょう。気に入らない人からは目線を外して、リングに集中しましょう。そして「みんなちがってみんないい」と心の中でつぶやきましょう。

kaigaihuuhu.net

みんなが同じでなくてはならないとさんざん教育されてきましたから、仕方がないのかもしれませんが、自分とは違うところで生まれ、育ってきたのだから、違うのは当たり前のことです。

 

今回のことで、そういう風に考える人もいるんだな〜という新たな視点に気が付きました。

 

逆に言えば、これまでこういうTシャツを着るのが正しいと考えていた人にとっては、いかなるTシャツを着てもいいということで、縛りから解放されたのではないかとも思います。こうでなくてはならないという枠に閉じ込めずに自由に楽しめたら良いな〜と思います。

 

自由といっても席から離れたり、立ち上がって観戦したりといった観戦マナーは守りましょう。

ちなみに僕は近頃ハードコアチョコレートのTシャツが好きになっちゃったので、そういうのを着て観戦に行きます。一応新日本プロレスに関係してる人ばかりなので許してください。

こういうのとか

こういうのとかが

好みです。よろしくお願い致します。

 

それではまた。

ありがとう!