全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

WTLが楽しくなりそうなのでタッグチーム名を考えてみた

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回はパクリです。ムチャクチャおもしろいプロレスブログ・デヴォン式パイルドライバーでこんなエントリーがありました。

devon-shiki.com

お、良いタイトルだ、ヒザを打ちました。

本家本元の江本孟紀さんが同じようなタイトル新作を出したところですから、シビレました。

 

どうやって100倍楽しく見るかと言いますと、いろいろあるんですけど(それはデヴォン氏のブログ読んで下さい)個人的にハッとさせられたのは、タッグチームに勝手に名前をつけるという方法でした。

 

愛称をつけると急にその人に親しみが湧くなんてことがありますが、それと同じです。なので僕もタッグチーム名を勝手につけました。やってみると思ってた以上に面白かったです。

 

チーム名のついているGOD、KES、ベストフレンズ、テンコジ以外の名前を考えました。

ながなかにし

こちらは永田裕志&中西学です。

永田裕志&中西学

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

「なすなかにし」という漫才コンビがおられますが、

そういう感じです。

Personajes de dibujos animados

こちらはEVIL&SANADAです。

EVIL&SANADA

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

EVIL選手はドクター・ストレンジみたいで、SANADA選手が北斗の拳に出てくる雑魚みたいな感じ(ファンの方ごめんなさい)なので、どっちもアニメから出てきたキャラだな〜と思ってCartoon charactersというアニメキャラの英語訳をさらにスペイン語訳にしてみました。なんて読むのかわかりません。

筋肉の終着駅

こちらはマイケル・エルガン&ジェフ・コブです。

マイケル・エルガン&ジェフ・コブ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

かつて古舘伊知郎さんがプロレスの実況をやっている時にデイビーボーイ・スミスJr.選手のお父さんであるデイビーボーイ・スミスさんにつけたキャッチフレーズがこれでした。現代ならこの2人がぴったりなんじゃないかと。どっちが始点でどっちが終点かはわかりません。

女殺し

こちらはハングマン・ペイジ&高橋裕二郎です。

ハングマン・ペイジ&高橋裕二郎

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

以前、解説席に座った裕二郎選手がペイジ選手の特徴として、いの一番にアソコのサイズのことを語っていたので、もうこれしかないとなりました。ただ、タッグリーグには女性は出てこないので、困りますね。

骨肉の争い

こちらはザック・セイバーJr.&タイチです。

ザック・セイバーJr.&タイチ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

細くて骨っぽいザック選手とヘビー級に転校してそのわがままっぷりがボディに表れているタイチ選手のコンビだからこうしました。

ライオン隊

こちらは吉田綾斗&海野翔太です。

吉田綾斗&海野翔太

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

吉田選手がKAIENTAI-DOJOの選手で、海野選手がヤングライオンだからという安易な理由です。そのくらいしか2人のデータが僕にはないということです。それだけに今大会もっとも注目しているコンビです。

Toast With Beer

こちらは個人的に優勝候補チーム、ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレーです。

ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

アメリカの人とドイツの人ということで、試合に勝ったらどっちもビールで乾杯しそうだな〜と思いまして、「ビールで乾杯」をグーグル翻訳で訳してみたら出てきたので、そのまま使いました。これじゃトーストとビールみたいな感じですが・・・。

ゴリラゴリラ

こちらは真壁刀義&トーア・ヘナーレです。

真壁刀義&トーア・ヘナーレ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

正直、何も浮かばなかったということです。 僕にとっては何の魅力もないタッグチームです。

狂暴デストロイヤーズ

こちらは鈴木みのる&飯塚高史です。

鈴木みのる&飯塚高史

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

「暴力」のみのる選手と「狂気」の飯塚選手ということで最初は「暴狂」から始まる言葉を考えていたのですが、「望郷じょんから」しか出てこなかったので

なんかベタな名前にしちゃいました。どちらかが青森出身とかなら使ってました。

Stolen Pitbull

こちらは石井智宏&矢野通です。

石井智宏&矢野通

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

お互いのキャッチフレーズを足しただけですが、以外にまとまった感じがして今回考えた中ではいちばんしっくり来ています。

 

ということで明日から始まるワールド・タッグリーグ、100倍になるかはわかりませんが、しっかり楽しみましょう。

 

それではまた。

ありがとう!