全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

優勝はロッポンギ3Kだ@SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018 優勝予想!

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

両国大会の中身が濃かったので、もうちょっとコッテリ取り上げるほうが良いんでしょうけど、それは次のビッグマッチの大阪大会直前に考えます。まずは『Road to POWER STRUGGLE』で開催される『SUPER Jr. TAG LEAGUE』の参加チームが決まったということでさっそく優勝チーム予想をします。

 

それにしても『SUPER Jr. TAG LEAGUE』というシリーズ名にならないのが、今のジュニアの現状を表しているように思います。もちろん大阪大会を盛り上げるためにいろいろ前哨戦を放り込まないといけないというのもわかります。だったら『SUPER Jr. TAG LEAGUE』の開催のタイミングをズラすとか出来なかったんでしょうか。

注目チーム

このリーグ戦で注目しているチームを紹介します。

BUSHI&鷹木信悟

そりゃそうです。新パレハですもの。

BUSHI&鷹木信悟

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

両国では8人のうちの1人だったのが、4人のうちの1人になるわけですが、出番が倍に増えるわけです。もっと観たかったのがもっと観られるのですから、注目します。

 

僕は鷹木選手のことはあんまり知らないんですが、全日本プロレスではチャンピオン・カーニバルに出てたそうですね。新日本プロレスよりもデカい選手の多い全日本プロレスのヘビー級リーグ戦に出ているのですから、鷹木選手をよく知る人にとってはジュニアのリーグ戦に組み込まれているのは少々心苦しいところでしょうね。

 

ということは、ジュニアの選手とガッツリ戦うのがこれが最後の機会になるかもしれません。来年のスーパージュニアまでに高橋ヒロム選手が帰ってこないようならジュニア選手として継続するかもしれませんが、ヘビー級でもやれる選手ならジュニアに固定するのはもったいないです。それならここでしっかりジュニア選手としての鷹木選手を観ます。

石森太二&ロビー・イーグルス

両国で一気にBULLET CLUB OGのメンバーが増えましたが、ジュニア選手ももう一人追加となってます。

石森太二&ロビー・イーグルス

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ロビー・イーグルス選手というんだそうですが、全く知りません。全く知らない選手というのはワクワクします。期待値が上がるので、初戦でしょうもないとしばらく「ダメ」のレッテルが剥がれなくなってしまうこともありますが・・・。

 

それに石森選手もスーパージュニア以降、これと言った見せ場がありません。張り切って新日本にやってきたのに、ガッカリしてるでしょう。ここは「石森ここにあり」を見せてつけて欲しいです。

 

メンバーがやっと揃っていよいよ本格的に新日本の中心に躍り出ようとしている感満載のBULLET CLUB OGですから、ここでもしっかり存在感を見せつけられるような戦いをしてくれるんじゃないかと期待しております。

KUSHIDA&クリス・セイビン

スーパージュニアでは地味ながらも堅実なテクニックを披露していたセイビン選手がKUSHIDA選手をパートナーに登場です。

KUSHIDA&クリス・セイビン

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

アレックス・シェリー選手とタッグチームを結成していたそう(僕は残念ながらKUSHIDA選手とシェリー選手のチームもあんまり観たことがありません)で、そのチームでIWGPジュニアタッグを獲ったこともあるとか。シングルよりもむしろタッグでその実力を発揮するタイプなのかもしれないと思うとワクワクしてきます。

日程表から読み解く優勝

一番ズルいやり方で優勝チームの予想をします。それは日程表から読み解く方法です。今回はこのようになっています。

SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

優勝決定戦の前、リーグ戦の最終戦は11.1静岡大会で行われるKUSHIDA&セイビン vs ロッポンギ3Kの試合です。つまり、この試合の結果が優勝決定戦進出チームを確定するわけです。なので、どちらかは優勝決定戦進出はないということです。

 

そこでシングルのチャンピオンになったばかりのKUSHIDA選手を決勝進出させるよりも、このところパッとしなかったロッポンギ3Kが昨年に引き続き優勝決定戦に駒を進めるほうが盛り上がるんじゃないでしょうか。

 

では、ロッポンギ3Kと優勝を争うチームはどこでしょう?僕はほぼヘビー級の鷹木選手を要するロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが良いんじゃないかと最初は思っていたのですが、BUSHI&鷹木の最終戦は10.29仙台大会なのです。ずいぶん早いんです。まだ半分の4チームが最終戦を迎えていない状態で、優勝決定戦進出チームの1チームが決まっては、その後の10.31長野大会で行われるボラドールJr.&ソベラーノJr. vs BULLET CLUB OGが消化試合になってしまいます。

 

リーグ戦が1試合しか行われないのに、消化試合にするのはもったいないです。ということでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの優勝決定戦進出はありません。そうなると消化試合にする訳にはいかないボラドールJr.&ソベラーノJr. vs BULLET CLUB OGのどちらかが優勝決定戦進出となります。

 

そこでBULLET CLUB OGを優勝決定戦進出にします。ということで優勝決定戦はロッポンギ3K vs BULLET CLUB OGということになります。ヘビー級の方と同じ図式になるのです。

優勝はロッポンギ3K

石森選手にとってはスーパージュニアに続いての準優勝になってしまい、申し訳ない気持ちになりますが、ここはロッポンギ3Kの優勝ということにします。

ロッポンギ3K

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

このチームはタッグチーム名までついてますけど、僕的にはタッグとしてはイマイチなんですよね。スーパージュニアでは二人とも輝いて見えたのですが、タッグを組むとその輝きがスンと消えて、その他大勢の選手になってしまう感じがします。

 

ただ、チーム名までつけて売り出したんだから、

会社も期待しているでしょう。ここは再売り出しということでしっかり優勝してもらいたいです。

 

さて、どうなりますでしょうか。ワクワクしながら『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』の開催を待ちましょう

 

それではまた。

ありがとう!