全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

オカダ・カズチカ vs 清宮海斗 はどうなの?

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

NOAHがまた仕掛けてきました。

www.noah.co.jp

新しい時代の幕開けを飾る清宮海斗を中心とした新時代のテレビマッチです。

いよいよスーパーノヴァ・清宮海斗選手をモウレツにプッシュしていこうじゃないかということでしょう。ヒジョ〜に良いことだと思います。むしろ、遅いぐらいです。 

 

実はまだ試合は観てないんですけど・・・。

 

もうちょっと早く開催されることを知っていたら観てたんですが、NOAHの情報はいつも試合中とか試合後とかしか入ってこないのが難点です。

 

で、さっそく拳王選手が難癖つけてます。

拳王選手ってどっちかと言えば若いほうなのかと思っていたのですが、この新企画にエントリーしてないということは、あんまり若くないんですね。

 

問題は、このツイートがスベってるということです。

 

たぶん、拳王選手は新日でいうところの内藤哲也選手みたいな立ち位置になるつもりなんだと思うんですが、内藤選手のようになるには噛みつき方がショボいというか、捻りが足らないというか、反体制側にしては小物臭がするので、いろいろ残念です。

 

頑張っているのは認めます。NOAHには欠かせない選手です。だから、スベってもめげずにこのまま続けていくことで、化学反応が起こることを期待してます。

武藤敬司を飲み込め

さて、このNOAHの新企画のあと、清宮選手がいろいろ喋っておることがニュースになりました。

 

まずは武藤敬司選手への対戦要求です。

武藤選手がNOAHに参戦したとき、なんで同じコーナーに立ってるんだろ?なんて思ってましたから、まさに渡りに船。待ってました!って感じです。

 

武藤選手は清宮選手の肥やしにするにはもってこいの相手です。何もしがらみがないでしょうから、比較的早く実現するとは思います。

 

問題はどういう試合を構築するかというところでしょう。

何しろ、武藤選手は「俺が俺が」の選手です。対戦するからには清宮選手を踏み台にしてやろうという気持ちでリングに上がるでしょう。清宮選手がそれをどう阻止して、自分の試合にしてしまえるか、がポイントでしょう。

 

武藤選手を飲み込むことが成功できたら、清宮選手のステータスはド〜ンと上がるでしょう。

 

でも、どうせやるならお客さんの前のほうが良いでしょうから、すぐに一騎打ちとは行きませんね。

 

タッグなどお互いのことをしっかり知り合ってから、お客さんを入れてもいい状態のところで一騎討ちをやって欲しいです。ボクも観たいです。

 

そして、ぜひ武藤選手をきちんと倒して欲しいです。現役最高のスーパースターを飲み込んでしまえ!

レインメーカーとの対戦

さて、本題。

 

武藤選手との対戦の次はレインメーカーの名前まで出した清宮選手。

times.abema.tv

「それとこれは俺の願い、どうなっていくのか、どこまで続くか分からないけど……レインメーカーを、この体で体感したい」

 レインメーカーとは、当然ながら新日本プロレスのトップ選手であるオカダ・カズチカのこと。清宮はリング上で両腕を広げて「レインメーカーポーズ」まで見せた。

NOAHが新企画で清宮選手を中心とした番組がスタートしたのを知ったのは、このニュースを読んだからです。

 

レインメーカーの名を出してきましたね。噛みつくにはこれ以上ない相手です。他団体のトップに対戦要求なんて昔は新日の選手の専売特許だったんですが、時代は変わりました。

 

単純にワクワクして、すぐに清宮選手のバックステージコメントかな?の画像を観て、うわ、ホンマに言うてるわ、ってなりました。

 

オカダ選手は若くしてトップに立ったので、対戦相手のほとんどが自分より年上のレスラーでした。若いオカダ選手が先輩を小馬鹿にして倒してしまうというパターンだったんですが、ついに年下の選手から噛みつかれたわけです。

 

これにオカダ選手がどう反応するか楽しみですね。

 

コロナ禍で試合が出来ない状態になった直後だったか、なる直前だったか忘れましたけど、オカダ選手が今年はオリンピックイヤー(延期になったけどね)だしプロレス界もオールスター戦をやったらどうかなんて言ってました。

 

当然、オカダ選手を食ってのし上がってやろうという他団体の選手が出てくることも予想していたと思います。でも、コロナで普通に試合もできないのにオールスターも何もない状態になってしまい、有耶無耶になっていました。

 

そこを試合を続けているNOAHの次世代のエースが噛み付いてきたわけです。逃げるわけにはイカンでしょう。

 

オカダ選手も清宮選手も幸い現在丸腰ですから、闘いやすい状況ではあります。ぜひ、闘って欲しい、オカダ vs 清宮が観たい、なんて思ってました。

メリットあるかな〜

今朝起きるとちょっと考えが変わってました。

 

清宮選手にとっては勝っても負けてもオカダ選手との対戦は話題になるし、やっぱり一流のプロレスラーになるための肥やしにもなるし、今まで新日しか観てなかったボクのようなものにもオカダ選手を通して知ることになり、何ならほかの新日のレスラーとも闘って欲しいな〜とか、NOAHを観てみようかとか、NOAHに興味が湧いてきます。

 

清宮選手にとっては美味しいのは間違いありません。

 

でも、オカダ選手にとってはどうかな?と。

 

他団体の次世代のエースをわざわざ育ててやる必要は全然ないわけですし、対戦することになったら、一方的にぶちのめしてNOAHとは格が違うとハッキリさせるくらいじゃないとメリットがないように思えてきました。

 

業界を盛り上げるためには、新日の一人勝ち状態はあんまり良くないから叩き潰すのもマズいかも知れませんが、ホイホイ負けるわけにも行きません。

 

これがタッグマッチで2人の間では決着がつかない可能性がある試合なら全然ありでしょうけどね。

 

ボクは新日派のオカダファンですから、オカダ選手にメリットのなさそうな試合はプッシュするわけには行かないのです。

 

また、丸藤正道選手がこんなことをツイートしてます。

これはおそらくKENTA選手に対するツイートだと思われますが、重要なのは

もうリング上で会うことはないだろうけど。

の部分です。

 

少なくとも丸藤選手は今後は新日とは絡まないと言っているようなものです。丸藤選手はNOAHのお偉いさんです。お偉いさんが新日の選手とは絡まない、新日のリングにも上がらないし、NOAHのリングに新日の選手を上げることもないと宣言したわけですから、オカダ vs 清宮の実現もなかなか難しいんじゃないでしょうか。

 

最近の丸藤選手は色んな所に出てるイメージだったし、ちょっと前はG1にも出てたから、いずれKENTA選手とリング上で再会することもあるんだろうな〜と思っていました。

 

なのに、KENTA選手のデビュー記念日に投稿する内容としてはちょいと寂しいものになったことに驚きました。

また、NOAHファンには少なからず新日アレルギーの方がおられるようです。

 

そういえば、新日は弱ってるNOAHを新日の二軍みたいにしようとしてたんでしたかね?

aozora-band.com

ボクはそのへんの詳しいことは知らないんですが、そういう経緯があれば、確かに新日と絡むことにいいイメージを抱けない人もいるでしょうね。

 

つまり、NOAHファンの中にはよく思ってない人が多そうだし、レインメーカー的にもあんまり美味しくなさそうなのです。

 

だったら、無理に対戦しなくてもいいかな、という気持ちになってきました。

 

こうなるとオカダ選手は一切反応しないで無視でいいでしょうね。反応したらやらなかったら逃げたことになってしまいますから。

 

ちょっと観たい気もしていたのですが、オカダ選手にメリットがなさそうならそんなに推しません。

 

どうなるのか。見守っていきます。

清宮海斗

出典:プロレスリングNOAH公式ウェブサイト

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング