全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

NEVER無差別級選手権試合 後藤洋央紀 vs 飯伏幸太 決定!!

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

本日は違うことを書こうと思って筆を取った次第ですが、やはりこの話題を避けては通れないし、今これを書かねばいつ書くんだ、おい!という気持ちになりました。

www.njpw.co.jp

世間の皆さんは、twitter上における後藤洋央紀選手と飯伏幸太選手のやりとりを楽しんでおられる方が多かったようですが、僕はぜんぜん面白くなかったので、ほぼほぼ追いかけてませんでした。そもそも2人をフォローしてないですから、僕のフォロワーの方がリツイートしたのを読むという感じで、ほんのりと流れを掴んでいるという感じでした。

却下されたら良いのに

最初に後藤選手が次の挑戦者に飯伏選手を指名して、そこにタイチ選手が割って入るというような形のときには、少しだけ興味がありました。NEVERはタイチ選手が持っているのが現時点で一番面白くなるような気がしていたし、後藤選手にはいつまでもNEVERに留まってほしくないので、この3者の3WAYだったら、後藤選手が直接負けなくてもベルトが移動するし、良いんじゃないかと思ってました。

 

ところが、いつの間にかタイチ選手は絡まなくなっていた(知らないだけでなんかあったらごめんなさい)みたいだし、飯伏選手は挑戦者指名を却下してきました。このまま本当に却下されれば良いのに、と思ってました。

 

そうなったらドームはどうする?

 

例えばワールド・タッグリーグで大活躍(そうなることを期待してます)した吉田綾斗&海野翔太がハンティキャップマッチでNEVERのタイトルマッチをやるってのも良いんじゃないかと。

吉田綾斗&海野翔太

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

そこで後藤選手の隙を突いて二人がかりで後藤選手を倒して、2人が新チャンピオンになってしまうと。

 

でも、シングルのベルトだから2人がチャンピオンというのはおかしいので、新のチャンピオン決定戦をやって、吉田選手がNEVERの新王者になって、ここからはヤングライオン付近の選手のためのベルトとしてNEVERを運営していくのが良いんじゃないかと。僕はよく知りませんが、本来NEVERというタイトルは若手のためのベルトだったそうですから、元の形に戻せばしっくり来るし、後藤選手も二人がかりでやられたのなら傷つかなくて済むし、いよいよIWGP戦線に参入できるってもんです。

 

ところが飯伏選手受けちゃいました。

 

やっぱりドームは後藤 vs 飯伏のタイトルマッチが組まれちゃうのね、なんてガッカリしていたところ、なんとNEVERのタイトルマッチはワールド・タッグリーグの優勝決定戦がある岩手大会で組まれるというんだから、こりゃ面白くなってきたぞ!と色めき立ったわけです。

飯伏選手が新チャンピオン

散々後藤選手をいじってきて書くのもなんですが、ここでもハッキリ書きますが、僕は後藤選手のほうが飯伏選手よりもずっと好きです。なので、出来るだけ早くIWGPを争う位置に行ってほしいということで、長らく足踏みをしている状態にイライラしてついディスっちゃうというところです。

 

よってこれ以上後藤選手にNEVERのチャンピオンでいられたら困るので、この試合では飯伏選手が勝ちまして、新王者としてドームで初防衛戦を行うという流れになっています。

www.nadare-shiki.com

こちらにも取り上げられていますが、ドームのトップページに選手が並んでます(ポスターもこのデザインなのかな?)が、実は飯伏選手だけカードが決まってなくて、他の選手はみんなシングルマッチが決まっているのです。

www.wrestlekingdom.jp

これを根拠にアヴァランさんは、飯伏選手が新王者になると書いておられますが、僕もまず間違いないと踏んでいます。そして、後藤ファンとしてはここでスカッと負けてもらわにゃ困ると思っております。

 

ドームで後藤選手はもしかしたらバトルロイヤルに出場したりしているかも知れませんが、それで良いんです。そこから這い上がれば良いんですよ。目指すは得意のニュージャパンカップ。そこで優勝してIWGP挑戦をぶち上げ、新チャンピオンになってG1に突入というのが2019年の僕の思う後藤選手の流れです。

ドームは飯伏 vs オスプレイか

さて、飯伏選手が新王者になった場合、挑戦者は誰でしょう?もう当然、彼しかいません。

ウィル・オスプレイ選手です。

 

そもそもオスプレイ選手がケガをしてNEVERのタイトルマッチが流れて、なぜか後藤選手が挑戦することになって、後藤選手が再びチャンピオンになるという後藤地獄を招いてしまったのです。いや、リマッチ地獄だったか。

 

やっとNEVERも「無差別級」の名に相応しいベルトになりそうですし、オスプレイ選手が飯伏選手と互角の戦いを見せることで、オスプレイ選手のヘビー級転向もスムーズに行くでしょう。そうなるといずれはオスプレイ選手のヘビー級転向に異を唱えていたケニー・オメガ選手との戦いも見えてくるんじゃないでしょうか。

 

ま、来年もケニー選手が新日本プロレスにいるかはわかりませんけど。

 

ということで、岩手大会ではしっかり飯伏選手に勝っていただきまして、いよいよ頂点を目指す荒武者が観られるということになるのを期待しましょう。出来れば開発してるとか言ってた飯伏選手の新技で後藤選手が負けるのが理想です。たぶん、またデンジャラスな技でしょうけど、後藤選手は頑丈さにおいてはプロレス界随一。問題ありませんし、後藤選手のセールスポイントにもフォーカスされるので良いんじゃないでしょうか。

 

これから前哨戦も組まれるでしょう。楽しみで仕方ありません。

 

それではまた。

ありがとう!