全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

Codyさんを応援します@10.8 KING OF PRO-WRESTLING 見どころ Part1

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

いよいよ本日『KING OF PRO-WRESTLING』ですね。今回は見どころが多すぎましたので2回に分けて書くことにしました。よろしくお願いします。

第1試合:金丸義信&エル・デスペラード vs 獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク

タイトルマッチが第1試合に行われることに若干違和感がありますが、徐々に慣れてきた気もします。

 

さて、次期シリーズが『SUPER Jr. TAGLEAGUE 2018』ですので、その盛り上がりを予感させる試合をしてくれるのではないかという期待があります。普段蔑ろにされている鬱憤をここでしっかり晴らしてほしいです。

 

ポイントはベテランチームのコンディションですね。前哨戦を全然観てませんので、どの程度タイガーマスク選手が動けているのかが、わかりません。今年のスーパージュニアでは、僕の思っていた以上にタイガー選手が動けてまして、かなり低い評価だったことを謝ったんですが、今回もスーパージュニアにくらいの動きであれば、タイトル移動もあるんじゃないかと思ってます。

タイガーのマスクを持ったエル・デスペラード

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

こちらは先日の魚沼大会の写真なんですが、タイガー選手のマスクってよくスポッとぬげちゃいますね。昔、野球の試合で乱闘になるとなぜか井手らっきょさんが全裸になるというのをバラエティ番組で観てましたが、タイガー選手のマスクの脱げっぷりはあのノリを思い出してしまいます。タイトルマッチもこのマスクの攻防が1つの鍵になるでしょうね。今回はこのマスクのくだりをどう処理するのか、チャンピオンチームの手腕が問われます。

 

それにしても上の写真の金丸選手の位置が秀逸です。僕はチャンピオンチームを応援します。

第7試合:KUSHIDA vs マーティー・スカル

こうやってチャンピオン決定トーナメントをやってみると高橋ヒロム選手が抜けた穴って大きいな〜と思いますね。この試合で新チャンピオンが誕生するわけですけど、自分でも驚くほどに興味が湧いてこないのです。

 

ヒロム選手の防衛ロードを楽しみにしていたので、ここで別に新しいチャンピオンを作らなくても、ヒロム選手が帰ってくるまでジュニアのタイトルマッチはなくてもいいじゃないか派です。だから、興味が湧いてこないのです。シングルが止まっている間にジュニアタッグのほうをしっかり盛り上がるようにしたら良いのに、とすら思ってます。

 

それゆえに、むしろここでは注目したい。名人同士の試合ですから、内容は間違いないんでしょうけども、この試合をタイトルマッチにする理由はあるのか、どちらかがチャンピオンになるとしてそれは次のワクワクにつながるものなのか、といった部分を同この2人が見せてくれるかが見どころです。

 

個人的にはスカル選手が好きなんで、チャンピオンになって欲しいんですけども、やっぱりKUSHIDA選手がチャンピオンになっちゃうのかな〜と思ってます。KUSHIDA選手がチャンピオンになると時代が後退してしまうような感覚になって、ジュニアが盛り下がる気がします。

 

だから、このトーナメントが決まったときにチャンピオンになるのはKUSHIDA選手以外なら誰でも良いな〜と思っていました。ところがBUSHI選手がコロンと負けちゃったので、興味が湧いてこなくなりました。

KUSHIDAのバック・トゥ・ザ・フューチャー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

さて、どうなりますやら。

第9試合:ケニー・オメガ vs Cody vs 飯伏幸太

メインです。未だかつてこれほど結果に興味が湧いてこないIWGPヘビー級選手権試合はありません。なんだろう、別に誰が勝っても良いやって感じです。それにIWGPヘビー級選手権試合を3WAYにしないで欲しかったな〜と思う古いファンですから、この試合形式にも乗れません。

 

ただ、こういう事があるのが新しい新日本プロレスであり、世界に発信していくにはこういうのも必要なんだろうな〜とアタマではわかっています。だから、批判をしようという気持ちはないのです。ただ残念な気持ちになっているだけです。

 

思えばオカダ・カズチカ選手がチャンピオンだった頃に、アメリカでAJスタイルズ選手とマイケル・エルガン選手で3WAYのタイトルマッチをやっているので、何も今回の3人が伝統をぶち壊したってわけではないのですが、やっぱりあの時はアメリカだったから、あんまり気にしませんでしたが、今回は両国のメインだからでしょうかね。

 

それだけに、このモヤモヤしたものがスカッと晴れるような試合を観せてもらいたいと期待するのです。試合内容はまず問題ないとは思います。そこそこ面白いでしょう。問題は誰が勝って、それが次のワクワクにつながるか、というところです。その感覚はジュニアのチャンピオン決定戦と同じです。

 

たぶんケニー選手が防衛するでしょう。Cody選手が勝っちゃうと3冠王者になりUSヘビーと統一ってことになっちゃうのかな?統一しなくても防衛戦をしょっちゅうやらなきゃならなくなるから、しんどいですよね。それに新日本プロレスのビッグマッチにはIWGPヘビー級かUSヘビー級かどちらかのタイトルマッチしかできなくなります。どちらかしかできないならベルトを増やす必要がなくなりますから、まずありません。

 

飯伏選手には戴冠の可能性がなくもないでしょうけど、もしも飯伏選手が勝ってチャンピオンになっちゃうと、苦労して飯伏選手に勝って、G1優勝した棚橋選手がドームのメインでベルトに挑戦できるのに、そのチャンピオンが飯伏選手って、辻褄があいません。G1のときにすでに飯伏選手がチャンピオンだったらそれもありですけど、これでチャンピオンになれるのなら、G1の優勝ってなんなんだってことになりませんか?

 

ということで、ケニー選手が勝つ以外どうにもしっくりと来ないのです。

 

でも、それ以外の結果の出ることを僕は期待しています。しっくり来ない結果を望んでいるという変な状態です。

 

この中ではCody選手が一番好きで、ゴールデン☆ラヴァーズも別にいらないと思っているので、ここでCody選手が勝ってゴールデン☆ラヴァーズのいない新しい風景を見せてもらいたいと思っています。しっくり来ないけど、それが一番好みです。そうなることを期待しながら応援します。

Cody

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

さ、果たしてどうなるでしょうか。他の見どころについてはPart2に続きます。

 

それではまた後ほど。

ありがとう!