全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

『仮面ライダービルド』の行く末:苦手だったライダーから考える

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

『仮面ライダービルド』が大好きな方から「周りに人がビルドのおもしろさをわかってくれないんですよ〜」という話をされました。僕が無類の仮面ライダー好きと知ってて当然ビルドも楽しんでいるだろうということで、一緒にビルドのおもしろさを周りの人に伝えてくれませんか?というニュアンスがあったと思います。

 

ただ、僕はまだビルドに乗り切れていないのです。イヤにはなっていないけど、面白いと言い切れるほどのレベルには達してないので、何も返さずニコッとしただけでとどめてしまいました。

ちょっと馴染めなかったライダー

これまでずっと仮面ライダーを観てきてはいるのですが、中にはどうにも馴染めなかったライダーというのがいます。それを振り返り、果たして『仮面ライダービルド』に馴染めるのか、を考えてみます。

 

仮面ライダー剣(ブレイド)

僕が仮面ライダーをリアルタイムで観るようになったのは『仮面ライダー555(ファイズ)』の終わりでした。近頃の仮面ライダーは大人が観ても面白いらしいという噂を聞きつけて、子供のころ仮面ライダーが大好きだったのでそれは一度騙されたと思って観てみようと思い、TSUTAYAに『仮面ライダークウガ』のビデオを借りに行きました。

するとビックリ。これがムチャクチャおもしろい。こんなリアルなのが仮面ライダーで良いのか?こんなので今のちびっこは楽しめるのか?こんなの大人のおもちゃじゃないか、とハマります。

 

このとき、すでに『仮面ライダー555(ファイズ)』は放送が始まっていたので、最初から観ないとわからないことも出てくるだろうから、とりあえずは放置して、ファイズの次のライダーからリアルタイムで観るとして、その次のライダーが始まるまでにすでに放送の終了した作品を全部網羅しておこうと、一気に『仮面ライダーアギト』と少し時間をおいてからでしたが『仮面ライダー龍騎』を観ました。

 

いずれも、クウガに勝るとも劣らないおもしろさで、こりゃきっとファイズもえげつない面白さに違いないがガマンして、次のライダーから頭から観るぞ〜とワクワクしてその次の作品である『仮面ライダー剣(ブレイド)』を待ちました。

 

しかし期待が大きすぎたのでしょう。

 

思い描いていたライダーではなく、グタグダのストーリー展開に全然面白さを見出せずに観るのを止めてしまいました。そのときスーパー戦隊が『轟轟戦隊ボウケンジャー』で

こちらにガッツリハマってしまいまして、スーパーヒーロータイム自体を観なくなるということはなかったのですが『ブレイド』は観なくなってしまいました。

 

その後、何本も平成ライダーを観ていくうちに『仮面ライダー剣(ブレイド)』だけ全話観てないのはマズいと思いまして、たまたまテレビで再放送していたので全話録画して観ました。最初見た印象よりは良くなったのですが、やっぱりおもしろさがわかるまでには至りませんでした。

 

ライダーのデザインやカードを使うというギミックはカッコいいと思うのですが、しっかり観てもストーリーに馴染めませんでした。

仮面ライダーディケイド

それまでの平成ライダーの世界を飛び回って活躍するライダーということでワクワクしました。それまでの平成ライダーとはキャストが違うことも、設定も微妙に違っていることも比較的おもしろがれてはいました。

 

ただ、主人公のディケイドを演じている井上正大さんの声の甲高さが、最後まで馴染めませんでした。

 

また、僕は2号ライダーを好きになることが多くて、それまでも『仮面ライダーキバ』で言えば仮面ライダーイクサ、

『仮面ライダー電王』で言えば仮面ライダーゼロノス

そういったライダーを好きになっていたのですが、この『仮面ライダーディケイド』に出てくる仮面ライダーディエンドは

キャラクターもデザインもどっちも全然好きになれませんでした。むしろ、嫌いです。

 

このようにライダー側のキャスティングや設定が全然馴染めませんでしたが、それぞれのライダーの世界で出てくる新しい怪人たちは毎回どんなのが出てくるんだろうと楽しみになっていましたので、嫌いにはなっていません。

仮面ライダーエグゼイド

周りでも名作の呼び声が高い作品ですが、

www.loca-neo.com

最後までライダーたちのデザインが馴染めずに楽しめませんでした。ただストーリーはおもしろかったのと、仮面ライダークロノスとクロノスを演じる貴水博之さんの素晴らしい演技、

仮面ライダーゲンムこと壇黎斗を演じる岩永徹也さんの怪演で、

何とか途中で観るのを止めるということもありませんでした。終盤はかなり楽しんでいたのでアマゾンプライムで全話観られるようになったらまた観るかもしれません。ただ、エグゼイドロスを起こすようなことは全然ありません。

ここからわかる苦手な仮面ライダーの傾向

ここから自分が苦手なライダーがはっきりしました。

 

ストーリーが馴染めないライダーとデザインが好きになれないライダー(特に二人目のライダーのデザイン)にはハマれないということです。この2つを同時に満たしてさえいれば、その他のことはそこそこ目をつむる事ができるタイプなのです。

 

そこで現在絶賛放送中の『仮面ライダービルド』はどうなんでしょう。

 

ストーリーは多少難解な気がしますが、12月9日の時点ではずっと仲間だと思っていたマスターが実は敵だったという新展開を見せまして、少しワクワクしていますからストーリーはそこそこ楽しめてはいます。

 

デザインはカッコいいと思います。2号ライダーのクローズも申し分ありません。

こうなると、もっと『仮面ライダービルド』が僕の中で盛り上がってないといけないのに、いったい何が盛り上がらせないのだろう。

 

主題歌か?

実は『エグゼイド』もそうでしたが、コンピュータで作った音楽が苦手なのです。世代的には小室ミュージックはドンピシャなのかもしれませんが、全盛期ですら全く聴いてませんでした。ロック色の強いものが好みです。近年では『仮面ライダードライブ』は今でもよく聴くくらいです。

 

ただ、これは録画してたら飛ばすところなので、大した問題ではありません。

 

ではなにか?

 

キャラ設定でしょうか。まだたくさんの謎が隠されている主人公やその周りのキャラ達ですが、その謎が全然気にならない程度の謎なのです。そして、つけられた設定が活きていないというのもあります。天才物理学者である主人公ですが、ここまで天才を感じさせるものは、道具が作れるということ以外、何もありません。

 

2号ライダーは格闘技の選手だったという設定ですが、その割にあまりにも貧素な体つきですし、システマという格闘技を体得している設定になっているのですが、それが活かされているように感じる場面は今のところ皆無です。

 

つまり、全体的にちょっと設定が緩いのです。徹底的に設定を活かそうという雰囲気がないのです。この部分がちょっと乗れない部分ではないかと、思われます。自分のことですが、断定はできません。

 

これまでの仮面ライダーの中にはしり上がりにドンドンおもしろさが加速していたパターンもありますから、現時点では判断せずに最後まで見終わってから判断します。

 

それではまた。

ありがとう!