全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

『さよならムーンサルトプレス 武藤敬司 35年の全記録』福留崇広 読書感想文

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

これは読まずには居られませんでした。

武藤敬司選手は天才と言われてますが、これを読むと天才とは武藤敬司のことを指すので、他の選手を天才と呼んじゃマズいとすら思えてきます。今後、このような選手は出てこないでしょう。そんな選手の試合をリアルタイムでたくさん観られる時代に生まれて、本当にラッキーだなと思いました。

ムーンサルトプレス3つの間違い

ムーンサルトプレスという技について、ず〜っと混同、もしくは間違っていたことがこの本を読んでハッキリとしました。

技の名称について

最近は選手が名前をつけて、新日本プロレスから正式に発表されたりするのものですが、当時はプロレス中継で実況アナウンサーが名付けたり、東京スポーツが活字にして発表したものが、どのメディアにおいても共通に使われるものだったそうです。

 

ところが「ムーンサルトプレス」は月刊ゴングの記者が名付けたもので、そもそもは初代タイガーマスクが繰り出した技を実況の古舘伊知郎さんが「ラウンディング・ボディプレス」と呼び、東京スポーツもそう表記していたので、通常なら「ラウンディング・ボディプレス」となるのだそうです。

 

どっちがカッコいい技名なのかは好みの問題ですが、「ムーンサルトプレス」のほうが定着したところを見ると、多くファンにとっては「ムーンサルトプレス」のほうがしっくり来たんでしょうかね。

 

また、僕は「ラウンディング・ボディプレス」と「ムーンサルトプレス」は別の技であると認識しておりました。

 

その認識の仕方が微妙です。初代タイガーマスクが使った旋回式の「ムーンサルトプレス」を「ラウンディング・ボディプレス」と呼んでいたように記憶していたのに、途中からゲームの『ファイアープロレスリング』シリーズの中で、

武藤選手が使うほうの「ムーンサルトプレス」を「ラウンディング・ボディプレス」と、小橋建太選手が使うふわっと上に飛んで落ちるほうを「ムーンサルトプレス」と表記していた(記憶違いかもしれませんが・・・)ことで、近年の多くの「ムーンサルトプレス」は小橋型なので問題ない、ただSANADA選手が使うのを「ラウンディング・ボディプレス」と呼ぶが、それにはちょっと違和感がある、そういう感じになっていました。

 

結局は名前は違うけど、同じ技で高く飛ぼうが速く飛ぼうが、同じというのが正しいみたいです。

元祖はジョージ高野

ずっと「ムーンサルトプレス」の元祖は初代タイガーマスクであると信じ切っていましたが、プロレスし研究科の流智美さんによると

日本での元祖はジョージ高野さんであるというのもビックリしました。初代タイガーマスクから、四次元殺法が世に出たとばっかり思っていたので、それ以前に高野選手が「ムーンサルトプレス」を使っていたら、そりゃザ・コブラ(初代タイガーマスクが引退したあとに出てきたマスクマン)に選出されるわな、と思いました。

今ではスーパーヘビー級の選手ですら「ムーンサルトプレス」をやりますので、「ムーンサルトプレス」では驚かなくなってしまいましたが、コーナーポスト最上段からの攻撃は、せいぜいニードロップくらいしかなかった時代の「ムーンサルトプレス」ですから、かなり衝撃的だったはずなのに、高野選手が元祖ということを知っている人はそんなにいないでしょ?

 

ザ・コブラになる前から運がなかったんだな〜と思っちゃいました。

バック転の理由

武藤選手以前で天才といえば、初代タイガーマスクの佐山聡選手でしょう。その佐山タイガーの「ムーンサルトプレス」が旋回式だったのは、武藤選手のように真後ろに飛ぶほうが難しいからだとばっかり思ってました。

 

それにかつて佐山タイガーの「ムーンサルトプレス」を見て、武藤選手が「オレのほうがカッコよく飛べる」と豪語して繰り出したのが真後ろにバック転するタイプだというような話も聞いたことがあったので、佐山選手を超える天才が武藤選手であるという認識でした。

 

ところが佐山選手が真後ろに飛ばなかったのは、出来ないからではなく、真後ろに飛ぶとヒザを強打してケガをするおそれがあるからやらなかったのです。しかも真後ろに飛ぶほうがカンタンであるというのです。

 

バック転が出来る人なら誰でも出来ると佐山選手も武藤選手も口をそろえているというのです。

 

いろんな選手が真後ろに飛ぶ「ムーンサルトプレス」をやっている現状を考えてみれば、旋回式をチョイスしてる選手がいない現状を考えてみれば、真後ろのほうがカンタンなんだな、と理解できます。

 

武藤選手の現在の状態を考えると、佐山選手の見極めは正しかったということです。ただその代りに編み出した旋回式ではあまりお客さんが喜ばなかったのか、使わなくなっちゃったところを見ると、武藤選手がケガを承知で飛んでくれたおかげで「ムーンサルトプレス」に出会えたわけですから、感謝したくなってきます。

 

しかし、反対に僕らプロレスファンが盛り上がってしまったために、武藤選手のヒザは壊れてしまったわけで、今「ムーンサルトプレス」を使っている選手にもダメージが残るわけですから、複雑な気持ちにもなりました。

ストロングスタイル

以前長州力選手の本を読んだときにも出てきたガチンコが強いかどうか問題は、この本でも触れられています。 

 

アマチュアでガチンコをしっかりやってからプロレスに来た選手は、あまりガチンコでの強さにこだわらないという問題です。

www.loca-neo.com

プロレスにリアリティを持たせるためにガチンコでの強さも追求していたアントニオ猪木さんですが、猪木さんはプロレス界に入る前にしっかり格闘技を経験してきたわけではありません。

 

UWFを作った前田日明さん、最強を旗印にヒクソン・グレイシーさんと戦った高田延彦さんやパンクラスを作ってガチンコをやってた船木誠勝選手は、プロレス界に入る前にはガッツリ格闘技をやっていたわけでありません。

 

逆にレスリングや柔道でオリンピックに出た選手はプロレス界に入ってからはガチンコの技術に関しては興味がない人が多いようなのですが、武藤選手もまた柔道でオリンピック強化選手に選ばれてたそうなので、ガッツリの格闘技経験者です。よってガチンコの強さには興味がなかったそうです。

 

武藤選手は入門当初から猪木さんや藤原喜明選手とスパーリングをやっても、ほとんど極められたことがなかったそうです。猪木さんを強いと感じたこともないというのです。

 

ガチンコの強さの上に成り立つのがストロングスタイルであると、僕は考えていたので「ナイフを隠し持っている」感のない武藤選手に、ストロングスタイルを感じることはありませんでした。

 

でも、相手が不意にガチンコを仕掛けてきた時に対処できるのは、ガチンコに強くないと無理でしょうから、武藤選手はガチンコでも強いということなら、対処できるでしょう。つまり真のストロングスタイルとは武藤選手のことをいうのではないかと、思えてきたりするわけです。

 

そして、ストロングスタイルを掲げてきた猪木さんのことを、武藤選手はプロレスが最高に上手いと、アメリカンプロレスだと評しているのです。ならばストロングスタイル=アメリカンプロレスとなってしまいます。

 

もう、何が何だか分からないような、わかってしまったらつまらなくなってしまいそうな、複雑な気持ちになりました。

プロレスをプロレスとして楽しめる時代

武藤選手が新日本プロレスでエースとして活躍していた時、僕はついに普通にプロレスが楽しめるようになったような気持ちだったのを思い出しました。

 

それまでは総合格闘技がなかったので、総合格闘技=プロレスだったのです。

 

しかし、ロープに振っての攻撃に代表されるようなガチンコではありえない動きがあるために、プロレスのことを八百長と呼んで、蔑んでくる者たちとの戦いは、常にありました。

 

正直なところ、八百長の何がダメなのか、とすら思っていました。競馬にみたいに賭けの対象になってるとかいうならマズいでしょうけど、八百長であっても良い試合だったら別に良いし、試合の結果が決まってようが、決まってなかろうが、僕は知らないわけですから、ガチンコと同じです。

 

僕はず〜っとプロレスラーが本当に強いかどうかなんて、どうでも良かったんです。僕が観た試合が面白いか面白くないか、それしかなかったんです。今でも、それが総合格闘技を観ない理由です。面白い試合がないとは言いませんが、僕的にはツマラン試合のほうが圧倒的に多く感じてしまいます。

 

それが「ムーンサルトプレス」をフィニッシュにする武藤選手がエースになったことで、プロレスは格闘技ではない、ガチンコではない、ということをハッキリさせてくれたのです。そして、それが面白さには何の関係もないということも証明してくれました。

 

プロレスをプロレスとして楽しめる時代が来たんです。

 

今はもうすっかりそれは普通になりまして、楽しいです。ありがたいです。今、プロレスをネタにブログが書けるのも武藤選手のおかげという部分もあるのかな〜と思いました。

 

この本を読んでいたおかげで、先日の長州力さんの引退試合、武藤選手の復帰戦でもあったわけですが、味わいが深まりました。

www.loca-neo.com

そんなに武藤選手のファンというわけでもなかったのですが、読んで良かったです。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング