全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

さよならの向う側へ行った飯塚さん@2.21 NEW JAPAN ROAD ~飯塚高史引退記念大会~ 観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

久しぶりにど頭からリアルタイムで観られまして、ヒジョ〜に満足しております。ここのところお休みだった選手もごそっと出てきまして、楽しかったです。

ダメだった3Kは即座に解散しよう

飯塚さんの引退試合以外の試合もなかなか良いカードでして、平日の開催がもったいないような気もしてました。

www.loca-neo.com

引退試合以外の3試合を注目してみていたのですが、まずは第4試合のロッポンギ3K(SHO&YOH)vs 金丸義信&エル・デスペラードですが、これで挑戦します?という内容でした。

3K

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

最後は金丸選手の受け身の上手さが発揮されたこの一撃(3K)で終わりましたが、ロッポンギ3Kは3K(技名)だけしに出てきたのか、というくらいほとんど何もさせてもらえませんでした。もうちょっとどうにか出来なかったのかな〜とガッカリしかありません。

 

やっぱり2人はタッグチームには向いてないんじゃないかと思います。こんなに長らく組んできて、ここまで何も出来ないとなると、向き不向きの問題なのかなとしか思えません。仲は良いのかも知れませんが、相性が悪いのかな?

 

とにかく、ここまで酷い内容だと、次のタイトルマッチ吉田綾斗&海野翔太が挑戦するほうが盛り上がるんじゃないかと思います。

 

試合後チャンピオンのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの2人が出てきまして、

3Kを粉砕したロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

まさにひとひねりで3Kを粉砕しました。こういう風にタイトルマッチの前に完敗してしまうと、タイトルマッチでは逆転勝ちするというパターンが脳裏に浮かび、ぞっとしましたが、絶対にそんな事があってはいけません。IWGPジュニアタッグの価値は下がるし、ロッポンギ3Kにとってもよくありません。

 

タッグチームとしての実力がなくても、地位が人を育てるなんてこともありますから、以前3Kはチャンピオンになれたんでしょうが、ダメだったでしょ?チャンピオンになっても3Kに限っては育たないんです。

 

2人のために早急に解散をして、なんならユニットも別れて、それぞれの道を歩んだほうが2人のためになるはずです。

 

いつもどおり冴えないマイクを披露したBUSHI選手ですが、

BUSHIが「オイ! 田中、小松!(場内笑)。オマエらにいい風、吹くわけねえだろうが!(場内歓声&拍手)。今度の大田区、オマエらを返り討ちにしてやるよ。エンセリオ! マ・ジで!」と宣戦布告。

3Kのこの状況では田中、小松と呼ばれても仕方がないです。

 

タイトルマッチでは短い時間でスカッと倒して終わりにして欲しいです。

本隊とCHAOSはやっぱり仲良し

続きましては第5試合の後藤洋央紀&田口隆祐 vs ザック・セイバーJr.&TAKAみちのくです。

 

第2試合での石井智宏選手と永田裕志選手のモメようから、全く関わりのない中で進んでいるCHAOSと新日本隊の融合に石井選手は異を唱えているものだと思い、同じように関わりのない後藤洋央紀選手も突如組まれた田口隆祐選手とのタッグに異を唱えるのではないかとワクワクしておりました。

 

誤爆が続きまして、こりゃモメるぞ、と、CHAOSが本隊に吸収される者と本隊に相対する者に分かれるぞ、と、「田口に牛殺しかませ〜!」と心の中で強く祈ってました。

 

ところがどっこい、

ざんまい

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

2人で楽しそうに「ざんまい」でした。

 

ガッカリ。もう後藤選手が浮上することはないみたいです。

K.E.S.の扱いに疑問

続きましてセミファイナルの棚橋弘至&ウィル・オスプレイ vs Killer Elite Squad(ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.)についてです。何の違和感もなく棚橋選手とオスプレイ選手が組んでいるのを見ると、石井選手だけで一人CHAOSになるのかな〜と思えてきます。それも良いかも知れないし、本隊でにこやかに試合する石井選手なんて観たくないですしね。

 

いや、それも良いかも。

 

それはさておき、オスプレイ選手がNEVERのチャンピオンになって、本格的にヘビー級と当たったところを目の当たりしますと、やっぱり細いな〜か弱いな〜と思えました。

 

デカい選手と小さい選手が当たる場合、小さい選手がスピードと手数で圧倒しないとバランスが取れないことになるのですが、K.E.S.の2人はスピードがあるのでオスプレイ選手が技を重ねることが出来ないんです。だから、オスプレイ選手が勝ちそうな感じが全然しないんです。

 

それなのに、

ウィル・オスプレイのオスカッター

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ストームブレイカーで持ち上げることが出来なかったとはいえ、ストームブレイカー以前のフィニッシャーであるオスカッター一発でスミス選手が負けてしまうのは、いくらなんでもスミス選手に厳しすぎやしませんか?と。

 

ボロボロの棚橋選手とちっこいオスプレイ選手が勝てるわけないという内容だったのに、最後の最後にオスカッター一発。これが丸め込みの薄氷の勝利とかいうならまだしも、これはちょっとK.E.S.ファンとしましては納得いきません。

 

こんな扱いにしてたらK.E.S.がどこへ行ってしまいますよ。

 

あんなに楽しかったアーチャー選手のマーライオン。あれもお客さんからクレームが来たので禁止されたようですが、そもそも気がついたらアーチャー選手がすぐそばにいるって状況ないでしょ?テーマ曲なって、アーチャー選手が出てきますから気をつけてね〜とアナウンスがあって、アーチャー選手は水をガンガン吹くわけです。

 

荷物持って逃げたらええやん。アホか。

 

選手が暴れまわることのあるアリーナのお客さんは逃げることを前提にチケットを買い、なるべく荷物は減らして来場してほしいものです。

 

アーチャー選手自身(多分)と多くのお客さんが楽しみにしていた(であろう)マーライオンを禁止して、スミス選手に負け役ばかりさせて、こんなのパワハラですよ。

 

あんなに良い選手をあんな扱いにしたらダメです。新日本プロレスでスジを考えている人、もうちょっとK.E.S.を大事にして下さい。

握手で泣けた

そして、飯塚高史引退記念試合です。試合は良くも悪くもいつもどおりの飯塚さんでした。客席を練り歩いて出てくるのを見るのもこれで最後かと思うと、そんなに思い入れのある選手でもないのに猛烈に寂しくなりました。

 

基本的に2階席でゆっくり観戦したい派なので、アリーナ席は買わないんですが、アーチャー選手がマーライオンをやっているときや飯塚さんが出場するときはアリーナを買ってました。もうアリーナ席を買うことはないかな。

 

鈴木みのると飯塚高史のダブル噛みつき

飯塚高史のヒザ十字

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

名場面がたくさん生まれました。ヒザ十字ね、サンボの動きですよね?オカダ・カズチカ選手相手に出したのがシビレました。

 

試合後なんだかんだで

飯塚高史と天山広吉

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

握手にたどり着いたときには涙が溢れてきました。ご覧ください、この天山選手の満面の笑み。僕は最後は飯塚孝之に戻って欲しい派でしたので、これで大団円かと思い天山選手のように嬉しくなってしまったのですが、

飯塚高史のイス攻撃

飯塚高史の噛みつき攻撃

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

喜びも束の間、飯塚さんは最後までクレイジー坊主であり続けました。それはそれで凄いことです。感動しました。

飯塚高史のアイアンフィンガーフロムヘル

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

最後は鈴木軍全員に見守られながらのアイアンフィンガー・フロム・ヘルです。完璧でした。いろいろ書くつもりだったのに結果「完璧でした」だけで充分です。

 

飯塚さんが去ったリングには、山口百恵よろしくアイアンフィンガーが置かれてありました。

yamagutimomoe.com

こんなところでオマージュされるなんて、やっぱり山口百恵さんってすごい人だったんですね。今日は山口百恵さんでも聴くか。

さよならの向う側

さよならの向う側

  • 山口百恵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 いやいや、山口百恵さんはこっちに置いといて。

 

飯塚高史さん、本当にありがとう。最後まで楽しかったです。カッコ良かったです。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング