全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

G1クライマックス29出場者が決まりました

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

観戦記を書こうと当初は思っていたのですが、やっぱりG1の出場選手が発表されてしまうと、それについて書きたくなりますね。

G1クライマックス29ロゴ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ということで出場選手についての感想を書きます。

昨年のG1から振り返ってみよう

今年のことを語る前に昨年のG1の出場選手を振り返ってみます。

 

まずはAブロックです。

  • 棚橋弘至
  • 真壁刀義
  • マイケル・エルガン
  • オカダ・カズチカ
  • ジェイ・ホワイト
  • YOSHI-HASHI
  • バッドラック・ファレ
  • ハングマン・ペイジ
  • EVIL
  • 鈴木みのる

という10人でした。この中から今年でないと確定していたのが、エルガン選手、ペイジ選手の2人です。まず2人は新しい選手が入らないと数が合わないということです。

 

そしてBブロックです。

  • ジュース・ロビンソン
  • 後藤洋央紀
  • 石井智宏
  • 矢野通
  • ケニー・オメガ
  • 飯伏幸太
  • タマ・トンガ
  • 内藤哲也
  • SANADA
  • ザック・セイバーJr.

という10人でした。今年出ないことが確定していたのは、ケニー選手だけです。よって合計新規参入枠は3人となるわけですが、ここまでジョン・モクスリー選手、鷹木信悟選手、ウィル・オスプレイ選手、KENTA選手の4人が出場を表明しました。

 

もうこの時点で1名分枠が足らないのです。そこで結構早い段階で、タマ選手がタッグに専念したいとかで、今年のG1には出ないということでしたので、1名分枠が空きました。これでスッキリ、というなるかと思っていたのですが、そうなると昨年の落選で物議を醸したタイチ選手がまたしても落選ということなってしまいます。

 

今年こそはタイチ選手をG1で観たいですから、誰かと交代させないといけません。う〜ん、どうしようというところで

www.think-njpw.com

こちらでは24人で開催されると予想されておられますし、

www.iwgpuroresu.com

こちらで22人と予想されています。つまり20人の枠では今年は足りないと多くの人が考えておられているようでした。

 

それが発表されますと、例年通り20人でした。今年の出場選手はこうなってます。

 

まずはAブロックです。

  • オカダ・カズチカ
  • ザック・セイバー・ジュニア
  • 棚橋弘至
  • 飯伏幸太
  • EVIL
  • SANADA
  • バッドラック・ファレ
  • ランス・アーチャー
  • ウィル・オスプレイ
  • KENTA

そしてBブロックです。

  • 内藤哲也
  • 石井智宏
  • ジュース・ロビンソン
  • 矢野 通
  • 後藤洋央紀
  • ジェイ・ホワイト
  • ジェフ・コブ
  • 鷹木信悟
  • タイチ
  • ジョン・モクスリー

というラインナップになっております。

 

早々にG1出場を表明した4人とタイチ選手がしっかり入っています。さらにはジェフ・コブ選手も入ってます。6人も新しい選手が入ったということは出場できなくなってしまった選手がいるということです。ランス・アーチャー選手も昨年いませんでしたが、今年は入ってます。

 

ということで、真壁刀義選手、鈴木みのる選手、YOSHI-HASHI選手の3人が今年は落選してしまいました。

鈴木みのる選手が出ないだと?

何と言っても一番驚いたのは鈴木みのる選手が出ないということです。いよいよ鈴木軍もまた他所の団体に言ってしまうということなんでしょうか。それとも鈴木軍は解体されるということなんでしょうか。この夏からは鈴木軍はタイチ軍になってしまうんでしょうか。

 

何にせよ、ここで鈴木選手がエントリーされないというのは、事件です。

 

年齢的なことで言えば、いつ出なくなってもおかしくはないと思うのですが、昨日の後楽園大会ではオカダ選手を圧倒してました。

鈴木みのる vs オカダ・カズチカ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ムチャクチャ元気です。同世代の第3世代とは明らかに動きが違います。衰え知らず、説得力不足知らずです。こんなにやれる選手を出さないで、何が真夏の最強戦士決定戦だ?と言われても仕方がないです。

そんなに目障りか? そんなに危険か? そんなにオマエらが大事にするオカダを、こうやって苦しめるからか? オマエらだって観たいだろ? オレと『G1』出場選手の試合を。観たいだろ!。オイ、新日本! テメーの耳はどこついてんだ! 客の声聞きゃ、わかんだろ? いますぐ、最強決定戦なんて、偽りの看板を下ろしやがれ

こちらは鈴木選手の試合後のマイクですが、おっしゃる通りと後楽園ホールのお客さんもこの日一番の歓声でした。

 

さすがにこの人選だけはミスったんじゃないかと思います。それともこの夏、鈴木選手には別のミッションがあるのでしょうか?

 

以前も発表後に出場選手が変更になったこともあるので、まだ完全に鈴木選手が出ないというわけではないのですが、どうなりますか。今後、鈴木選手の動向に目が離せなくなりましたね。

 

逆に真壁選手とYOSHI-HASHI選手の不出場は妥当です。真壁選手はこの1年、タッグ屋としてしか活躍してません。NEVERにすら絡んでませんから、仕方がありません。それで考えると僕が推している後藤選手もかなりヤバかったんですが、ほっと一安心です。

 

またYOSHI-HASHI選手ですが、これでブリティッシュヘビー級のタイトルマッチは負けると確定したように思います。ザック選手の出場が決まっているからです。タイトルマッチで負けてしまったら、ザック選手の出場の辻褄が合わなくなってしまいます。

 

YOSHI-HASHIファンの皆さんには申し訳ありませんが、そもそも昨年まで出場できていたことのほうがおかしいのです。

 

実際試合を観た時に「グレードワン(G1)」の冠にふさわしい内容を残してましたか?以前はケニー選手に勝ったり、エルガン選手に勝ったり、ファレ選手に勝ったりと奇跡を起こしてますけど、ここまで全く次の展開につなげられてないでしょ?

 

そもそもG1は誰が優勝してもおかしくないようなメンバーでナンバーワンを決めるからG1なんです。いくらYOSHI-HASHIファンの人でも、オカダ選手を倒してIWGPヘビー級のチャンピオンになるとか想像できないでしょ?そもそもそういう人は出場できない大会だったのが、全国でG1が観たいという要望に応えて、出場者枠が広がったので、YOSHI-HASHI選手も出られただけです。

 

これは正しい選択であると思っております。

棚橋選手が出場するだと?

さて、こんな感じでG1特設サイトに出ていますから、

G1クライマックス29

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

この5人は出るんだろうな〜と思っていたのですが、正直なところ先日の大阪城ホールでの棚橋選手を観てしまうと、

www.loca-neo.com

G1なんてとても無理としか思えませんでしたので、シリーズには参加するけどリーグ戦にはエントリーされないと思ってました。

 

ところがしっかりエントリーされてました。

 

昨年の優勝者ですし、仕方がないような気もしますが、ここはバサッと棚橋選手を切って、鈴木選手を入れたら最高だったでしょう。

 

エース自らがG1ブランドをおとしめるようなマネをしたら行けません。今からでも遅くない、誰かに出場権を譲渡して欲しいです。

 

グズグズの試合しかできないのに、ベルトを狙うとか言っちゃうような厚かましさもまた魅力ではありますが、新日本プロレス最大のシリーズ、G1ブランドを守るために、自分のことだけを考えず全体のことを考えて引いて欲しいです。

 

もうそういう立場です。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング