全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

内藤さん、良いところなしで完敗@DOMINION 6.9 IN OSAKA-JO HALL 観戦記 その3

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回はIWGPインターコンチネンタル選手権試合:内藤哲也 vs クリス・ジェリコの感想を書きます。

www.loca-neo.com

予想編で書きましたが、たぶん内藤選手が勝っちゃうんだろうな〜という気持ちで観てました。だってジェリコ選手が勝っても防衛戦、来年のドームまで出来ないでしょ?なんて思っていたのですが、なんとビックリ、ジェリコ選手が勝っちゃいました。

ゴング前から飛ばしまくるジェリコさん

なぜかピエロのようなメイクをして出てきたジェリコ選手。

クリス・ジェリコ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

何かきっと意味のあることなのでしょうけど、全然わかりませんでした。

 

僕はWWEで大活躍したというジェリコ選手を知りません。ず〜っと前に日本で戦っていたときの姿が1番記憶に残っているので、髪の毛も白くなっちゃって、ボディもタプタプになっちゃって、えらく中年感が強くなってしまったな〜と思いました。

 

少し前のWWEでの試合を観た時も、そこそこタプタプでしたがその時よりもさらにだらしない体になっていて、かつてスーパースターだったオッサンにしか見えませんでした。

 

ところが「世界のジェリコ」をナメてた内藤選手をボコボコにしたくてウズウズしていたかのように、ゴングがなる前に怒涛のラッシュを掛けました。「世界のジェリコ」がチャレンジャーなのもアタマにきてたのかな?何が何でも内藤選手を倒して、チャンピオンになってやるぞという気迫を感じました。

クリス・ジェリコの場外乱闘

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

俺は今までお前が相手してきた小物とは違う、本物の大物だと言わんばかりのジェリコ選手の猛攻に、ほぼ為す術なしにボコられてしまう内藤選手。ここからの大反撃で、手のひら返しをせずに内藤選手にブーイングを浴びせ続けてきたこの大阪で、大内藤コールの大爆発を予感させました。

 

しかし、この猛攻はいつまでもいつまでも続くのです。そして内藤コールも起きますが、後から後からそれをかき消すように「Y2J」コールが発生します。いつまでたっても反撃の糸口すら見つけられない内藤選手を応援どころかイラ立ちを覚えているかのようでした。

ケガのせい?何も出来ない内藤さん

そうこうしているうちに、あることに気が付きます。内藤選手の白いスーツに赤いシミを発見するのです。あら?内藤さん、流血してる?え?どこどこどこ?

 

内藤vsジェリコの流血といえば、福岡で襲撃された時の物議を醸したアレを思い出します。タイミングがおかしい流血のせいでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのファンの方に多いと言われるプロレスビギナーの方を混乱に陥れました。

 

しかし、今回はあまりの地味な血の出方。服に血がついているので血が出ていることは間違いないのだけどもどこなのかわからない。これで派手に流血して、白いスーツが血で染まるなんてことになると、もっと盛り上がったのかも知れませんが残念ながら地味なままでした。

 

ただ、そのケガは目の中のなのか、目の上なのかわかりませんが、右目を真っ赤にしました。ここまで為す術なくツバ吐きしか反撃できないのは、この目のせいに違いない、そうでなくちゃあまりにも不甲斐ない、じゃあ、このまま押し切られてしまうの?ケガのせいにして?とアンチ内藤の僕ですら、ちょっと心配になってくるのでした。

 

やっとスーツが脱げて、大反撃かと思ったのですが、どうもタイミングが合わずつつけざまに技に失敗してしまう内藤選手。あれ?なんか緊張してる?ジェリコ選手がさあ技をかけてらっしゃいよ、と構えているところに行けなかったりして、明らかにいつもの内藤選手ではない感じが見えました。

内藤哲也

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

いつものポーズで平静を装っていましたが、当初の予定とは違ったなにかが起こっているのか、この時ばかりは自分に「トランキーロ」とは言い聞かせることが出来なかったようでした。

 

制御不能になる前の全然ダメな内藤選手に戻ったように見えました。

良いところなしで完敗

なんとか走り込んでのデスティーノなどいつもの内藤選手の技をいくつか出せましたが、流れを変えることは出来ず、スタミナ切れかヘロヘロになっているように見えたジェリコ選手を追い込むことも出来ません。

 

ロープのリバウンド利用して大きくジャンプして決めるエルボーアタックは、これまで何度も対戦している選手なら、仕掛けてくるタイミングが読まれてしまうのも仕方がないのですが、初対戦なのに読まれて、逆にコードブレイカーを食らってしまいます。

 

コーナーからの雪崩式フランケンシュタイナーは食い止められて、雪崩式パイルドライバーみたいな感じで突き刺されてしまい、さらにウォールズ・オブ・ジェリコの餌食になってしまいます。

クリス・ジェリコの猛攻

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

内藤選手の受けの上手さを見せるには良いんですが、ここまでやったのに勝てませんでしたでは、キツいです。結局はジェリコ選手が目立ちまくって、内藤選手は良いところなしで完敗でした。

 

こういう展開を会社が望んだのでしょうか。この日は冒頭に外国人の新社長の紹介があり、この日チャンピオンになったのがほとんどが外国人レスラーで、これから本気でWWEを倒しに行くぞという気持ちが現れた大会でした。きっと外国でご覧になっている方もたくさんおられたと思います。

 

そういう状況で新日本プロレスのトップレスラーである内藤選手がこの不甲斐なさでは厳しいな〜と思いました。僕は内藤選手は好きじゃないですけど、それでもさすが内藤選手と世界中のプロレスファンに思わせるところが観たかったです。

 

本人がベルトよりも自分のほうが価値があるとか言ってたので、ベルトがなくなっても内藤選手の価値は一切落ちることはないんでしょうけど、こういう試合が続くとそうも言ってられませんよ。

 

それとも次はジェリコ選手とEVIL選手が戦いそうな気配ですが、EVIL選手に最高の舞台を用意するためにあえてこんな戦いをしたのかも知れませんが、だとしたら、新日本プロレスという会社はどこまでも内藤選手にキツいんですね。お給料を上げてあげてください。

 

でも、これで内藤選手も心置きなくIWGPヘビーを狙いに行けます。内藤選手にはIWGPヘビー級戦線で戦って欲しいです。

僕はアンチ内藤ですが、やっぱりIWGPヘビーを巻いているところが観たいです。オカダ・カズチカ選手が負けちゃった今、ケニー・オメガ選手からベルトを取り返せるのは内藤選手しかいないのですから。ん?そうでもないか。

 

ま、とにかく期待してます。

 

観戦記は次で終わりです。

 

それではまた。

ありがとう!