全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

スゴいの一言:オスプレイvsヒロム@DOMINION 6.9 IN OSAKA-JO HALL 観戦記 その2

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

全9試合ですが、休憩時間がないので、どこでオシッコに行くかというのが1番悩ましいところです。しかも最後の9試合目は間違いなくロングマッチですから、少なくともメインの前にはオシッコに行っておきたいところですが、僕は行けませんでした。

 

ある意味、僕の膀胱もレスラーの皆さんと同じく戦っていたのです。来年もまたきっと大阪城ホール大会があると思いますが、トイレ対策をしっかりしてご来場ください。

 

さて、試合の感想です。

www.loca-neo.com

ちなみにその1はこちら↑です。

IWGPタッグ選手権試合:EVIL&SANADA vs ヤングバックス(ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン)

ヤングバックスが勝っちゃいましたね。EVIL&SANADAがあんまり大きくないのでヤングバックスがジュニアのウエイトのままヘビーのベルトに挑戦しているという感じが見た目からしませんでした。

 

試合内容も見た目通りの展開で、力の差やウエイトの差を一切見せつけることが出来ませんでした。これじゃあ勝てませんよ。EVIL&SANADAはヘビー級でありながらジュニアの選手並みの動き(速さ)ができることが強みだと思いますが、その部分ではヤングバックスには太刀打ちできません。コンビネーションにおいてもヤングバックスは常にEVIL&SANADAの上を行きました。

 

結局、EVIL&SANADAの完敗でした。

 

どうもリマッチがありそうな感じですが、現時点では勝てる気がしません。いくらヤングバックスが世界一のタッグチームだとしても、力でねじ伏せくれるはずだと期待していたのですが、ここまでタッグチームとしての力量の差を感じてしまうとは、実に残念でした。

 

これでヤングバックスは6人タッグのベルトも持ってますが、これからどうするんですかね。

レイ・ミステリオJr.&獣神サンダー・ライガー&棚橋弘至 vs Cody&ハングマン・ペイジ&マーティー・スカル

やっぱりミステリオ選手はスゴいんですが、出番が少なすぎます。元々はライガー選手とのシングルマッチが決まっていたはずなのに、よくわからん6人タッグマッチでお茶を濁しちゃった感じがします。やっぱりシングルでじっくり観たかったですね。

 

それにしても、Cody選手の嫌われっぷりは最高です。大阪では内藤哲也選手がず〜っとブーイングを浴びる対象でしたが、今や新日ナンバー1ヒールはCody選手です。こんな優れたヒールをどう扱っていくのか、上手く使えば大ブレイクすると思うんですがね。

 

久しぶりにライガー選手の活躍を観れたのは良かったですね。元祖雪崩式フランケンシュタイナーは懐かしさに涙が出そうになりました。

獣神サンダー・ライガーの雪崩式フランケンシュタイナー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

Cody選手に掌打が炸裂した時はもしや勝っちゃうんじゃないかと夢を観てしまいました。Cody選手にはG1に出て、その実力をみんな知らしめて欲しいですね。あ、ペイジ選手もあいかわらず素晴らしかったので、ぜひともG1に出て欲しいですね。

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合:ウィル・オスプレイ vs 高橋ヒロム

いや〜凄い試合でした。これでもうオスプレイ選手はヘビーに転向することになっちゃうんでしょうか。もう少し、ジュニアヘビーで活躍して欲しいですね。というか、もっともっとこの2人の試合を観たいです。

 

夢中になって観ていた90年台のジュニアの試合よりも確実に進化している試合で、究極のタイトルマッチと呼べるんじゃないかと思いますが、この二人なら、ここからさらに進化しそうな期待感を感じます。

 

もう凄かったとしか書くことがありません。まだ観ていないプロレスファンがいるなら、まずは観て欲しい。この試合ならプロレスのことを知らない人も楽しめるんじゃないでしょうか。メインも凄かったんですが、長過ぎです。このくらいがちょうどいいですね。

 

ただ、アタマから真っ逆さまに落とす技が両者ともありまして、やっぱりヒヤッとします。受け身も上手いんでしょうし、落とすほうもケガしないように落としているのだとは思いますが、進化がそっち方面に行くのはやっぱりよろしくないように思いますので、このあたりで止めて欲しいです。

高橋ヒロムのDの悪夢

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

※この【Dの悪夢】はあかんでしょ。こういう技を使わなくてもスゴいって思わせることがこの二人ならできるはずですからね。

これで石森太二選手がタイトルに挑戦する機会が消滅しました。ノンタイトル戦でオスプレイ選手とのリマッチがあるかも知れませんが、個人的にはそんなに観たいな〜とはなってません。今後の石森選手ですが、マーティー・スカル選手とタッグを組んで、ジュニアタッグ戦線に参入するのが良いかと思います。

 

ヒロム選手がチャンピオンになったので、ついにエル・デスペラード選手がチャンピオンになれる可能性が出てきました。ムチャクチャ強いヒロム選手を倒しての戴冠は大変価値があると思いますが、難しいでしょうね。ヒロム選手が負けてしまったら、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンには1つもベルトがないことになってしまいますからね。

 

ジュニアはしばらく進展しないのかな?それとも早い段階でヒロムvsデスペラードが組まれるのかな?発表を待ちましょう。

 

まだまだ観戦記、続きます。

 

それではまた。

ありがとう!