全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

小島さんのスゲーラリアットが帰ってきた!@9.9 Road to DESTRUCTION 観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

僕は永田裕志選手が苦手なので、永田選手が全面に出てくる東金大会もまたどうも苦手です。

www.loca-neo.com

www.loca-neo.com

通常のシリーズとは全然別枠で永田選手のこだわりの詰まった大会を開催する分には全然良いんですけど、今回のように通常のシリーズの中でこれを開催するのには違和感があります。

第1試合から第5試合について

そんなことを書きながらも今回もしっかり全試合観ちゃいました。

第1試合:辻陽太 vs 上村優也

辻選手のほうがヒゲでデカくて力強いのでわかいやすいので、印象に残りやすいです。特にヒゲはいいアイデアです。これは上村選手もなにか考えないと差がついてしまいそうです。

 

今のところは一生懸命に戦えばそれでいいという段階ではあるのですが、辻選手が個性を出し始めているので、上村選手も何か欲しいですね。

第2試合:バッドラック・ファレ&タマ・トンガ&タンガ・ロア&石森太二 vs マイケル・エルガン&吉田綾斗&海野翔太&成田蓮

ここのところ、BULLET CLUB ORIGINALの面々は普通に試合をこなしています。反則全然しないのです。G1の反則ざんまいは一体何だったのかと、ここ3試合を観てきてそろそろ疑問に感じだしました。G1が終わって本格的にBULLET CLUB ORIGINALとして存在をアピールしていくのだろうと思っていたのですが、連日前のほうでしかカードを組まれてません。このまま田口ジャパンみたいにフェイドアウトするのかもしれません。もったいない。

第3試合:後藤洋央紀&外道 vs タイチ&エル・デスペラード

この日もまたタイチ選手が主役でした。日に日に後藤選手の存在が薄まってます。せめて試合の中でインパクトを残せると良いんですけど、魅せ方が上手いのか、この試合で僕の印象に残ったのはタイチ選手のジャンピング・ハイキックやアックスボンバーでした。

タイチ選手のアックスボンバー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

蹴りにしても、ラリアット系の技にしても、以前なら圧倒的に後藤選手のほうがインパクトでは勝っていたはずなのに、今では完全にタイチ選手のほうが勝っています。後藤選手の得意な領域で自分を出せないとなると、これは緊急事態です。

CHAOSざんまい

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

これも後藤選手がヒジョ〜に楽しそうにしているので良いんですけど、そんなことは田口ジャパンに入ってしろ!というタイチ選手の主張に頷いてしまいます。タイトルマッチまでに少しは持ち直すでしょうか。

第4試合:内藤哲也&EVIL&SANADA&BUSHI vs 鈴木みのる&飯塚高史&金丸義信&TAKAみちのく

昨日とほぼ同じです。試合よりも試合後のほうがおもしろかったです。特にバックステージコメントは最高です。

岡本「“NEVERのベルトがクソチャンピオンばっかりなのは、提案者である内藤が、初代王座決定トーナメントをケガですっぽかしたからだ”と言ってました。“メインの試合で鈴木みのる選手に負けるのが怖くて、そんなことを言ってるんだろうから、怖いんだったら俺が替わってやってもいいぞ”と言ってました」
内藤「なるほど。反応するのか!? 反応しないのか!? しっかりアンテナを立てているのか!? それとも立てていないのか!? そこを確認したかっただけなんだけどさ。さすがタイチ選手ですね。常にアンテナを立てているタイチ選手と、アンテナを立てていない後藤選手。別府大会、NEVER無差別級選手権試合。もしかしたらもう、結果見えたかもしれないね。そんな別府大会の試合順について、タイチ選手、言ってたんでしょ!? 『替わってやろうか!?』と言ってたんでしょ!? タイチ選手にその気があるんだったら、俺はよろこんで、セミファイナルとメインイベント、試合順、替わってあげますよ。さあタイチ選手。大きな声で、新日本プロレスに、そして! 鈴木軍のボスである鈴木みのるに、別府大会、試合順の変更を要求してみたらいかがでしょうか!? それとも何!? 鈴木軍というのは、しょせんボスのために、しょせん鈴木みのるのために、プロレスをやっている集団なんですか!? だとしたら、非常にくだらない集団だね。怒り散らかしている王様と、その王様の言いなりでしかない子分。こんな軍団相手にさ、試合をやっている。この時間が、ムダでしょうがないよ。我々にとってなんのメリットもない試合だからね。まあ、発表されてしまった以上、俺は王様の目の前に立ちますけど、別府大会でさっさと終わらせてやるぜ、カブロン」

メインとセミの試合順変更には敏感ですし、NEVERの提唱者ですし、これはタイチ選手がベルトを取ったら、次は内藤選手と戦うしかないですね。

 

ここでもやっぱり後藤選手の存在が消えかかってます。さすがに危機感持ってるはずです。

第5試合:棚橋弘至&トーア・ヘナーレ vs オカダ・カズチカ&YOSHI-HASHI

YOSHI-HASHI選手は棚橋選手のところにホントに行ったほうが良いと思っているのですが、オカダ選手が阻止するような素振りを見せましたね。試合を観てるとYOSHI-HASHI選手はCHAOSでは活きてないと思うので、棚橋選手に差し上げたほうが良いんじゃないかと思うのですが、僕にはわからないところでCHAOSには必要な人材なのかも知れませんね。

 

なんでかわかりませんが、僕はやっぱりヘナーレ選手が苦手です。

第6試合:ケニー・オメガ&飯伏幸太&高橋裕二郎&チェーズ・オーエンズ vs 石井智宏&矢野通&バレッタ&ウィル・オスプレイ

実況と解説のコンビが変わっても、オーエンズ選手の年齢いじりは変わりません。確かにルックスにおいて28歳にはとても見えませんし、上手さにおいても28歳のレスラーとは思えない老獪さがありますが、もうちょっと飽きてきました。エプロンがリングで一番硬いところアピールと同じくらい飽きが来てます。

 

ま、それだけオーエンズ選手の上手さが光り輝いているということなので、仕方がないんですが・・・。

 

9.7から9.8、9.8から9.9と、このIWGPヘビーの前哨戦は人間を増やして展開していますが、増やす度にコミカル風味が増し、一人ひとりの出番が減り、誰もが観たいケニーvs石井の激突もちょっぴりという少し寂しいことになっています。

 

日曜日の昼下がりに親子で観るプロレスとしては、殺伐とした試合よりもこういう試合のほうが良いのはわかりますが、前哨戦としての機能しないのはちょっと残念です。

 

終盤、バレッタ選手が負けちゃうんだろうな〜と思いながら観ていたら、案の定オーエンズ選手がパッケージドライバーの体制になって、やっぱりな〜と思ったら、ひっくり返ってデュードバスターが炸裂して、

デュードバスター

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

バレッタ選手が勝ちました。なんとなく、ジワリジワリとバレッタ選手の格が上がってきているように思えて、嬉しかったです。この8人の中に入るとキャラが薄いんで、いたことを忘れがちですが、こういうのの積み重ねで少しずつ僕らの記憶に残るようになって欲しいです。

 

結局矢野選手はほぼ何もしてません。でも、それで良い。いや、それが良い。

第7試合:小島聡&永田裕志&天山広吉&中西学 vs 真壁刀義&本間朋晃&ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー

上にも書いたように第3世代が活躍したときにプロレスに失望してプロレスファンを辞めちゃった経緯があるので、第3世代が主役の大会には違和感あります。全盛期のときですら、心が躍らなかったのに、動けなくなっちゃった現在において、第3世代がメインを張るのはいくらなんでも無理があるでしょ?

 

対戦相手の真壁選手も下り坂ですし、本間選手もまだまだ本調子ではないとなると、第3試合くらいにやったら良かったんじゃないの?と思いながらの観戦でした。

 

それはともかく、小島選手の復帰はおめでとうございます。第3世代の中では一番小島選手が好きなので、素直に嬉しいです。

 

ケガで休んでいたということは知っていましたけども、靭帯を移植するという大手術を受けていたのは知りませんでした。そんなんでプロレスできるんかいな?と心配になってしまいましたが、以前と変わらず小島選手は元気いっぱい。そんな大ケガをしてたとは思えないくらいハツラツとしていまいた。

小島聡のラリアット

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

フィンレー推しの僕としましては、復帰戦だからといって花を持たせることなく、小島選手にプリマノクタを食らわすくらいのことを期待したんですが、こんな凄まじいラリアットを見せられたら、何の文句もありません。心配ご無用でした。

 

小島選手を復帰を祝う温かい雰囲気でエンディングを迎えたので、試合内容はともかくこれがメインでよかったのかな〜と最終的には思っちゃいました。

 

それではまた。

ありがとう!