全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

こんなんナンボ見せられても良い試合:9.9 NEW JAPAN ROAD 観戦記

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

昨日、G1の出場者発表のインパクトにより、書くのをやめてしまったジュニアタッグリーグ戦の感想を書きます。

不発のワト、充実の石森

まずはセミファイナルの田口隆祐&マスター・ワト vs 石森太二&外道の最下位決定戦です。

 

どうにもここまで存在感を出せていないワト選手には、なんとかこのリーグ戦でインパクトを残して せないものかと祈っていたのですが、初戦に金丸義信選手に勝てたというのが最大のインパクトになっちゃいました。

 

それも記憶に薄いんですけどね。

 

リーグ戦最後の試合なんだから、この試合に勝てば優勝決定戦の目があるとは言え、シングルチャンピオンがあるチームが全敗などあるはずないわけですから、インパクト重視で弾ければ良かったんですが、出来ませんでしたね。

 

田口選手に乗っかって一緒に悪乗りしてしまえば、ワト選手にもそんなオチャメな一面があるのか、と興味も湧いてきたのですが、他のチームとの対戦と同じようにワト選手が攻められて田口選手で挽回するという展開になってしまいました。

 

これじゃヤングライオンじゃないか。

 

こりゃもう一回海外に行かないといけませんかね。そういう前例がありますから、しくじったなと思ったらすぐにストップして、新たな自分探しを模索したら良いんです。

 

なにせ、ワト選手は若いんですから。

田口隆祐の濡れタオル攻撃

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

田口選手は外道選手のレザーベルト対策として濡れタオルを用意しました。

 

レザーベルト同様にこれでシバかれるとムチャクチャ痛いのは多くの方も知ってることでしょうから、良いアイデアです。

 

こういうことをしっかり考えているところが田口選手の凄いことです。ベルトに絡んでなくてもちゃんと記憶に残ります。こういう抜け目のないところをワト選手に学んで欲しいです。

 

かたや石森選手はタッグリーグの結果は3位と振るいませんでしたが、IWGPジュニアヘビー級チャンピオンとして存在感はしっかり示せていました。

 

技一つ一つがしっかりと丁寧に説得力をもって決まっていたように見えましたし、最後のグラウンドでワト選手を追い詰めていく様はゾクゾクしました。

石森太二のBone Lock

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

蛇が獲物に絡みついて弱らせて飲み込むような感じでした。

 

最後はBone Lockでした。Yes Lockとの使い分けが出来るようになってフィニッシュに幅が出ました。とても良いと思います。

 

石森選手からは、王者の風格というか、今、全盛期を迎えたような充実感があります。タッグよりももっとシングルマッチが観たいので、急造チームなんかでタッグ戦線に絡まなくても良いんです。

 

それに石森選手の正パートナーはエル・ファンタズモ選手ですしね。

 

それにしても外道選手は本当に上手いですね。蹴られた時、大きい声出してのたうち回るのが特に好きです。

こんなんナンボ見せられても良い

続きまして、メインの高橋ヒロム&BUSHI vs 金丸義信&エル・デスペラードです。

 

BUSHI選手はタッグマッチだと活き活きしてますね。ヒロム選手とのコンビネーションは素晴らしいです。

 

最初はしばらくタッグを組んでなかったので、そんなに活躍できないだろうなんて思っていたのですが、いざリーグ戦が始まってみると、完全に見誤っていたことがわかりました。ごめんなさい。

 

タックワークに関しては金丸&デスペに敵うはずないと思っていたのですが、

高橋ヒロム&BUSHIの合体攻撃

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

こんな新しい合体攻撃を見せたりして、試合前にキチンと話し合いがなされていることがうかがえます。

 

しかも、この技で腰が抜けそうになったとデスペラード選手は言っておりました。この技をもらった後、しばらく立ち上がらずチョップもまともに打てない状態に追い込まれました。

 

ロスインゴ、全勝?なんて思っていたらフィニッシュであるこちらも新技のLATが炸裂する寸前で金丸選手の絶妙なカット入り不発に終わります。

 

カットって単に技をストップさせたら、ファールを解除したりしたら良いってもんではないのです。

 

カットすべき技とか、カットすべきフォールの上に、カットすべきタイミングがあるのです。

 

カットしなくても良い技をカットしたんでは、会場が盛り下がってしまうこともあるのです。さらにタイミングも、技の体勢に入った直後とか、カウント1なんかでカットしたのではダメです。

 

つまり、ブレーンバスターとパワーボムの合体技でカットせずにLATでカットしたのが素晴らしいし、抱え上げられて落としたら終わりというタイミングでカットしたのも素晴らしいわけです。

 

これぞ金丸選手の妙技です。

 

それでもまだデスペラード選手のピンチは続いたんですが、さらに金丸選手好アシスト。デスペラード選手はチャンスを逃さず

エル・デスペラードのエル・エス・クレロ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

エル・エス・クレロでガッチリ固めて3カウント。
 

多くのロスインゴファンの願いを打ち砕く見事なヒールらしい勝利でした。

 

何回も楽しめそうな良いカードだなぁと思ったのです、優勝決定戦がこのカードになるのも納得です。

初防衛戦も同カード

この結果で、ほぼ優勝はロスインゴということになったと思います。大体連勝も連敗もないものですから、勝ったら負けるし、負けたら勝つんです。

 

でも、このカードなら結果なんてどうでも良いし、ベルトも行ったり来たりでしばらくやっても、毎回違う試合が観られるような気がするので、長く楽しめるはずです。

 

ということで、新チャンピオンチームはヒロム&BUSHIで、次の挑戦者チームはジュニアタッグリーグ戦1位の金丸&デスペラードです。

 

そろそろタイガーさん帰ってこないかな?

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング