全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

フィニッシュは昇天系に戻して欲しい:9.22 DESTRUCTION in KOBE 観戦記2

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

さて、今回はセミファイナルのスペシャル・シングルマッチ、後藤洋央紀 vs 鷹木信悟の感想を書いていきます。

www.loca-neo.com

こちらは予想通りに後藤選手が勝ってしまいました。負けにくいシチュエーションでしたが、メインで内藤選手が負けてしまうくらいなら、鷹木選手に勝って欲しいな〜と終わってみれば思います。

 

内藤選手なら同じ選手に連敗しても復活できるけど、後藤選手はそれは無理と判断されたんでしょうかね。また、ジェイ選手なら良いけど、鷹木選手にはダメってことでしょうか。

後藤選手を輝かそうとしてた

試合は完全に鷹木選手のものでした。最後に3カウント取ったのは後藤選手でしたが、それ以外は全部鷹木選手が勝ってしまいました。でも、鷹木選手は、なんとか後藤選手を輝かそうと必死になっているように見えました。

 

後藤選手への声援に噛み付いたり、いちいち大きな声を発しながら、今自分が何をしようとしているのかを明確にして、ヒールの振る舞いを意識的にやっていました。

 

外からやってきた人間だし、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの一員ということで、何もしなくてもヒール感はあるわけですが、わざわざヒール感を際立たせて、お客さんが今日応援しなくてはいけないのは後藤選手ですよ、とアピールしているかのようでした。

 

だからこそ、厳しく攻めてもいました。

鷹木信悟のパンピング・ボンバー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

もちろん、その後の大反撃を期待してのことです。

鷹木信悟のメイド・イン・ジャパン

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

後藤選手のフィニッシャーであるGTRをいじりつづけて、ついには鷹木式GTRの完成形?をも繰り出しました。

鷹木信悟の鷹木式GTR

出典:新日本プロレスワールド

※このときのカメラワーク、アホでした。なんでこんなに寄るんだい?後藤選手の足をロープにかけたときに、もっと引かないとダメなことわからないのかな?

結果知ってから見直してみると、その1発1発は魂がこもっていましたが、後藤選手を倒そうとしてより、後藤選手の頑丈さを際立たせるため、または後藤選手に火をつけにいっているように見えました。

 

俺に勝つということは、現時点では俺より強いということだ、俺より強いのなら、俺の技をどんなに食らっても身体は壊れないだろ?心は折れないだろ?

 

そういう感じで技を繰り出していたように見えました。

 

こんなことを感じてしまったら、鷹木選手を応援せずにはいられません。そもそも後藤選手は好きな選手ですし、予想でも後藤選手が勝つと書いていましたが、リアルタイムで試合を観ているときは、なんとか鷹木選手が勝ってほしいと祈っていました。

期待に応えない後藤選手

そんな鷹木選手の気持ちに後藤選手は応えていたでしょうか。僕には全く応えてないように見えました。

 

入場の時に、何も考えてないのが見えてきて、まずイラつきました。

鷹木信悟入場

出典:新日本プロレスワールド

こちらは鷹木選手の入場です。鷹木選手はビッグマッチもそうでない試合も、いつもちゃんとこのコスチュームに袖を通して入場してきます。発売中のTシャツを着ての営業入場はしません。入場から試合が始まっているのを思わせます。

 

かたや後藤選手をご覧下さい。

後藤洋央紀入場

出典:新日本プロレスワールド

Gotoの「G」は、G1の「G」Tシャツで入場です。絶対に負けたらイカン、背水の陣でのスペシャルシングルマッチですよ。今後の自分の人生を左右しかねない大事な一戦に、なんでこのTシャツをチョイスするのか。気を抜きすぎでしょ?身体中にお経を書いてても良いシチュエーションですよ。

 

当事者が自分の置かれている状況や今後展開していくストーリーを把握してないの?とイライラします。

 

恵まれた体格に、凛々しいルックス、オリジナリティあふれる技の数々、パワーもありスピードもあり、しかもレスラーらしく頑丈。プロレスラーを目指すものなら誰もがうらやましがるものをいっぱい持っているにも関わらず、この悪の所業。才能の無駄遣い。

 

本来ならもっと早くにIWGPヘビー級チャンピオンになっていなければならないし、新日本プロレスを引っ張っていく立場になっていなくてはいけないのに、現状YOSHI-HASHI選手や高橋裕二郎選手と同じポジション。

 

純粋に後藤選手が好きな人には申し訳ないですが、こんな感じでイライラするなというほうが無理です。

 

ラリアットの相打ちが何度もありましたが、ほぼ全部負けてました。ダイエットの効果が悪いほうに出ています。

 

ダイエットと言えばLA DOJOですが、解説のミラノコレクションA.T.さんが柴田勝頼選手が宿るとか語るミドルキックも、特別インパクトのある感じには仕上がってないし、

後藤洋央紀のミドルキック

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

柴田選手のようなスリーパーをやっても極めきれないし、友達にいつまですがってんだ?と、自立しろよ、とやっぱりイライラします。

 

しかもミドルキックはキャッチされて鷹木式GTRの餌食になってますし。

 

そして、鷹木選手が声を出して、後藤選手の感情を引き出そうとしているのに、ほとんど乗らないんです。もっと怒りを全面に出して訳がわかなくなってもいいと思うんですが、たぶんわけがわからなくなったら段取りも何もかもスッ飛ぶから出来ないんでしょうね。そこは考えなくて良いところじゃないのか。

 

17年目でしたかね。データ大好き元井美貴さんが仰ってましたが、17年目でこんな試合してたらダメでしょ。セミファイナルですぞ。どうして感情をもっと表に出して闘わなかったんだと、悔しくなりました。生え抜きの新日のプロレスラーでしょうが。

 

結果、勝ったので、ギリギリトップ戦線に絡むところには留まったのかも知れませんが、このままではインターコンチに挑戦しましたってだけで終わります。

やっぱり昇天シリーズをフィニッシュにして欲しい

後藤選手は好きな選手なので、ついつい厳しい見方になってしまいます。何度も、もう知らん、となっているのですが、どうしても熱くなってしまいます。放っておけないんでしょうね。

 

この試合で昇天・改が出ましたが、やっぱり見栄えの良い技です。

 

現在はGTRをフィニッシュにしていますが、やっぱり昇天をフィニッシュホールドに戻せないでしょうか?

 

デカい相手には仕掛けづらいというのもあるんでしょうけど、こじんまりしたGTRよりも、昇天のほうが後藤選手のイメージに合っていると思います。

後藤洋央紀の昇天・改

出典:新日本プロレスワールド

相手を持ち上げて、振り回すような感じが荒々しくてイメージぴったりです。

 

昇天・改をそのままシレッとフィニッシュに戻すのが嫌なのかもしれませんし、GTRがCHAOSに移籍したのを機に出した技ということで思い入れもあるのかも知れませんが、もう一段階上に行くつもりなら、GTRをつなぎ技にして新たな昇天シリーズの技を開発して欲しいです。

 

次はおそらく、またしてもジェイ・ホワイト選手が相手になりそうですが、ジェイ選手はそんなに重くないので、持ち上げて振り回す技で、倒せるようでしたら倒してもらいたいです。

 

そんな甘くないとは思ってしまいますが・・・。

 

後藤選手よりも今は鷹木選手のほうが好きなので、今後の鷹木選手のほうが気になります。

 

鷹木選手にはまずNEVERに食い込んで欲しいですね。ただ次のNEVERはYOSHI-HASHI選手っぽいのですね。良いのかな、それで。なんでそんなにYOSHI-HASHI選手にチャンスが回ってくるんでしょう?

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング