全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

いろんな意味で大ピンチの後藤洋央紀@9.15 DESTRUCTION In HIROSHIMA 観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

見どころに書かなかったんですが、すごい試合でしたね、メイン。

www.loca-neo.com

その他にもいろいろあって良い大会でした。

石井選手には勝って欲しかった

前にも書いたとおりに勝敗はケニー・オメガ選手が勝つだろうな〜とは思っていました。

www.loca-neo.com

東京ドームのことを考えると、チャンピオンがケニー選手であるほうが動員が増えるでしょうし、新日本プロレスワールドの会員数も増えるかも知れません。

 

それでも、僕は石井選手に勝って欲しいと、思いながら試合を観てました。試合中に石井選手がベルトを巻くポーズをしたんです。その時はお客さんが入らなくても良いじゃない、新日本プロレスワールドの会員数が増えなくても良いじゃない、こんなに1試合1試合に体張りまくっている男にベルトを巻かせて(任せて)あげてくれよ、という思いがググッと込み上がってきて、涙が出てしまいました。

ケニー・オメガvs石井智宏

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

解説の金沢さんの話がまた涙腺を緩ませました。石井選手が雑用係としてプロレス界に入ってきたことを知らなかったのです。けっして諦めずに、真摯に、まっすぐに戦ってきたから、日本一の団体のビッグマッチのメインイベントのリングに立っているのです。

 

もちろん、対戦相手のケニー選手だって苦労はしているのでしょうけども、もうベルトは巻いてるし、もうG1も優勝してるし、もう東京ドームのメインにだって立ってるじゃないか。あとはゴールデン☆ラヴァーズとして試合してたら満足なんでしょ?だったら石井選手をチャンピオンにしてくれても良いじゃないか。

 

試合後、石井選手のことはそこそこに飯伏幸太選手といちゃついているケニー選手にムカムカしました。ザ・クリーナーと呼ばれたケニー選手には魅力を感じていましたが、ベストバウトマシーンと呼ばれだしてから、急に魅力を感じなくなってしまい、もうWWEに行けばいいのに、とすら思うようになりました。だから余計にケニー選手にいつまでもIWGPを巻かせているのが気に入りません。

ケニー・オメガの場外へのフットスタンプ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

こういう攻撃はケニー選手の魅力ではあるのですが、準備して飛ぶまで時間がかかって、実に間が悪かったです。こんなにテンポを悪くしてまで繰り出す技とは思えないし、ケガをする可能性が高い技でもあるのにわざわざ使うところも観ててイライラしてしまいました。

 

これを望んでいるお客さんがいることはわかっていますが、IWGPヘビー級選手権試合だけはしっかりリングでの戦いのみで展開して欲しいです。

 

結局ケニー選手が勝って、飯伏選手との一騎打ちを匂わすようなことを言いましたが、僕は全然ワクワクしませんでした。チャンピオンが違う選手になるまで、もうIWGP戦線には興味がなくなってしまうでしょう。

見どころを振り返る

昨日、僕の個人的な見どころを書きました。その試合は結局どうなったか、振り返ってみます。

第3試合:マイケル・エルガン&吉田綾斗 vs K.E.S.(ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.)

単純にK.E.S.が観られたらそれでよかったんですが、コスチュームは変わってるし、テーマ曲も変わってるし、アーチャー選手は水を吹かなくなっているし、結構変わってましたね。いや〜楽しかった。

KES入場

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

それに吉田選手も良かったですね。これからも大きい選手とドンドン当たって欲しいです。

第7試合:鈴木みのる&ザック・セイバーJr.&TAKAみちのく&エル・デスペラード vs 内藤哲也&EVIL&SANADA&BUSHI

こちらは思ったほどサブミッションが見れませんで残念でした。その代りみのる選手が内藤選手をグチャグチャにしました。スリーパーで宙吊りにしたのが良かったです。

鈴木みのるの宙吊りスリーパー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

僕がアンチ内藤だからってわけではないですが、内藤選手の魅力は技を受けまくるところにあります。しかも他の選手よりも派手に受けるところが素晴らしいです。ところがスリーパーではその受けの派手さが出せないんです。みのる選手が内藤選手の華を摘んじゃったんです。そこが良かったと思います。

第8試合:オカダ・カズチカ&ジェイ・ホワイト&YOSHI-HASHI vs 棚橋弘至&真壁刀義&本間朋晃

思っていた以上に、期待以上に、ジェイ選手が素晴らしかったです。試合開始早々、棚橋vsオカダで盛り上がっているところに、まるっきり空気を読まずに、水を差しました。このおかげで、そこからずっとジェイ選手に釘付けです。

 

そして、同じCHAOSのオカダ選手をも困惑させる行動、態度連発で妙な緊張感が漂いました。これは様々な展開が予想できます。ワクワクさせますね。

 

また、YOSHI-HASHI選手がオカダ選手の誤爆で負けてしまいました。あまりにもベタな展開ではありますが、YOSHI-HASHI選手がオカダ選手との間に溝が出来てしまいました。

もめるオカダとYOSHI-HASHI

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

今までさんざんチャンスを貰ってきたYOSHI-HASHI選手ですが、今度はこのチャンスを活かせるでしょうか。僕は活かせないと思ってます。

NEVER王座戦展望

第6試合でひっそりとNEVERの前哨戦が行われました。またしてもタイチ選手が主役でした。後藤洋央紀選手がしっかりGTRを決めたにもかかわらず、マイクで襲われて、タイチ式ラストライドをもらっちゃいました。この流れは後藤選手の防衛ということになるんでしょうか。あんなに悪い事したのに、お客さんからはタイチ選手への声援がたっぷり飛んでました。

タイチのラストライド

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

もう後藤選手のチャンピオンは望まれてないのです。後藤選手、これは本当にマズいです。流血にまで追い込まれたのに、後藤ガンバレ!ではなくレッツゴータイチなのですから、困りました。かつてこれほどまでに後藤選手が追い込まれたことがあったでしょうか。

 

世間は内藤vs鈴木を楽しみにしているでしょうが、僕は断然NEVER戦です。楽しみです。

 

それではまた。

ありがとう!