全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

タッグは凡戦、ブリティッシュヘビー級は名勝負:9.15 DESTRUCTION in BEPPU 観戦記

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

予想を書いて自分を盛り上げてきた別府大会が終わりました。

www.loca-neo.com

www.loca-neo.com

どういう結末を迎えたのか、振り返っていきましょう。

話にならないほどの力の差

まずはIWGPタッグ選手権試合:G.O.D.(タマ・トンガ&タンガ・ロア) vs 石井智宏&YOSHI-HASHIです。観る人によって感想が違ってくるかな、という印象を受けました。

 

それはどういうことか、と言いますと、YOSHI-HASHI選手をどう評価するかということです。

 

この試合でのYOSHI-HASHI選手は善戦したと捉えるか、話にならないと捉えるかでこの試合の印象は全然違ってきます。

 

当然、僕は完全に後者です。

 

そろそろYOSHI-HASHI選手にIWGPの名の付くベルトを巻いて欲しいという気持ちはありましたが、こんなに差があるのかと愕然としました。YOSHI-HASHI選手を応援している方には本当に申し訳ありませんが、YOSHI-HASHI選手はIWGPの名のつくベルトに挑戦できるレベルではない、とハッキリしました。

 

YOSHI-HASHI選手は、おそらく今が全盛期だと思います。これ以上、伸び代があるとは思えません。たとえば、かつてのラッシャー木村さんが「マイクの鬼」にシフトしたように、試合で以外のことで、スポットライトを浴びる可能性はあるとしても、試合で魅せるということにおいては今がピークでしょう。

 

そのピークの状態で、タマ・トンガ&タンガ・ロアに全くついていけてませんでした。それは個人としてもそうですし、タッグチームとしては当然ではありますが、力の差がハッキリと出てしまいました。

 

終盤、凄く頑張ったとは思います。(ま、この程度で頑張ったなとアンチYOSHI-HASHIの僕ですら思うことが、もうダメなんですが)でも、勝負時のバタフライ・ロックはやっぱり甘めでした。

YOSHI-HASHIのバタフライロックと石井智宏の胴締めスリーパー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

YOSHI-HASHI選手はなぜこの技をチョイスしたんでしょうね。長らく使ってるのに上手くならないのは、苦手なんじゃないでしょうか。もしかしたら、ずっと悪い左肩に負担をかけない技なのかも知れませんね。

 

毎回、解説のミラノコレクションA.T.さんにも甘さを指摘されてますが、素人の僕から観ても、これの何がしんどいのか、全然わかりません。バタフライ・ロックという技は技術がある選手にしか使えない技なんじゃないでしょうか。

 

そして、何よりキツかったのが熊殺しを

YOSHI-HASHIの熊殺し

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

キックアウトされてしまったことです。

 

僕はこれが現在のYOSHI-HASHI選手のフィニッシャーだと考えていたのですが、これをガッツリ食らわせても、カットもなく普通にキックアウトされてしまったのは、YOSHI-HASHI選手がタマ選手よりも格下であることを印象づけました。

 

まだ、カルマが残っているということでのキックアウトだったのでしょうけど、これでカルマは決まらないな、と思ってしまいました。

 

終盤の展開にYOSHI-HASHI選手の格下感が色濃く出てしまいましたが、試合全体を通して、G.O.D.についていけてませんでした。何度か間が空いて、YOSHI-HASHI選手の攻めを待っていたり、タマ選手のガンスタンに対しては、堪え切れず倒れてしまいました。

 

G.O.D.の身体能力が高いから仕方がないと取れるかも知れませんが、この間の悪さを埋めるテクニックや、挑戦者としての前へ前へと行く姿勢がYOSHI-HASHI選手にはないということがハッキリしてしまいました。

 

この調子じゃ、何回戦ったってベルトは巻けません。

今後はKENTA選手と絡むのか

普通にG.O.D.が勝っても良かったのですが、わざわざKENTA選手が出てきて、隙を突かれて丸め込まれて負けちゃったという結末が用意されていました。

タマ・トンガの丸め込み

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

この抑え込みも完璧です。こういうのもキチンと出来る選手でなんですね。そりゃG.O.D.は強いはずです。

 

こういう結末なので、次やったらベルト取るかも?と思わせる意図があったと思うんですが、かなりYOSHI-HASHI選手に思い入れがある選手でないと、そうは思えない展開でしたから、キツいですね。

 

今後はYOSHI-HASHI選手もKENTA選手と絡んでいくということでしょうかね。

YOSHI-HASHI「あいつ、なんも関係ねえだろ、あいつは。ふざけんなよ。オイ、なにがあいつに関係あんだよ。ふざけんなよ、KENTA」

G.O.D.はどうでもよくなっている感じですが、やり返さなければならないのはG.O.D.ですからね。何しろKENTA選手は出てきただけで、手も出してないんです。試合中に余所見しちゃったから負けたのだから、YOSHI-HASHI選手が猛省しなければならないのに、KENTA選手に怒っているのもしっくり来ません。

 

石井選手はNEVERを獲られているというのがありますから、KENTA選手が出てきて激昂するのはわからなくもないんですが、別にYOSHI-HASHI選手は気を取られる必要もないでしょ?せめて手を出してから、丸め込まれても良かったんじゃないかと思いました。

 

KENTA選手に対して感情があらわになってましたが、

YOSHI-HASHI

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

こういうのを試合でもっと全面に出して欲しいんです。試合に決着ついてから急に感情のスイッチを入れるなんて意味がありません。

 

もしかしたら、KENTA選手のNEVERのベルトにYOSHI-HASHI選手が挑戦するとか、本日の権利書マッチにYOSHI-HASHI選手が姿を表して、そのせいでKENTA選手が負けるとか、そういう絡み方があるかと思いますが、あんまり盛り上がらないと思いますので、やめてもらいたいです。

 

石井選手はやっぱり矢野通選手とのタッグが良いんじゃないですか。

防衛できなかったのは残念

続きまして、メインのブリティッシュヘビー級選手権試合:棚橋弘至 vs ザック・セイバーJr.です。

 

いい試合でした。でも、棚橋選手に勝ってほしかったですね。やっぱりこの2人は相性が良いんですかね。特に序盤は楽しかったです。棚橋選手がいつも以上に丁寧に攻めていたように見えましたが、それに応えてザック選手も丁寧に攻めましたので、本当に素晴らしいレスリング対決が見られてよかったです。

 

ただ、中盤から終盤にかけて、ちょっと棚橋選手に疲れが見えてきたのかな?技が雑な感じになってきました。

 

ザック選手の向こうを張って卍固めを仕掛けたときは、足のフックが甘くて腕力で肩や腕を決めていたような卍になっていたように見えました。そして、新技と行って良いのか、腕を極めながらのテキサス・クローバー・ホールドも

棚橋弘至の腕極めテキサス・クローバー・ホールド

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

腕を極めた所為で足をロックするのも甘くなってしまうという本末転倒な仕上がりでした。

 

そもそも棚橋選手のテキサス・クローバー・ホールドは脚のフックが甘くて、いつスポッと抜けるか心配になる感じなんですが、この技はいつも以上にしっかり極めてほしかったです。

 

終始、棚橋選手が押していたので、そのまま押し切ってほしかったのですが、IWGPヘビーに続いて初防衛で失敗となってしまいました。来年の正月のドームに、棚橋選手の席は空いてないんでしょうか。

 

結局、クリス・ジェリコ選手が出てくることもなかったわけで、僕の予想は何もかもハズレでした。

 

本日の予想は当たるんでしょうか。乞うご期待。

www.loca-neo.com

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング