全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

9.12 Road to DESTRUCTION ハンナリーズアリーナ大会ライブ観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

G1のライブ観戦からはや1ヶ月が過ぎました。

www.loca-neo.com

 『Road to DESTRUCTION』の関西シリーズは京都と大阪の2連戦でして、当初どちらを観戦するか、若干悩んだのですが、ここのところ大阪市中央体育館が続いていたので、今回は京都まで足を伸ばすことにしました。

 

何年も前に同じ場所で鈴木みのる&佐々木健介vs棚橋弘至&中邑真輔のIWGPタッグ選手権試合を観ました。その時とはすっかり名前が変わってまして、以前観に行ったことがある場所だと気がついてませんでした。

www.loca-neo.com

ああ、以前Bリーグ観に行った時の京都のチームのホームになっていたのか〜。

 

本日は細かい試合の話はさておき、ライブ観戦に行って楽しかったことを書いていきます。全試合味わい深い試合ばかりで、この日はガラガラだったんですが、こういう試合こそ観に行くべきだと思いました。G1のときより安いし。

会場に入ると次々とレスラー

入口が狭いので行列しての入場だったのでした。ちょうど入り口のところで和服の女性の方が僕の少し前の人に「今日はいい席用意したから楽しんでや〜」なんて言ってまして、なぜこのクラブのママみたいな人が新日本プロレスのチケットを用意できるんだろう?と気になりながら入りました。

 

入口が狭い上にその入ってすぐのところでグッズ販売をやっているのでこれまた大混雑。まず本間朋晃選手がTシャツを売ってました。Tシャツを買うとサインしてくれるようでした。本間さん自らお釣りを渡したりしてました。ファンにはたまらない手売りです。

 

さらに奥に行くと今度は鈴木軍の面々。TAKAみちのく選手、金丸義信選手、そして鈴木みのる選手がいました。みのる選手のサインはほしいな〜と思ったのですが、すでにこのとき別のTシャツを購入してしまっていたので、経済的理由で断念しました。

 

さらに奥に行くと後藤洋央紀選手がサイン会をしてました。

 

こういうのってライブ観戦に来ないとないですからね。また会場が小さいですから、選手との距離も近い。親近感が湧くようになっています。

吉田を見守るTAKAみちのく

第1試合にKAIENTAI-DOJOの吉田綾斗選手が出ていたのですが、それをTAKA選手が観ておりました。

ポツンとTAKAみちのく

体育館の3分の1くらいは使ってなかったので、そこで観ておられました。

こんなツイートしましたが、別にくつろいでるわけではなく、吉田選手の試合をチェックしていたのだと思います。第1試合が終わるとそそくさと中に入ってしまわれたので、さっそく吉田選手にアドバイスに言ったのではないかと想像して、なんか楽しくなりました。

全試合おもしろかった

ここまで新日本プロレスワールドで観てきた『Road to DESTRUCTION』とちょっと違いまして、2つのタッグマッチが1つになって8メンタッグマッチになったり、メインがイリミネーションマッチだったり、バラエティに富んでました。

元気いっぱいのデビッド・フィンレー

大好きなデビッド・フィンレー選手も元気いっぱいでした。フィンレー選手を観て妻が「痩せたんじゃない?」と僕に聞けば「痩せてません、炊きあがってます」というのがお約束になってます。

エル・デスペラード

これが僕の中で最も鈴木軍の素晴らしいところだと思っています。初めて観た人も今そこにいるユニットが鈴木軍であることが一目瞭然です。こういう仕事をキチンとこなすエル・デスペラード選手が僕は好きです。

鈴木みのるにボコられる内藤哲也

鈴木みのる選手によって、ボコボコにされている内藤哲也選手です。この日は空席がいっぱいだったのでイス使い放題です。容赦なくボッコンボッコンにするさまはアンチ内藤としてはスカッと爽快です。

 

昨今お客さんの観戦マナーの悪さが指摘されることが多いのですが、やっぱりロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが出てくるとみんな席から離れて花道に集まりだします。その後はどの選手が出てきてもそうなりがちですが、やはりロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのときが一番グチャグチャだったように見えました。そろそろ内藤選手からこれについて注意をしたほうが良いんじゃないでしょうか。会場では獣神サンダー・ライガー選手の観戦マナーのVTRが流れていますが、あれをロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンバージョンにしたら少しはよくなるかも知れません。

棚橋弘至

棚橋選手は必ず2つのコーナーに登ってポーズをとってくれます。こんなにボケてますが嬉しいです。

ゴールデン☆ラヴァーズと石井智宏

きっと石井智宏選手はケニー・オメガ選手を睨んでいるだろうと想像させる背中です。

ちびっこファンがヒール好き

僕の近くでは小学校の低学年くらいかな?もっと小さいかな?ちびっこが観戦しておりました。このちびっこがとにかくヒールが大好きでして、ビーイングをたっぷり浴びるBULLET CLUB ORIGINALの面々に必死に声援を送っているのが、とっても心地よかったです。

 

周りがどんなに対戦相手のコールをしようとも気にせず、「ファーレ!ファーレ!」とか「ターマ!トンガ!」とか言うてました。

 

プロレスに興味を持ち出したのはつい最近(ま、ちびっこだからそりゃそうなんですが・・・)のようで棚橋選手と内藤選手の区別がつかないと言ったり、選手のフィニッシャーがわからなかったり、鈴木軍とロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンではどちらがヒールなのかわからなかった(ま、僕もわかりません)りして、そのたびに隣のお父さんと思しき人に解説を受けている姿が微笑ましかったです。

 

この子にはずっとプロレスを好きでいてほしいな。

 

ホントに楽しかったです。また行こうっと。

 

それではまた。

ありがとう!