全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

この頃の内藤さんは雑@8.8 G1CLIMAX 28 観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

タマ・トンガ選手が何があったのかよくわかりませんけども、とにかく何かあったということで、

www.njpw.co.jp

しかるべき処置というのが、行われたようです。サッパリわからないのですが、この日公式戦があるので、もう謹慎ということでお休みになって、対戦する予定だった飯伏幸太選手が不戦勝となってしまうのかと思いながらの観戦と相成りました。

ジュース・ロビンソン vs 石井智宏

ジュース選手がまたしても負けまして、これで石井選手はIWGPヘビー級チャンピオン、IWGP USヘビー級チャンピオン、NEVER無差別級チャンピオンと日本にいる新日本プロレスのチャンピオン全てを倒したことになります。

 

よって秋は全てのタイトルに挑戦して回るんじゃないかと思います。石井選手の試合は間違いないので、それも良いんじゃないでしょうか。なんか石井選手はチャンピオンよりも格上の存在になったように思えてしまいます。

ジュース・ロビンソンのパルプフリクションすっぽ抜け

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ジュース選手は大変気合が入ってまして、左手のテーピングを早々とはずして全身全霊で石井選手にぶつかっていきました。ショルダータックル合戦を制し、逆水平チョップでもって、石井選手の胸を引き裂きました。

 

石井選手はジュース選手の技をしっかり受け止めて、負傷箇所の左手を特に狙うこともなく、ジュース選手のフィニッシュホールド・パルプフリクションはスポッと抜いてかわすという妙技を見せて、最後は必殺の垂直落下式ブレーンバスターで仕留めてしまいました。

 

残念ながらチャンピオンのジュース選手は石井選手を追い込めませんでした。ジュース選手の使う技はどの技も迫力があってダイナミックでいいと思うのですが、それが線となってつながらずに、いつも点になっています。だから、パルプフリクションを繰り出すのが、いつも唐突です。

 

どうすればスムーズにパルプフリクションにつなげていけるか。これがいい流れで出せるようになれば、一つ上のステージに上がれるはずです。ジュース選手は大好きなんで、もっと活躍して欲しいです。

後藤洋央紀 vs ザック・セイバーJr.

後藤選手はもうダメなのかも知れません。後藤選手のことはいつも悪く書いてますけど、嫌いじゃないんです。むしろ好きなんです。新日本プロレスのレスラーの系譜というか、流れで考えるとアントニオ猪木さんから始まって、そこから藤波辰爾系と長州力系と前田日明系に別れて、交差しながらも今の選手もだいたいどれかの流れを組んでいると思っています。

 

で、後藤選手は長州力系だと思っているのです。前から書いてます通り、僕は長州力選手が大好きですから、この系統の選手が不甲斐ないと他の系統選手よりも怒りが増してしまうのです。

 

この試合はザック選手のサブミッションをどうするか、この一点に尽きるんです。そこで後藤選手は試合前に力でねじ伏せるというようなことを言っていたそうです。それで正解だと思います。SANADA選手やオカダ・カズチカ選手のようにテクニックで対応するのではなく、ザック選手のテクニックをパワーで潰す、まさに後藤選手にピッタリです。

 

ところが、それを見せられたのがわずかに一回。残りは多くの選手と同じようにサブミッションの餌食になって、ほぼほぼ何も出来ませんでした。

ザック・セイバーJr.のヨーロピアン・クラッチ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

この調子でザック選手をパワーで押し切ってしまえ!という場面も作れないまま、コンパクトにされて、逆に抑え込まれてしまいました。NEVERとはいえ、一応チャンピオンです。この内容はマズいです。今年はまだ1試合残ってますが、もう終わりと言っていいでしょう。

 

来年のG1で格上げされることを期待します。

飯伏幸太 vs タマ・トンガ

完全に飯伏選手が勝つと思って観てました。なにしろBULLET CLUBがややこしくなった原因の1つである飯伏選手が相手ですから、タマ選手も何が何でもやっつけにくるでしょうし、最初から勝敗度返しで来ることを予想してました。

 

ところがどっこい、しかるべき処置がなんだったのかわかりませんけども、それが効いたのか前半から中盤(飯伏選手の入場中に襲いましたが)は、このG1で僕が観たかったタマ選手でした。ヒジョ〜に素晴らしい動きで飯伏選手を圧倒していました。やっとタマ選手の実力を見せられる試合をしてくれるのだと嬉しくなったのも束の間、またしてもグチャグチャになります。

 

これでまたタマ選手の反則負けだなと思っていたら、そこに次に試合するケニー・オメガ選手が飯伏選手の救出にやってきます。自分の出番前に姿を現すなんて、長らくプロレスを観てますけどおそらく初めてですね。ケニー選手がいかに飯伏選手を大事にしてるかが伝わります。

 

それでスッカリ片付いて飯伏選手がカミゴェ決めて終いとなるかと思ったら、救出にきたケニー選手も蹴散らされて、

タマ・トンガのガンスタン

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

なんやかんやでタマ選手の一撃必殺のガンスタンが炸裂して、見事なピンフォール勝ちしてしまいました。ビックリしました。これで飯伏選手が何が何でもケニー選手に勝つ以外優勝する道はなくなりました。

矢野通 vs ケニー・オメガ

飯伏救出劇で返り討ちにあってケニー選手がダウンしている状態なのに、強引に試合が始まってしまいます。矢野選手のテーマが流れて、矢野選手が出てきてしまいました。矢野選手はこれ幸いとササッとTシャツを脱ぎ、レフェリーのチェックもチャチャッと済ませて、ダウンしてるケニー選手をフォールします。

 

これで矢野選手の勝利で終わってもおもしろかったかもな〜と思ったのですが、真のお楽しみはここからでした。

 

セコンド、ヤングライオン、レフェリーまでも巻き込んで計算され尽くした抱腹絶倒の試合となりました。この日のベストバウトです。

矢野通vsケニー・オメガ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

昨年はテーピングで両足を縛られ、マーメイド状態で戦うという珍場面を披露した両者でしたが、今回は矢野選手がケニー選手とヤングライオンの成田連選手をテーピングでつなぎ、成田選手を攻撃して動けなくして、ケニー選手を場外に固定し、リングアウト勝ちを拾うという手段に出たのです。

 

ケニー選手はこの難問を成田選手を抱えてリングに戻り、成田選手とダブルの黒ーづらいんで矢野選手を蹴散らすという回答を見せてくれました。いや〜素晴らしい。

 

ここからいつものケニー選手で反撃。Vトリガーとか高速フルネルソンスープレックスが矢野選手を襲います。普段、こんな厳しい技食らってないので、矢野選手は大丈夫かと思いましたが、何の問題もありませんでした。やっぱり矢野選手は凄いです。

 

ケニー選手の攻撃を凌ぐとレフェリーもろとも金的をくらわして、さらに悪質タックルでケニー選手を追い込むのです。

 

ここでBULLET CLUB ORIGINALが乱入して、次々と倒していきます。矢野選手もケニー選手もダウンの状態で、タマ選手がケニー選手の上に矢野選手を乗せて引き上げます。矢野選手の金的のダメージでBULLET CLUB ORIGINALの皆さんの悪行に気がついていないレフェリーがリング状に戻ると、矢野選手がケニー選手がフォールしている状態ですから、そのままカウント3を叩いてしまい終了。何から何まで、全く予想できない展開に感激しました。

 

お腹いっぱいでこれで終わりでよかったくらいですが、まだメインがあります。

内藤哲也 vs SANADA

僕は内藤選手のことが好きじゃないですが、特に近頃の内藤選手はスターダスト・ジーニアス時代に戻りつつあるように見えて、さらに嫌いになっています。

 

話したいことがたくさんあるのはわかるんですが、コメントが長いです。しかも必ずと言っていいほど噛むんです。制御不能になってからは、立て板に水のごとく喋っていたイメージがあったので、ここのところの噛み具合に実に残念です。しかも、内藤選手の話す内容は、我々ファン目線で語られることが多かったので、今や多くのファンの共感を呼んで、会場にはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンTシャツだらけになっているのです。

 

ところが少し前の矢野戦の前には、矢野選手がエントリーされていることはお客さんとしては楽しいかも知れないけど、選手としてはどうかと思うというようなことを発言されていました。いよいよコメントの内容まで変わってきちゃったのです。

 

単純に矢野戦を盛り上げようとしたということなのかも知れませんけどね。

 

そして試合内容も近頃は雑に見えます。内藤選手のムーブを一通り見せたらササッとデスティーノって感じです。緩急の付け方も絶妙だったのに、雑になってきました。

 

対戦相手がガンガン攻めてくるタイプだと内藤選手は受けが派手なので盛り上がりますが、この試合のようにそんなガンガン来るタイプではなく、徐々に徐々に熱くなってくるタイプのSANADA選手が相手では、大きく盛り上げることができませんでした。

 

ダメな試合ってわけではありませんが、もっと良い試合が出来ただろうに、とは思うのです。

SANADAのデスティーノ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

SANADA選手が掟破りの逆デスティーノを繰り出して(この頃掟破りだらけで若干飽きてますけど)工夫を見せているのに、内藤選手はそれに付き合うことなく、普段どおりの内藤選手の動きで対処しました。こういうところで感情を見せてくれないと、ガッカリしてしまいます。

 

試合後のコメントも明らかにSANADA選手を下に見ているのがわかるのも、嫌です。現時点では格下には違いないんですが、試合を観たら二人に差があるとは思えませんし、SANADA選手のほうが試合を面白くするにはどうしたら良いかを考えてリングに上っているように見えます。

 

好きにはなれないけど、認めざるを得ない存在というのが内藤選手であったんですが、そうでもなくなってきてるのは、実に残念です。またここでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの原点に戻って、しっかりとした試合を展開してもらいたいものです。

 

それではまた。

ありがとう!