全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

8.4 G1CLIMAX 28 ライブ観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回はライブ観戦です。みんな汗だくになってエディオンアリーナ大阪に集結してまして、なかなか建物の中には入れませんでした。

矢野通 vs SANADA

最高でした。SANADA選手がとにかく輝いてましたね。いつもと違う姿が、いや夏だけしか観られないSANADA選手でした。

f:id:locatedonneouni:20180805074223j:image

対角線のリープフロッグやローリング・クレイドルも矢野戦でしか出さないんじゃないでしょうか。ワクワクしっぱなしの笑いっぱなしの試合でした。

 

最後にミラノ・コレクションATさんが、パラダイスロックを解くところまでが試合です。無駄のない展開でした。ベストバウトとは行きません(セミが凄過ぎた)が、それに続く良い試合でした。

後藤洋央紀 vs タマ・トンガ

変な試合でした。ゴングが鳴っていつもの反則負けかと思ったら試合続行で、レッドシューズ海野レフェリーが登場して、試合再開かと思ったらすぐに反則裁定。

f:id:locatedonneouni:20180805074512j:image

反則で終わりの試合ならそんなややこしい展開じゃないのに、なんでこんなグダグタになっちゃったんでしょう。

ジュース・ロビンソン vs ザック・セイバーJr.

さすがにそんなに負けたらダメだろうと、ジュース選手が勝つことを確信していたんですが、負けちゃいました。

f:id:locatedonneouni:20180805074920j:image

テーピングはずしてナックルを繰り出してもダメだったら、もう完敗です。こりゃ次の挑戦者はザック選手で決まりですな。それまでに手が治ってると良いなぁ。

 

ザック選手のサブミッションはこの日もまた冴え渡ってましたね。最終的には人ってあんなにコンパクトになるのなと驚かされました。

石井智宏 vs ケニー・オメガ

文句なしのベストバウト。ベストバウトマシーンと名勝負製造機の激突がつまらない試合になるはずはありません。

f:id:locatedonneouni:20180805075833j:image

序盤はリープフロッグのタイミング合わなかったりして、どうも石井選手のコンディションが良くないのかなぁと思わせるような感じで、しかもトペコンヒーロを貰ったら、左肩か左腕をケガしちゃったみたいで、ますます動きが悪くなりそうな予感がしました。

 

しかし、ここからが凄かった。フィニッシュになってもおかしくないケニー選手のえげつない攻撃を受けても受けてもカウント3は入れさせないのです。

 

攻撃を受けるほど怒りのゲージがドンドン上がってまるでパワーアップしたかのようになるのは、かつてのマサ斎藤さんのような感じですが、そのパワーアップしたところで、ケニー選手はさらに強烈な攻撃を加えて、パワーアップをなかったことにします。

 

これ以上ケニー選手が勝つとそこから先がほぼ消化試合になってしまうので、石井選手に勝ってもらいたいと思いを打ち砕くのです。

 

四天王プロレスもカウント2.99の連発で会場を盛り上げてましたが、あの時はフィニッシャーが炸裂しても決まらないという状況でした。だから、それまでのフィニッシャーを超える技を持ってくる必要があって、頭から落とす技を使うしかなくなったんじゃないかと思います。

 

この日は確かにカウント2.99の連発ではありましたが、お互いのフィニッシャーはなかなか決まらないのです。危険度を上げずに僕らの興奮度は上がっていたことで、四天王プロレスが進化してるんだなぁと思いました。

内藤哲也 vs 飯伏幸太

セミが年間ベストバウトに選ばれてもおかしくない試合の後のメインは、内藤選手も飯伏選手もキツいシチュエーションだったと思います。

 

でも、僕らは期待します。そのためには飯伏選手の狂気のスイッチを内藤選手が押さないと期待に応える試合にはならないのです。

 

飯伏選手自らがそのスイッチを押せると、いかなる試合でも名勝負になるのでしょうが、名勝負になってる試合は誰かに押してもらってます。このG1でもそのスイッチを押してくれた石井選手との試合は名勝負になっています。

 

だからこの試合は内藤選手が飯伏選手のスイッチが押せるかどうか、それに尽きると思いながら観てました。

 

結果的には押せませんでした。いや半分くらい押したのかな。前半ちょっとダラダラした展開で20分過ぎから急にギアを上げて、チャチャっと終わらせた感じがしました。

 

内藤選手もスイッチを押そうとはしていたと思いますが、ツバ吐くくらいしかできなかったのは残念でした。

 

セミとメインが逆ならもっと盛り上がったように思いますが、石井選手は〆のマイクないから、それはそれでう〜んとなるか?

 

とにかくしっかり楽しませていただきました。

 

この試合はまた後でワールドで観ます。解説聞きたいですし。

 

それではまた。

ありがとう!