全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

棚橋的YOH:5.22 BEST OF THE SUPER JR. 26 観戦記1

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

昨日は優勝の行方が見えるなんて書いちゃいましたが、終わってみればBブロックは混沌として来まして、見えなくなってしまいました。

 

それでは振り返ってまいりましょう。

石森太二 vs TAKAみちのく

TAKA選手が最初からエンジン全開。ジャスト・フェースロック、ジャスト・フェースロックの雨あられ。この展開に、こりゃTAKA選手コロンと負けるなと思ってしまいました。いくらなんでも急ぎ過ぎです。

TAKAみちのくのスワンダイブ・ニールキック

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

出ましたスワンダイブ・ニールキック。前回誰を相手に出したのか忘れましたが、この技がまた見られて嬉しいです。コンディションは良いんでしょうね、前回よりも高く飛んでいたように思いました。

 

石森選手のジャンピング・ニーに対してジャンピング・スーパーキックを返していましたが、TAKA選手のほうが高さも迫力もありました。こんなに動けるのにコロンと負けるのは、さすがにないか、とこの辺で思い直しました。

 

ところがみちのくドライバーⅡをDDTで切り替えされると、一気にブラディークロスが炸裂。あっという間に終わってしまいました。

 

10試合もあって平日ですから、かなり巻きが入ってたのかな?もう少しいろんな攻防が観たかったです。

バンディード vs 成田蓮

DOUKI選手に勝ってから、バンディード選手は一皮むけました。とても躍動感があって、とても魅力的な選手に見えました。こんな調子のいいバンディード選手に対して成田選手もいい動きを見せました。

成田蓮のエプロンでのフロント・スープレックス

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

エプロンでの攻防の中で、まさかフロント・スープレックスが出るなんて。もしや、成田選手、勝っちゃうんじゃないの?とまでは思いませんでしたが、盛り上がりました。

 

成田選手は初めてのルチャドールとのシングルマッチだったそうですが、こんなにいい感じのバンディード選手と対戦できて、成長の糧になるはずです。

ティタン vs ジョナサン・グレシャム

グレシャム選手を続け様に観ると、割と同じことを繰り返していることに気が付きました。それはそれで良いんですが、対戦相手に合わせて、もっといろんな戦い方を見せてくれると期待していたので、ちょっと残念です。

ティタン vs ジョナサン・グレシャム

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

だけど、そこはティタン選手がルチャの世界に引きずり込んで、面白くしてくれました。結果グレシャム選手がルチャにも対応できることを知れました。やっぱり凄く深い選手でした。残念に思ってごめんなさい。

 

バンディード選手と同じくだんだん調子が出てきた感のあるティタン選手。優勝戦線には絡まないでしょうが、ここからの試合が楽しみです。この試合は負けちゃったけどね。

ロッキー・ロメロ vs YOH

脚殺しのYOH選手。腕殺しのロッキー選手。狙う箇所は違うのですが、組み立てとしては同じような二人の対戦でした。ロッキー選手は成田戦で見せたのと同じような攻め方でしたので、ここでYOH選手は成田との違いが出せるか、が見どころになりました。

 

twitterでどなたかが「棚橋弘至的な戦い」とYOH選手の戦い方を称していましたが、まさにこの日のYOH選手はミニ棚橋といった脚殺しを見せました。

YOHの雪崩式ドラゴン・スクリュー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

各種ドラゴンスクリューはまさに棚橋選手的でした。

 

この一連の脚殺しが効いて、最後はカーフキラーだと思ったら、スターゲイザーという名前になってました。

YOHのスターゲイザー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

要所要所でロッキー選手が美しい反撃を見せますが、最後までYOH選手主導で展開された試合でした。やっぱり成田選手とは差がありましたね。YOH選手はCHAOSではなく本隊所属のほうがしっくり来るように思います。

 

ロッキー選手が負けたのに、ロッキー選手のラップが聞こえてくるのはなんか変でした。

タイガーマスク vs ドラゴン・リー

良い選手だとは思うんですけど、僕はリー選手の試合があんまり面白く感じたことがないんです。最近は柴田勝頼ムーブとかこの試合の決め手になった感のあるニーパッドをズラしてのニーアタックは飯伏幸太ムーブなのかな?これらを頻繁にやりますが、なぜか苦手です。 

ドラゴン・リーのニー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

これらを新日愛と語られますが、僕はそんなのは良いから自分の技をやりなさいよ、という気持ちになってしまいます。

 

タイガー選手はヒザをあんまり狙われなかったので、そこそこ動けてましたね。負けちゃいましたけど、きっとここから負けが混むとは思いますけど、良い試合は見せてくれるのではないでしょうか。

 

観戦記2に続きます。

 

それではまた後で。

ありがとう!


プロレスランキング