全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

よし、G1優勝だ!後藤さん!:4.29 レスリング火の国 2019 観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

喪失感。一体何を失ったのかわからないのですが、試合が終わった瞬間に何かを失ったような感覚がありました。ポカッと心に穴が空いたというか、支えていたものが崩れたというか。

 

この感じはかつて大好きだった髙田延彦選手がヒクソン・グレイシー選手に負けたときに似ています。

さすがにそれは言い過ぎました。でも、その時のような感覚になりました。悲しいというのではなく、今まで持っていた大事なものが壊れてしまったような感じです。

まさかの敗戦

4月29日、熊本はグランメッセ熊本にて何のタイトルもかかっていないけど、男の人生がかかっている試合がメインイベントで行われました。

 

その試合とは後藤洋央紀 vs ジェイ・ホワイトです。

4.29レスリング火の国メインイベント

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

そして人生をかけた男、後藤選手は負けました。

 

負ける要素はない、どう考えても後藤選手が再びトップ戦線に駆け上がるための試合で、この試合はサラッとクリアして、この試合以降こそ本当の戦いになる、なんて考えていました。

 

それがまさかの敗戦。

 

なぜ、ここで後藤選手が負けなければならないのか。なぜ、ここでジェイ選手が勝たねばならないのか。全く理解できません。

 

ジェイ選手はここで負けたところで、何の問題もありません。格や価値が落ちることも、IWGPヘビーの挑戦から遠ざかることもありません。ただ負けたという事実だけが残るだけです。

 

しかし、後藤選手の負けはそういうワケには行きません。

 

もしも負けてしまえば、格も価値も地の底に落ち、もう二度とIWGPヘビー級には挑戦できなくなることもありえます。

 

ここのところ、パッとした活躍がないとはいえ、後藤選手をそんな扱いにするはずがありません。今シリーズの試合を見れば、そこで負けて価値を落としていい選手ではないことは明らかでした。

 

だけど現実には後藤選手は負けてしまったのです。

 

いつか、この試合に負けて良かった、といえる日が来るのでしょうか。いや、後藤選手本人が諦めることを諦めたのなら、僕はそんな日が来ることを信じるしかないのです。

レスラーをバカにした試合内容

試合を振り返ってみます。

 

後藤選手はここまでの好調ぶりをキープしたままで試合をしていました。のらりくらりと相手をはぐらかしながら、自分のペースでの試合を構築していくジェイ選手に対して、それを力で強引に自分のペースに引き戻すような後藤選手らしい展開でした。

後藤洋央紀のラリアット

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

たくさん飛び出したラリアットの迫力はいずれも凄まじかったです。

後藤洋央紀の回天

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

大一番で飛び出す回天もジャストミート、着実にジェイ選手を追い詰めていっているように見えました。

 

しかし、外道選手の介入から流れが変わってしまい、外道選手を蹴散らしたものの

後藤洋央紀の牛殺し

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

一旦変わった流れは変えられず、スナップ・スリーパー・スープレックス2連発で動きを止められてしまった後藤選手。

ジェイ・ホワイトのスナップ・スリーパー・スープレックス

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

そして、必殺のブレードランナーが炸裂してしまいます。

ジェイ・ホワイトのブレードランナー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ブレードランナーは一撃必殺です。これが決まって返した者はいません。でも、フォールをされても後藤選手はキックアウトすると信じ切っていました。何しろ、後藤選手はこの試合だけは絶対に勝たねばならないのだから。

 

結果、ブレードランナーは一撃必殺でした。

 

良い試合でした。これだけの内容なら後藤選手が負けても価値は落ちないと考えることも出来るでしょう。この試合に勝ったジェイ選手もこれまでのどの試合よりも良い試合をしていました。

 

それなのに、どうして外道選手が介入したのか。

 

ジェイ選手は外道選手の介入などなくとも、ヒールとして地位を確立しています。わざわざ外道選手が介入してくる理由があったでしょうか。外道選手が介入してくることで、後藤選手が負けても仕方がないと思わせる理由を作ったということでしょうか。

 

だとしたら、2人のレスラーをバカにしすぎているんじゃないでしょうか。あんなことがなくても、後藤選手とジェイせんなら、後藤選手が負けて然るべき理由くらい作り出せたはずです。あの介入のせいで名勝負を汚されたような気になりました。

 

邪道選手に比べては、あらゆる面でセンスに長けている外道選手ですが、今回の介入は珍しくダメでした。

 

オカダ・カズチカ選手よりも早いスピードで成長しているジェイ選手には、もう外道選手は必要ないのではないでしょうか。

もうG1優勝しかないじゃないか

僕はこの試合で後藤選手が勝ち、5月4日のIWGPヘビー級選手権試合でオカダ選手を倒したSANADA選手に、同じCHAOSのオカダ選手の敵討ちと称して挑戦表明し、ついに大阪城ホールで新チャンピオンになると思っていました。タイトルの移動が続くのがちょっと気になりますが、ついに後藤時代が到来する思っていました。

 

それが全て吹き飛びました。

 

少なくとも今年いっぱい、IWGPヘビー級には挑戦できないでしょうし、もしかするともう二度とIWGPヘビーには挑戦できないかも知れません。この敗北はそのくらい大きなものだと思っています。

 

ただ、もしかしたらジェイ選手に勝ったくらいではIWGPヘビー戦線にはたどり着けないくらいに、後藤選手がトップ戦線から遅れを取っているとしたら、どうでしょう。

 

東京ドームにも、MSGにも出られない状況が、何のタイトルも持たない、前IWGPヘビー級王者を倒したというだけで、再びトップ戦線に戻ってこられるような状態でなかったとしたら、逆に勝っても負けても大差はなかったのかも知れません。

 

そんなカンタンにトップ戦線には、そもそも戻れなかったと考えれば、今回の敗北も大した問題ではないという気になってきます。

 

どっか〜んとでっかいことをやらかさないと、もうトップ戦線には戻ることが出来ないくらい後藤選手は落ち目なら、トップ戦線に返り咲くにはもうこれしかありません。

 

G1クライマックス優勝。

 

G1のエントリーもギリギリのラインの後藤選手が、G1に出場し、強敵を次々となぎ倒し、2008年以来の優勝を達成したら、そのインパクトは絶大です。

後藤洋央紀

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

このくらいのインパクトでもないと、もう後藤選手がトップ戦線に返り咲くことも、IWGPヘビー級に挑戦することも、ないでしょう。それくらい追い込まれました。

 

こうなったらG1クライマックス優勝へ向けて、後藤選手を応援するしかありません。令和最初のG1王者になるしかないのです。そして2020年の東京ドーム大会にてIWGPヘビー級王座に挑戦し、ついにチャンピオンになるのです。

 

こんな敗北ごときでしょげてる場合じゃない、よしG1だ!G1優勝だ!

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

 

追記

レスリング火の国の観戦記はメインだけにします。