全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

デビッド・フィンレー、ついにベスト8!!:3.15 NEW JAPAN CUP 2021 観戦記

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

まず言わせてください。

 

デビッド・フィンレー選手、ベスト8進出おめでとう!

 

これで今年の夏のG1出場間違いなし。フィンレー選手の言う通り、今年はフィンレー選手の年になります。なるといいな、なれ。

 

この日はオカダ・カズチカ選手も内藤哲也選手もお休みなんですね。

 

たまたまなのかも知れませんが、この休みを利用して少しでも故障箇所を治して欲しいです。

 

それでは振り返ってまいりましょう。

次の挑戦者は石森か?

まずは鈴木みのる&エル・デスペラード&DOUKI vs KENTA&石森太二&邪道です。

 

みのる選手がまだ終わってないとKENTA選手に仕掛けてましたが、KENTA選手はもう終わったと言い合ってましたが、これは再戦があるのかな?

 

ということは、まず間違いなく鷹木信悟選手の勝ちでしょう。勝ったら再戦どころじゃないですもん。

 

左側のトーナメントはほぼ鷹木選手で決まりです。

 

EVIL選手が止めなかったら決まりです。EVIL選手が矢野選手に勝つ前提で書いてますけども、矢野選手が勝っても鷹木選手で決まりです。

 

鷹木信悟待望論の真っ只中で矢野選手が勝ってしまうというシナリオはないでしょう。

 

さて、この試合の見所はジュニア2冠王のデスペラード選手と、元王者の石森選手との絡みでした。ま、そんなにはなかったんですけど・・・。

 

ボクの中では、石森選手の王者時の安定感が本当に素晴らしかったので、早いこと高橋ヒロム選手からベルトを取り返して欲しかったですが、そのヒロム選手がケガで欠場からのベルト返上。

 

ホントはヒロム選手を倒してチャンピオンに返り咲いて欲しいところですが、デスペラード選手でも良いでしょう。いや、むしろヒロム選手とのタイトルマッチよりも楽しそう。

 

今日も組まれたら、次の挑戦者は石森選手で決まりでしょう。

鼻折れてないみたいで良かった

次はザック・セイバーJr.&タイチ&金丸義信 vs ウィル・オスプレイ&ジェフ・コブ&グレート-O-カーンです。

 

オスプレイ選手が試合に出てきたということは、鼻は折れてなかったということでいいのかな?痛そうにはしていたけども試合に支障が出るほどではないということだと思います。

 

一安心。

 

次はSANADA戦で、鼻を狙ってくるようなことはしないタイプなので、悪化しないことを祈っています。

 

出来れば準決勝でフィンレー選手と闘ってほしい(フィンレー選手が次も勝つこと前提)ので頑張って欲しいです。

 

タイチ選手と-O-カーン選手の絡みもちょっと楽しみになってきました。

 

「ハゲてんじゃねぇ」とはムチャクチャ言いますな、タイチ選手。さすがの-O-カーン選手もこの言葉に上手い返しが見つからなかったのか、無視して演説を始めてしまいました。

ジャパニーズ・レッグロール・クラッチ・ホールド

次は永田裕志&後藤洋央紀&田口隆祐 vs SANADA&鷹木信悟&BUSHIです。

 

田口選手がスワンダイブで勢いよくSANADA選手の前に飛び出したとき、ドラゴンリングインからのイービル(技名)で負けたときのことがよぎりました。SANADA選手には一撃必殺の投げ技も打撃技もないので、どうするんだろう?とワクワクしました。

 

とくになにもなかったですね。

 

その後の攻防には田口選手のテクニシャンぶりが見て取れて、実現しないでしょうけど2人のシングルマッチが観たくなりました。

ただ、ワールドの公式で田口選手のはなった技を「田口式オコーナーブリッジ」と表記しておりますが、あれはジャパニーズ・レッグロール・クラッチ・ホールドです。

 

オヤィ式ジャパニーズ・レッグロール・クラッチ・ホールドです。

 

こんなこと書いたら、またワールドさんからブロックされちゃうかな。

こっちがメインだ

ボク的には本日のメインイベント、デビッド・フィンレー vs YOSHI-HASHIです。

 

最後の最後までフィンレー選手が負けちゃうんじゃないかとハラハラしました。

 

試合の展開でハラハラしたというよりも、会社はやっぱりYOSHI-HASHI選手のほうを推してるんじゃないだろうか、というハラハラです。

 

何しろ最近のYOSHI-HASHI選手の安定感というのは、完全にどういう試合をしたら盛り上がり、賞賛されるのか、掴んでる感じがします。

 

やっぱり会場を盛り上げる選手を会社も推したくなるでしょう。そうなると、フィンレー選手の勝利は難しいのかな、と思えてしまうのです。

 

ここまでTwitterを見てますと、ジュース選手のナックルが気に入らないとか、ザック選手とオスプレイ選手の試合は素晴らしかったとか、ジェイ選手の体はカッコいいとか、コブ選手のパワーは人間離れしているとか、オーエンズ選手のベルトは本物か?とか、ヘナーレがんばれ!とか、そういうのはよく見かけるんですけども、フィンレー選手について何かをつぶやく人をほとんど見たことがありません。

 

それだけ地味なんです。戦績がさっぱりのヘナーレ選手よりも地味なんです。

 

インパクト・レスリングでタッグチャンピオンになったとしても大してインパクトがないのです。

 

だから、そんな地味なフィンレー選手を果たして会社は推すのか、がず〜っと気がかりでした。

 

立場が人を変えるというじゃないですか。YOSHI-HASHI選手だって試しにNEVER6人を巻かせてみたら、一皮むけたでしょ。

 

フィンレー選手だってIWGPタッグのベルトは巻いてましたが、それはジュース選手の手柄みたいな感じに捉えられてるでしょ?一度、フィンレー選手のみが美味しい場面を作ってあげて下さい。

 

だから、カルマを切り替えしてのプリマノクタが炸裂したときは、メチャクチャ興奮しました。そしてすぐにACID DROPに行ったでしょ?これは完全にもらったと拳を突き上げました。

 

空中に浮いてる最中に切り替えされたらどうしようって少し思いましたが、見事に炸裂しました。良かったです。

 

YOSHI-HASHI選手も高橋裕二郎戦ではパッとしなかったので、大丈夫かなと思っていたのですが、よくぞフィンレー選手の良い踏み台になってくれました。このYOSHI-HASHI選手に勝ったのなら胸を張っていいでしょう。

 

ちょっと気になったのはYOSHI-HASHI選手のフルネルソンからのスープレックスに行くのか、カルマに行くのか、どっちにも行けるという流れです。

 

アレを差し込んだことで、展開に幅ができて、YOSHI-HASHI選手の勝率が上がったんじゃないかと思います。アレは素晴らしい発明だとは思います。

 

ただ、今回の試合ではアレをスゴく雑に扱っていたように思います。

 

フルネルソンになった時点で、これはカルマに行くな、ドラゴンで投げるな、というのがわかっちゃいました。フェイントになっていないのです。

 

ここを丁寧に繰り出さないと、せっかくの発明が台無しです。YOSHI-HASHI選手のさらなる飛躍のためにも、もうちょっと丁寧にやって欲しいです。

 

さてフィンレー選手、次はジェイ・ホワイト戦でふ。これがフィンレー選手のプロレス人生最大の大一番となります(多分)。

 

大きく格付けが変わる一戦になることでしょう。

 

これまでフィンレー選手に何の興味もなかったファンの皆さんにもきっと認知される試合になるはずです。ただただ勝って欲しいです。

デビッド・フィンレー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

それにしても、トラッシュ・パンダの認知率低いですね。なんでかな?新日の公式サイトにも

ブレーンバスターの体勢から、YOSHI-HASHIの首を自身のヒザに叩きつける荒技。

と書かれちゃってます。インパクトある名前なのに。

ジェイ勝利を願っていました

メインはジェイ・ホワイト vs 棚橋弘至です。

 

後楽園だし、試合展開も棚橋選手有利に見えたので、これはジェイ選手が負けちゃうかなと思って観てました。

 

主力のオカダ&内藤がいないのだから、せめて棚橋選手が大会を締めなきゃ、お金を払って観に行った人がかわいそうな気もしてました。

 

しかしながら、ボクはジェイ選手の勝利を最後まで祈ってました。

 

フィンレー選手と闘ってもらわないと困るからです。フィンレー選手がニュージャパンカップを優勝するのは難しいでしょうが、ジェイ選手を倒せば、大成功、大躍進となります。

 

ジュース選手とジェイ選手とフィンレー選手は同じようにヤングライオンだったわけですが、ジュース選手とジェイ選手はシングルのベルトを巻いていますし、ジェイ選手に至ってはIWGPとつくベルトはジュニア以外は全部獲ってます。

 

やっと他の2人と並ぶチャンスなんです。

 

直接倒すにはジェイ選手が棚橋選手を倒して勝ち上がってきてくれるしかないわけです。

 

でも、棚橋選手はNEVERのチャンピオン。ホイホイ負けるわけには行かないのです。

 

ドラゴンスクリューがバシバシ決まるので、これはマズいな〜と思ってましたが、そのドラスクをヌルっとブレードランナーで切り替えして勝っちゃいました。

 

一発がある選手はこういう展開がありますね。とりあえずホッとしました。

 

ジェイ選手はフィンレー選手がキチンと視界に入っていたようでホッとしました。

フィンレー、最後にオマエとシングルでやったのは3年前のことだ。改めて勝敗を振り返ったんだが、知ってるか。12-1だ。1度目はオマエが運よく俺に勝てたものの、そのあと俺が12回連続で勝っている。

これでフィンレー選手が勝っちゃったらたまらないでしょう。泣けるで。

 

ということで、これで次のNEVERの挑戦者はジェイ選手に決まりました。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング