全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

夢のオールスター戦

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

昨日はプロレス大賞の表彰式がありました。

www.tokyo-sports.co.jp

個人的には釈然としない人選だったわけですが、

2019年度プロレス大賞授賞式

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

こうやって各団体のトップ選手が並ぶと良いもんですね。

 

この状態がまさに現時点の日本プロレス界の縮図なんでしょう。オカダ・カズチカ選手がプロレス界の中心にいるということで、オカダファンとしては誇らしげな気分になるわけでございます。

想像と違う身長 

こういう集合写真を見ると、意外なことに気が付きます。

 

身長です。選手の身長です。シークレットシューズを履いておられる方もいるかも知れませんので

正確なことはわかりませんが、宮原健斗選手が意外に大きく見えました。

 

宮原選手がSANADA選手よりも大きいイメージが全然なかったんですけど、こうして並ぶ決して小さいほうではないのです。

 

デカい人の多い全日本プロレスで活躍しているわけですから、小さくてはやっていけませんしね、大きく当たり前なんですが、なぜか小さく見えます。

 

もっと宮原選手の試合を見れば、大きく見えてくるんでしょうかね。

 

清宮海斗選手もまた意外に大きかったんだな〜という感じです。NOAHも小粒な選手が多いイメージ(最近見てないので本当のところはわかりませんが)で、そこのチャンピオンだったのですから、そんなには大きくないんだろうな〜と勝手に思っていたのですが、飯伏選手とほぼほぼ同じなんですね。

 

また、デカいと思っていた石川修司選手が、思っていたよりも大きくなく見えました。大巨人というあだ名があるので、1人だけピョコッと頭が出ているものだと思っていたのですが、そうでもないと。

 

あのくらいなら我らがオカダ選手と対峙しても、見劣りしないなとホッとしました。

印象に残ったコメント

新日の選手のコメントだけですが、読みました。

www.njpw.co.jp

まずは飯伏選手のコメントです。

前、「技能賞」を獲った時は、それなりに自分独特の動きだったり、オリジナルな動きをして技能的な部分を評価されたのかなと思ったんですが、2019年の「技能賞」に関しては、ちょっとよくわからない部分もあって。少し怪しんでますね。フフフ。

飯伏選手が技能賞と知った時、選定委員が面倒くさくなったんじゃないかと思ったんですが、飯伏選手自身も感づいていましたね。本人が怪しいと思うんだから、観てる我々も怪しむのも致し方ありません。

 

どの賞もそうなんですが、明確な選定基準というのを示してから選考してもらいたいです。あ、すでにあったらすみません。

 

技能賞なんて、新技を開発した人の中から選ぶとわかりやすいと思います。

 

そしてSANADA選手ですが、クールなイメージがあるのですが、本当はもっと目立ちたいようです。

俺はMVPよりベストバウトの方が上だと思っているんですけど、今日、MVPの授賞式を見て、MVPは(写真撮影で)真ん中にくるので、あれもいいなと思いましたね。

賞として価値はベストバウトのほうが上なのに、写真撮影では真ん中ではないことに、いささか不満を覚えているような感じです。

2020年はプロレス業界に限らず、他のスポーツ界やエンターテイメント界、いろんなジャンルも含めて、誰よりも一番輝きますよ。

プロレス界をどう盛り上げていくかというよりも、SANADA選手が輝けば当然プロレス界も輝くでしょ?という考え方をしているように思えました。良いですね。これ、好きです。

 

世間的にはSANADA選手は全く知られていないと思うので、プロレスは観たことないけどSANADA選手は知っているくらいに、今年は目立ちに行ってほしいですね。

 

また、1つ気になったのは授賞式とは直接関係ないのですが、こちらのツイートです。

木村花選手のツイートですね。プロレス大賞の授賞式に呼ばれてないことを悔しがってるようなツイートですら。 

 

こういうのをしっかり表明できるというのは良いです。

 

スターダムを知ったのは最近のことなので、にわか中のにわかですが、最初見たときはたくさんいる美人レスラーの1人でしかなかったのですが、ここのところのコメントを観たり、試合を雑誌で観たり、テレビで観たりしてると、自分のステイタスももちろんですけど、女子プロレスというジャンルそのものを上に押し上げようという気概が見えるように思います。

 

オカダ選手に感じた、この人がいたら本当にプロレス界はかつての黄金時代を超える黄金時代を引っ張ってくるんじゃないかと思わせる雰囲気を持っているような気がします。

 

2020年度の女子プロレス大賞の最有力候補なんじゃないですか。

夢のオールスター戦

一番の注目はやはりMVPとベストバウトのダブル受賞者のオカダ選手ですね。

www.njpw.co.jp

なんといってもオリンピックに負けたくないという気持ちがバリバリに出てるのが実に頼もしいですね。

「2020年、オリンピックあったよね」で終わりじゃ寂しいじゃないですか。
「プロレスでもあんなオールスター戦があったんだよ」っていうのがあってもいいと思います

オールスター戦をぶち上げました。ま、リップサービスでしょうけどね。

ホントに宮原(健斗)選手(全日本プロレス)とか、清宮(海斗)選手(プロレスリング・ノア)とかでも、また違ういまの若い世代のプロレスができても面白いかなと思いますし、そういうのが実現できたらいいなと思いますね。それこそ、プロレスファンからしたらオリンピックより記憶に残るかもしれないですし、そういうことができたらいいなと思います。

ただ、ハッキリ他団体のチャンピオンの名前まで出しちゃったわけですから、リップサービスではないのかも、と思ったりもします。実現するかわからないけど、実現しようと動いているのかも知れません。

 

チャンピオン同士が戦うのが理想ではあります(オカダ選手は丸腰で、清宮選手も丸腰か)けども、両方の団体のベルトの価値が落ちないように上手に交流してもらって、夢のカードが実現すると良いなと思います。

ぼくは全然知らないんですけども、こういう事↑もやれた実績があるわけですから、やって欲しいですね。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング