全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ドラゴンゲートに興味湧く@『有田と週刊プロレスと3』エピソード10

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今週も水曜日がやってまいりました。『有田と週刊プロレスと』の日です。

今週は特別編として、東京03の豊本明長さんが、有田哲平さんにドラゴンゲートのことを語るという内容でした。豊本さんといえば奥様が女子プロレスラーのミス・モンゴル選手という生粋のプロレスファンです。

レスラーと結婚するなんて、ファンとしては憧れですよ。しかも女優さんと良い仲にまでなってしまうという、

newsmatomedia.com

一体どんな徳を積んだらそんな幸運に恵まれるのかしらという、男の中の男、プロレスファンの中のプロレスファンなのです。

 

そんな豊本さんが、ドラゴンゲートについて語るわけですから、聞かないわけには行きません。

闘龍門時代は観てた

今回はドラゴンゲートの成り立ちから現在までの流れをザクッとお話されました。僕も昔むかし、ドラゴンゲートがまだ闘龍門だった頃は少しだけ観てました。地上波でのテレビ中継がありまして、それを録画して観てました。

 

今回のエピソードでも話が出てきましたが、マグナムTOKYO選手の入場で長々と踊るのが耐えられなくなって観なくなったのです。

いや〜なつかしい。今もレスラーしておられるのでしょうか?

 

試合はみちのくプロレスとは違う、もっと本格的なルチャリブレって感じがして新鮮だったのをよく覚えてます。でも、何試合か観ると何かみんな同じ動き方をしているように見えてきて、普通試合を重ねるごとにおもしろくなってきてメインで大爆発という流れなんですが、メインが始まったら「もうそれは観たよ」って気になってすぐに飽きが来てました。

 

それですっかり観なくなってしまいました。

大阪プロレスの人達が出ていた頃

前にも書きましたが、僕は大阪プロレスが大好きでして、よくデルフィンアリーナに試合を観に行っていたんですが、

www.loca-neo.com

しばらくしてドバっと選手がやめちゃったんですね。どういう理由かはすっかり忘れちゃいましたけど。そのときにすっかり違う団体みたいに変わっちゃいましたし、デルフィンアリーナは移動するしで、興味がなくなってしまいました。

 

そのドバっと抜けたウチの何人かが、大阪プロレスの後ドラゴンゲートに出てたんです。

マグニチュード岸和田選手とかね。

 

その時もしばらくは観ていたんですが、豊本さんのお話どおり、ドラゴンゲートはストーリーの展開がえらく早いので少し観てないとなんでこの人とこの人が仲良くなってんの?もしくは仲が悪くなってんの?というのがわからなくなってしまうのです。

 

そんなこんなでついて行けなくなって、やがて大阪プロレスの人もいなくなって、またドラゴンゲートを全然観ない日々に突入するのでした。

ドラゴンゲートに興味湧く

先日、外食した時にレジのところにドラゴンゲートの割引券がありました。特に行く予定はないけど行くかも知れないと思って持って帰ってきました。あれはいつの試合だったのかしら。

www.gaora.co.jp

あら、今週末じゃないか。これは運命なのでしょうか?このタイミングで『有田と週刊プロレスと』のドラゴンゲート紹介を観るなんて。

 

もちろん、現状のドラゴンゲートのユニットがどうなっているとか、なんなら選手のことだってサッパリわからないわけですが、社長さんがお辞めになって新時代の幕が上がったというドラゴンゲートに興味が湧いてきました。

 

カードを観てますと、先日ドラゴンゲートを辞めてロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの新しいパレハとして現れるんじゃないかと言われている鷹木信悟選手が出ることになっていますね。

どんな選手なのかあんまり知らないので、それを目当てに観に行ってみようかな?

 

今回のように丁寧に歴史を追って少しでも勉強できるとかなり興味が湧いてきますね。他の団体のことももっとクローズアップしてくれないかと切に願います。有田さんが説明できないなら、もっと豊本さんを起用してもらっても構いませんし、『有田と週刊プロレスと』が終わったら続けて『豊本とミス・モンゴルと』でも始めて、新日以外の団体を説明してもらいたいです。

 

よし、割引券探そう!

 

それではまた。

ありがとう!