全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

MSGではジェイ vs 飯伏だ@2.11 THE NEW BEGINNING in OSAKA 観戦記-2

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

昨日はざっくりとしたことしか書けませんで、もうちょっと考えて書けばよかったな〜と反省しております。

 

ジェイ・ホワイト選手が新王者になったことを大変喜んでいますし、世界に誇る新日本プロレスになるには、いつまでも棚橋弘至選手に頼るわけには行かないので、棚橋選手を乗り越えて王者になったというのは、これ以上ない良いタイミングでの戴冠だったと思います。

 

だがしかし、そんなジェイ選手にアレルギー反応が出てしまうファンの方もたくさんおられるようで、戴冠すれば納得してもらえると思っていただけにビックリしてます。

第6試合:IWGPジュニアヘビー級選手権試合・石森太二 vs 田口隆祐

さて『THE NEW BEGINNING in OSAKA』観戦記の続きでございます。

 

この試合はまず間違いなく石森選手が勝つと思っていましたし、2人がSNSで激しい戦いを見せていましたが、そんなに面白いもんでもないなと思ってしまったのでそんな追いかけてはいませんでした。ありがたいことに、追いかけなくてもフォロワーの方が「いいね」や「リツイート」してくれるので、そこそこ見れていたとは思います。

 

石森選手はKUSHIDA選手の穴を埋めることを期待されていると思います。でも、BULLET CLUBに加入しちゃったから、ヒール然とした立ち振舞をしなくてはいけないと自分を枠の中に押し込めたような窮屈さを石森選手に感じていました。

 

タマ・トンガ選手の謎のグッドガイキャンペーンのおかげで、BULLET CLUBであっても笑顔をみせても良いし、物騒なことばかり言わないといけないわけじゃないと思ったんでしょうか、徐々に石森選手が作っていた枠が解けていき、少しずつボーンソルジャー石森太二というキャラクターに血が通っていったように思います。

 

それは相手が田口選手だったのも功を奏しました。

石森太二のキープオンジャーニー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ついに石森選手は踊りました。踊りきった時のしてやったりの表情が良かったです。やっと石森太二選手は本領を発揮してくれるんじゃないかとワクワクさせたました。

 

ただ、試合内容的にはもうひと波あっても良かったですかね。若干物足りなさを感じました。

 

次期挑戦者は獣神サンダー・ライガー選手になりそうです。ジュニアのエースになるにはジュニアの象徴であるライガー選手からも勝利を収めておく必要がありますから、これは必然です。

次期挑戦者は獣神サンダー・ライガー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

以前、KUSHIDA選手がチャンピオンだったときに、ライガー選手が挑戦したように記憶していますが、その時が最後のタイトルマッチなんて思っていましたが、もう一度、ライガー選手のタイトルマッチが見られるのは素直に嬉しいです。

 

今度はレジェンド相手にどんな内容を残すか。田口選手との交流で一皮むけた石森選手に期待します。

第5試合:真壁刀義&矢野通 vs タマ・トンガ&タンガ・ロア

試合のことはほとんど覚えてません。

タマ・トンガ大暴れ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

タマ選手のフルスロットルの大暴れ。カバンの中身をぶちまけられたお客さんは、あの後どうなったんでしょうか。お好きな選手のサインでも貰えたんでしょうか。

 

このヤングライオンを次々と切り捨てていくシーン。タマ選手の剣さばきの美しさに惚れ惚れしました。チャンバラ・時代劇が最近は見られなくなりましたから、ここで心が踊りました。

次回は二刀流でお願いします。

 

ただ、このシーンで同じようにタマ選手の刀の錆にされたカメラマンさんたちが、ノーリアクションだったのがマズかったです。あそこはヤングライオン勢とともにリアクションを取るべきシーンでした。そんなことをカメラマンに求めるな、とおっしゃる方もおられるかも知れませんが、フェンスの向こう側はプロレスを作る側の人間のエリアです。試合の盛り上げに一役買っていることを忘れてはいけません。

 

おかげで最終的にテレビのカメラマンさんは花道から落とされてしまいました。リアクションを取らないから、さすがにこれならリアクションを取らずには居られないだろうとちょっとムチャしました。

 

さて、なんとなくタッグを組み続けている真壁&矢野ですが、美味しいところを全部BULLET CLUBに持っていかれまして、完全に噛ませ犬にされました。今後、どうするんでしょう。IWGPタッグを狙いに行ったりするのでしょうか。

 

今のところ、タッグを組んだというだけで、それ以上は何もなく、矢野選手に至っては持ち味が死んでるような気もするので、個人的にはこれでフィニッシュで良いんじゃないかと。

 

第4試合:本間朋晃&YOSHI-HASHI vs チェーズ・オーエンズ&高橋裕二郎

チェーズ&裕次郎はIWGPタッグに挑戦したほうが良いです。コンビネーションにおいてはチャンピオンチームに勝るとも劣らないものがあります。第4試合なんかで真壁&矢野結成の煽りを食って何の必然性もなく組まされたコンビと戦っていいチームではありません。

 

何よりTHE ELITEについて行かずに新日を選んでくれたチェーズ選手をもっと大舞台で使ってあげて欲しいです。

 

さて、この試合がほとんど記憶に残っていないのは、第4試合後に

飯伏幸太、復活

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

飯伏幸太選手が出てきたからです。

 

今回のビッグマッチはこれまで何度か言った大阪のビッグマッチの中では静かな大会ではありましたが、この飯伏選手の登場は大歓声でした。この日一番でした。

 

しかも、しばらく新日本プロレスにいてくれるそうですから、これでやっとIWGPヘビーを巻けるかも知れないという期待感でいっぱいです。

 

だけど、またしても飯伏選手によってジェイ選手の戴冠のインパクトが薄められてしまいました。

 

思えば外国人トップ選手であったケニー・オメガ選手を見事に倒してUSヘビーのチャンピオンになったジェイ選手。あのケニー選手を倒したということで盛り上げるべきところ、ゴールデン☆ラヴァーズ結成というビッグインパクトに全部持っていかれてしまいました。このときも言わば飯伏選手の登場によって、戴冠の感動がぶち壊されてしまったのです。

 

ジェイ選手がまず戦っておかなければならないのは、飯伏選手です。MSGで飯伏選手を迎え撃って欲しいです。ちょうど飯伏選手はニュージャパンカップで復帰します。これは運命です。

 

飯伏選手の復帰と新日参戦継続で暗雲立ち込めていたMSGがパッと晴れたような気がします。ここに来て、また飯伏選手が好きになってきました。ケニー選手と絡んでるときの飯伏選手にはなんの魅力も感じませんでしたが、ケニー選手がいなくなったらまた輝きを取り戻したように思います。

 

あ、でも、ケニー選手は新日に参戦することは可能なんですよね。

 

それは大阪城ホールあたりでしょうし、ひとまずニュージャパンカップやMSGでは、僕が好きな飯伏選手が見られそうで嬉しいです。

 

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング