全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ドームはガントレットマッチでどうですか?@12.9 WORLD TAG LEAGUE 2018 観戦記 Part1

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回は全試合追いかけてきたワールド・タッグリーグの優勝決定戦について書きます。良い試合ではあったんですが、もっともっと盛り上がりを作れたような気がしました。やっぱり僕の中ではG.O.D.はもっと面白くできるタッグチームであるという期待値が高いんでしょうかね。

G.O.D.について

スーパーパワーボムを使うようになってから、以前よりも試合に締まりが出たような気がしてきました。今回はこのスーパーパワーボムが炸裂しなかったので負けたというわかりやすさがありました。僕はそういうわかりやすさは良いことだと思います。

 

そしてタンガ・ロア選手の活躍がG.O.D.がさらに良くなるか、現状維持かの鍵になると思っていて、これまでの試合でもロア選手がイマイチだな〜というようなことを書いてきたのですが、この優勝決定戦ではなかなかいい動きを見せていました。

タンガ・ロア爆発

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ただ、タマ選手に比べると若干地味なので、もっともっと動いてちょこまかと凄いスピードで動き回って捕まえたら凄い力でぶん投げるというわかりやすさをもっと全面に出してほしいですね。

 

上の画像は雪崩式ダブルのブレンバスターを狙ったEVIL&SANADAをタマ選手ごと投げちゃったロア選手の図です。これタマ選手も痛がっていたんですけど、投げると同時にタマ選手が飛んでネックブリーカーを決めるようになっていたらもっと良かったんですが、タマ選手のダメージのことも考えずにぶん投げるバカさ加減がロア選手の魅力です。

 

さて、問題は邪道さんですかね。正直、あんまり効いてません。

EVIL&SANADAのマジックキラー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

確かに邪道さんがマジックキラーを食らって、キャップがスポンと取れたのは、素晴らしかったんですが、それ以外は介入のタイミング、間が悪いな〜と思わせました。この間の悪さが改善されて、なんとも憎たらしい動きをしだしたら、G.O.D.はワンランク上のチームになります。個人的には邪道さんはいないほうがG.O.D.の良さが出るような気がするので、もう邪道さんはドームからは一緒に出てこなくていいと思ってます。

EVIL&SANADAについて

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンというのはベビーでもヒールでもないという立場ではありますが、この試合に関しては完全にベビーで試合の展開もヒールの悪事に耐えに耐えた上での大逆転勝ちということで、わかりやすくて良かったです。

 

EVIL選手本人もノーサプライズで連覇するとか仰ってましたから、宣言通り全くのノーサプライズでしたが、それにしたって予想通りすぎやしませんか、とは思っちゃいました。

www.loca-neo.com

優勝決定戦がこのカードに決まったときも何の驚きもなく、でしょうねって感じでしたから、結果もそういう流れになったのですが、せめて結果以外の何処かに驚きを練り込んでおいて欲しかったです。

 

予想が当たるという嬉しさもあるにはあるんですが、やっぱり自分の予想を超えるものを僕は観たいんです。しかし最後にヤングバックスが出てくる下りまでがパッケージで「でしょうね」の世界でした。

ヤングバックス登場

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

冗談でそんなに3WAYが好きなら上から下まで全部3WAYにしたらええやんってなことを書いたことがありましたが、 

www.loca-neo.com

IWGPタッグ選手権もやっぱりそうなってしまうのな〜とちょっとガッカリしました。EVIL選手がヤングバックスにも借りがあると言っていましたが、本来ならG.O.D.からベルトを取って、ヤングバックス相手にベルトを防衛するというのが筋でしょ?それを一緒くたにするのってヤングバックスには新日本プロレスのリングに立っていられる時間がないからなのかも知れませんが、雑な扱いに思えます。

ドームについて

まだ何の発表もされていないのですが(もしかしたらこれがアップされる時間には発表されているかも知れません)おそらく、まず間違いなくG.O.D. vs EVIL&SANADA vs ヤングバックスの3WAYになるでしょう。でも出来ればガントレットマッチでしたっけ?いっぺんに多チーム出てこずに負けたチームが下がって、勝ったチームが残って、次のチームを迎え撃つという型式のほうが3WAYより良いんじゃないかと思ってます。

 

まずEVIL&SANADA vs ヤングバックスをやってヤングバックスを退けて、もう一度G.O.D.と戦ってベルト戴冠というのが理想的です。一騎打ちで勝たないと借りを返したことにはなりませんし、一騎打ちでないと勝ってもベルトを巻いてもオレたちが負けたわけじゃないとかG.O.D.に言われかねません。

 

ヤングバックスを倒すだけでも大変なのに、そのヤングバックスと一戦混じえた後にG.O.D.と戦わねばならないというシチュエーションは今回の試合と同じく耐えに耐えたあとの大勝利という流れで、新年にふさわしいんじゃないでしょうか。EVIL&SANADAにはキツいでしょうけど。

 

ぜひとも3WAYの雑なタイトルマッチはせずに、ガントレットマッチにしていただきたいです。

 

それではまた。

後藤さんのことはまた明日以降に書きます。

ありがとう!

EVIL&SANADA

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト