全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

フィンジュースの優勝間違いなし!:12.6 WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27 観戦記

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

最終戦です。今回は『ワタリ』のほうだけ感想を書いてまいります。明日は『BOSJ27』の感想を書きます。

オープニングらしいオープニング

まずはEVIL&高橋裕二郎 vs バッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズです。

 

最終戦でやっと裕二郎選手の味が出ましたし、オーエンズ選手の味も出ましたが、そのおかげでEVIL選手とファレ選手は特に何もしないで終わってしまいました。

 

みんなの味がしっかり出る試合を観てみたかったです。

 

プロレスならではの試合でした。

 

お喋りで油断を誘ったり、騙し騙されで続けてピンチに陥ったり、反則攻撃を食らったように見せたりしてまして、最後は反則フォールでフィニッシュ。

 

ヒールユニットによるコミカルな試合は楽しかったです。

 

厳密にはオープニングマッチではないのですが、『ワタリ』を観るに当たってタッグマッチにはこういうのもありますよと提示したた『ワタリ』最終戦のオープニングには丁度いい感じに仕上がっていました。

 

ボクはピーターさんが全然好みじゃないので、出てないことに特に何も感じてなかったんですが、ここでピーターさんが出てくるとなるとあべみほさんも出てくるんじゃないの?と思えましたので、ちょっとワクワクしてしまいました。

 

長らく観てない内に劣化が進んだら嫌だなぁと心配してます。そろそろあべみほさんには出て来てもらいたいです。

 

結局、EVIL選手はBULLET CLUBにしっかり溶け込んでいるということでいいのかな?

 

BULLET CLUBのお家騒動についても、このシリーズで何某かの結論が出ると期待していたので、ハッキリとしないままだったのはちょっと残念です。

 

今後EVIL選手はどうなるんでしょうね?

棚橋は相当悪い?

次は棚橋弘至&トーア・ヘナーレ vs タマ・トンガ&タンガ・ロアです。

 

あっという間のシャープシューターで決着。

 

その前にロア選手に竹刀で足をぶっ叩かれたというのもあるのかも知れませんが、比較的あっさりギブアップを受け入れてしまったというのは、棚橋選手のヒザが相当悪いのかな?

 

いやいや、もう長年ずっと相当悪いんですけどね。

 

棚橋選手は、鷹木信悟選手とのNEVER戦でドームかと思っていたのです(次の試合でコブ選手が挑戦表明したのでおそらくなくなりました)が、それがないと言うことは、どえらい大物とスペシャルシングルマッチが決まったということなのかも知れませんね。

 

ただ、この『ワタリ』での棚橋選手はほとんど仕事をしてません。

 

これが動けなくて何も出来なかったのか、ドームのためにケガしちゃマズいので、動くのをセーブしたのかで随分意味合いが違ってきます。

 

ボクはドームに現状のベストコンディションを持っていくための温存とヘナーレ選手育成のためのセーブだと思いたいです。

 

ドームでは棚橋選手は誰と闘うんでしょうね

 

ヘナーレ選手はバックステージでいろんな人と絡んでいきたいとおっしゃってますが、誰か一人に絞らないと当てれないと思います。焦ってるのかな。

NEVERに挑戦表明

次は鷹木信悟&SANADA vs グレート-O-カーン&ジェフ・コブです。

 

鷹木信悟&SANADAが勝てば、優勝決定戦進出でしたので、ここは勝つだろうと思っておりました。

 

というのも、鷹木選手はシングルベルトを巻いているので、優勝してタッグタイトルに挑戦はないだろうけども、ファイナリストにならなければ鷹木選手がEVIL選手に劣るということになってしまいますから。

 

ところが、ツアー・オブ・ジ・アイランドで鷹木選手がしっかり負けてしまいました。

 

その後コブ選手はNEVERのベルトを持ち出しましたので、あら急展開?鷹木選手は棚橋選手との防衛戦かと思っていたのに、コブ選手になるのですか?

 

ロープワークもままならない棚橋選手に鷹木選手の相手は少々厳しいでしょうし、ジ・エンパイアに加入した強さが1.5倍くらい増したコブ選手との対戦のほうが楽しいでしょうから、むしろこれで良かったです。

 

それよりもSANADA選手がドームに出られるのかが、心配です。『ワタリ』では何のストーリーも生まれませんでしたからね。

 

解説のミラノさんが、オーカーン選手に絶賛どハマり中ですが、ボクは早くもちょっと飽きてます。何か新しいものを見せて欲しいです。

 

あと、試合後のお喋り、誰かスタンドマイクを用意する人が居たら良いですね。地声も悪くないんですが、帝国放送感を出すなら専用のマイクスタンドがあると良いと思います。

 

なんならそこらにいるヤングライオンに指示して持って来させてもいいでしょう。

石井粉砕

次は石井智宏&矢野通 vs タイチ&ザック・セイバーJr.です。

 

チャンピオンチームが優勝してしまったら、ドームで組むカードが1つ減ってしまいますので、優勝チームと同点にはなるけれども優勝はしないということになるのは、ある意味宿命です。

 

すでに優勝争うチームに公式戦でしっかり負けているので、これはザック&タイチの勝ちで間違いないと思いながら観ておりました。

 

それが意外に、シーソーゲームみたいになりまして、これはここで石井&矢野が勝って、IWGPタッグ戦線にこのチームもエントリーさせるということなのか?と思ってしまいました。

 

実は、この試合がやっていた時間、猛烈に睡魔に襲われまして、この試合結果がほぼわかってるし、リアルタイムで観なくていいかなと思っていたのですが、思いの外のシーソーゲームに目が覚めました。

 

期待も虚しく、結果は予想通りチャンピオンチームが勝ちました。しかも石井選手が完膚なきまでに粉砕されてしまいました。

 

天翔ザックドライバーとザックメフィストを連続して食らった選手っていないんじゃないですか?

天翔ザックドライバー

ザックメフィスト

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

これくらいしないと石井選手から3カウントを奪えないということです。負けても一切価値が落ちません。

 

ただ、石井選手のヒザはかなり悪いんでしょうね。タイチ選手もザック選手も全然狙いませんでしたね。

 

棚橋選手にはこれでもかとヒザを攻撃するのに、あんなに分厚くテーピングを施しているヒザを狙わないのは違和感がありましたね。

 

石井選手、大丈夫かな?ドームはお休みですかね。

フィンジュースの優勝間違いなし

最後はメインのジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー vs 後藤洋央紀&YOSHI-HASHIです。

 

いくらYOSHI-HASHI選手が覚醒したとしても、フィンジュースがここで負けるわけがないと完全に信じ切っていました。

 

ところが、途中後藤弐式が炸裂した時はかなり焦りました。

 

なにしろ後藤弐式は決まれば100%勝ちのイメージがあったからです。そういう負け方はフィンレー選手のお役目かと思っていましたが、今やジュース選手と同格になったわけですから、ジュース選手が負けるということがあるのかも、と焦りました。

 

フィンレー選手が格が上がったからこその焦りでした。嬉しい焦りです。

 

しかし、ジュース選手はこれを難なくキックアウト。

 

ボクの中の後藤弍式神話が崩れました。後藤選手はフィニッシャーを一つ失いました。

 

これでもう間違いなくフィンジュースの勝ちだと確信しました。

 

最後はドゥームズデイ・デバイスで後藤選手を吹っ飛ばすのかと思ったら、プリマノクタからのパルプ・フリクションという以前はよく見た連続攻撃で勝利しました。

 

さて、試合後にG.o.D.と邪道選手がやって来て、フィンジュースをやっつけて、邪道選手のマイクで締めました。

 

最悪です。

 

何が最悪て、邪道選手が締めたからです。ロスインゴのパクリした時以外、気の利いたことを言ったこともない邪道選手が最終戦を締めたからです。

 

しかも、

主役はもちろん、タマ・トンガ、タンガ・ロア、G.o.D with マスターTだ。

このように公式サイトの人にも覚えてもらえないキャッチフレーズを使用している人なんです。全然ダメでしょ?

※これがアップされる頃には修正されてるかも知れませんが。

G.o.D.には不必要な存在なのに、いつまで起用するんですかね?

 

ただ、この最悪な出来事のおかけで、フィンジュースの優勝が確定しました。

 

フィンジュースがやられたままで終わったわけですから、武道館でしっかりやり返して連覇、そしてタイチ&ザックと睨み合いとなるわけです。

 

こっちのほうが盛り上がるはず。

 

G.o.D.の成敗はタイチ&ザックを託したほうがドームは盛り上がる?

 

いやいや、フィンジュースの優勝で間違いなし!

ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング