全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

チャッキーさんから目が離せません@12.6 WORLD TAG LEAGUE 2018 観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回は12月6日の試合の観戦記でございます。ここまでどのチームが何点で、どこがあとどれだけ勝てば優勝決定戦に進出するのかというようなことには、全く頓着してませんでした。 言ってしまえばどうでも良い、日々の試合内容が充実していればそれで良しと思っているからです。テンコジやフィンジュース、DICK N' BALLあたりが優勝決定戦に進出する可能性があるということなら別ですが、いずれも可能性がほぼなし。

 

こうなるともうほぼG.O.D.とEVIL&SANADAで優勝決定戦をやるでしょねって感じなので、勝敗はどうでも良くなってしまいます。もうちょっとどうにかならなかったかな?とは思います。

吉田綾斗&海野翔太 vs 石井智宏&矢野通

海野選手がここに来て、ジャーマン・スープレックス・ホールドを出してきました。

海野翔太のジャーマン・スープレックス

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

なかなかのハイアングルで見事に投げきりました。勢いがつき過ぎて石井選手の身体向こう側に転がってしまってました。こういうのをもっと最初の試合から見せてもらいたかったし、せめてトライくらいはして欲しかったです。

 

そして、そんな海野選手の攻撃をしっかり受け止めた上で、お前なんてまだまだだと言わんばかりに逆エビ固めをフィニッシュに選んだ石井選手も良かったです。

石井智宏の逆エビ固め

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

一度目はロープに逃げられましたが、ドラゴンバックブリーカーなんて渋い技を挟んでの2度目のえげつない逆エビ固めで仕留めました。これはもうシャチホコ固めと呼んでも良いのでは、と思うくらいの反りっぷりでした。

 

ヤングライオンの試合でフィニッシュに使用される技ですが、こうやったらこれくらいの説得力を生み出せるんだぜと教えているようでした。

永田裕志&中西学 vs マイケル・エルガン&ジェフ・コブ

ゴツゴツした身体を持つ者同士のぶつかり合いに期待した中西 vs コブをもっと観たかったですね。コブ選手もレスリング出身者ですから、レスリング出身者らしい攻防も観られそうと期待したんですが、それはありませんでした。ちょっぷり残念。

中西学vsジェフ・コブ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

力比べでは最初は抑え込まれちゃった中西選手ですが、切り替えしてコブ選手を悶絶させました。さらにはいかにも重そうなのにお構いなしに担ぎ上げてしまいました。

中西学vsジェフ・コブ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

中西選手はこの試合でも大活躍。最後はフィニッシャーではないその場飛びのムーンサルト・プレスで負けてしまいましたが、充分楽しませてもらいました。

ハングマン・ペイジ&高橋裕二郎 vs K.E.S.(ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.)

12月5日が誕生日のダイナマイト・キッドさんが12月5日にお亡くなりました。

number.bunshun.jp

お父さんが従兄弟であるスミス選手も思うところあったんでしょうね。この試合ではキッドさん的な技を見せました。カミソリブレンバスターを放ったな時にはちょっとウルッと来てしまいました。

デイビーボーイ・スミスJr.のカミソリブレンバスター

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

そのスミス選手の勢いに一気に押し込まれてしまいそうな感じがしたDICK N' BALLでしたがなんのなんの、でっかいK.E.S.と対等に戦ってみせました。こんないいチームが優勝戦線に絡まないなんてどうかしてます。G.O.D.のほうがポンコツチームなのに。

DICK 'N BALL

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー vs ザック・セイバーJr.&タイチ

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの2人に完勝したことでノリに乗っている感じの我らがフィンジュースでしたが、比較的にあっさりと負けてしまいました。最後もタイチ式外道クラッチという弱めのフィニッシャーでやられてしまうという前回の大活躍が台無しになってしまいそうな負けっぷりでした。

タイチ式外道クラッチ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

こんな技、あっさりキックアウトして逆にグランビーロールで丸め込んでくれることを期待したのですが、ダメでした。

 

さらに悔しかったのはとにかく明るい(←ジュース選手のニックネームの「flamboyant」ってこんな意味じゃないかな〜と思ってます)サイコパス・ジュース選手がザック選手のサブミッションにても足も出なかったことです。

ザック・セイバーJr.のクルックヘッドシザース

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

もうちょっと対抗してもらないと、今後USヘビーやIWGPヘビーを争う間柄になった時に困っちゃいます。今すぐってわけではないので、対抗策を練って欲しいです。

真壁刀義&トーア・ヘナーレ vs 天山広吉&小島聡

ヘナーレ選手が好きじゃないし、評価もしていない僕ですら、いくらなんでもカウンターのラリアット一発で終わりってのは気の毒な気がした試合でした。

小島聡のラリアット

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

このあともう一発、正調のウエスタン・ラリアットで仕留めてもらいたかったです。

EVIL&SANADA vs 鈴木みのる&飯塚高史

鈴木軍が好きということもあるんですが、鈴木軍のどのチームが出ていても試合は必ず面白くなるという印象が出来上がっていまして、この試合も鈴木軍が軸になって面白く転がしているように見えました。

 

特にこの試合のみのる選手のイス攻撃は、このあとの試合で披露するキレちゃったチャッキー選手のイス攻撃がお遊びに見えるくらいの強烈さでした。

 

そして飯塚選手も毎試合ほぼ噛みつき攻撃のみで試合を組み立てていきますが、飽きるどころから今度はどこに噛み付くんだろうと、逆にワクワクしてしまいます。

飯塚高史の噛みつき攻撃

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

噛みつかれる選手のリアクションが素晴らしいというのもありますが、これぞ名人芸と言えます。

ベストフレンズ(バレッタ&チャッキーT)vs G.O.D.(タマ・トンガ&タンガ・ロア)

この試合でのタンガ・ロア選手はかなり機能していまして、毎試合このくらいやれるのなら、チャンピオンとしても恥ずかしくないかも知れないと思えなくもないのですが、毎試合はできないところが、あえてG.O.D.はポンコツであると言い切る理由です。G.O.D.はロア選手の仕上がり次第で、もっともっと良くなるはずです。精進して欲しいです。

 

ただ、今回は切れたチャッキー選手のインパクトに完全に持っていかれてしまいました。

チャッキーTのイス攻撃

チャッキーTの担架へのボディスラム

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ここでのロア選手のイスの受けっぷりは見事でしたが、個人的にはここからもっと反撃していれば100点でしたが、血を出して終わりだったのは残念と言うしかありません。しかも最後はバレッタ選手に丸め込まれちゃったし。

 

結局、BULLET CLUBのスパイ疑惑は完全に消えてしまったのではないでしょうか。ちゃんとオチが用意してあるのか、何だかよくわからんまま終わるのか、やっぱりBULLET CLUBのスパイだったとなるのか、非常に不安なチャッキー選手の暴走ですが、とにかくチャッキー選手から目が離せなくなってしまいました。

 

公式戦は残すところ、あと1日です。リーグ戦の結果は大して興味はなくなってしまいましたが、チャッキー選手はどんな結末を用意してくれるのかに期待しましょう。

 

それではまた。

ありがとう!