全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ジュース&フィンレー好発進!@11.17 WORLD TAG LEAGUE 2018 観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回観戦するにあたって事前にどんなカードであるか知らずに観始めまして、当然メインはワールド・タッグリーグの公式戦なんだろうな〜と思って観ていたのですが、何の脈絡もなくCHAOS vs ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの10人タッグマッチでした。次の日の後楽園でもしかして、石井智宏&矢野通 vs EVIL&SANADAの前哨戦かしらと思っていて確認するとそうでもない。ホントに何の脈絡もないカードがメインということで、ワールド・タッグリーグ開幕戦ともあろう大会がこんなんで良いんでしょうか。

 

セミファイナルに出てきたチャンピオンチームのゲリラズ・オブ・デスティニーも、そんな扱いにされて切ないでしょうね。

BULLET CLUB

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

めげずに頑張って欲しいです。

 

それでは印象に残った試合だけを振り返ってみます。つまり今回感想を書かなかった試合は、イマイチだったという風に受け取って下さい。

第1試合にエルコブ

昨日、柴田勝頼選手のドキュメンタリーを観て、アメリカのヤングライオンたちの頑張っている姿に涙しておったわけですが、

www.loca-neo.com

本場・日本のヤングライオンもヒジョ〜にスパークしていました。

 

第1試合ではマイケル・エルガン&ジェフ・コブという「筋肉の終着駅」コンビがヤングライオンを可愛がるという試合が組まれました。これはチャンスだとばかり、辻陽太選手が前へ前へと出て先発を勝って出ました。

ジェフ・コブvs辻陽太

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

この顔をご覧下さい。良い顔してます。現時点では顔に関しては100点です。こういう気迫はずっと忘れないで欲しいです。

 

そしてもう一人のヤングライオン・上村優也選手のほうも負けず劣らずの活躍を見せてました。躍動感のあるドロップキックを発射してました。

マイケル・エルガンvs上村優也

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

まだ線が細いので、受けにまわると可愛そうって気持ちになってしまいます。なかなか大きくならないタイプなのかも知れませんが、辻選手がどんどんデカくなっているので、焦るかも知れませんがじっくり身体を作っていって欲しいです。

 

かたや相手のエルコブのコブ選手は2冠王ということで、心なしか昨年よりも貫禄が増したような気がします。ただし、肩をケガしているようでヤングライオン相手には問題はないでしょうが、これからもっと上のクラスと勝負する時にどうでしょう。持ち味発揮できますでしょうか。

マイケル・エルガン&ジェフ・コブ合体攻撃

マイケル・エルガン&ジェフ・コブ合体攻撃

ツアー・オブ・ジ・アイランド

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ヤングライオン相手なのに、実に大人げない技を連発して、辻選手を粉々してしまうエルコブ。辻選手を認めたということでしょうか。

成田くんは今日は特に元気

続きまして第2試合。同期になるんだったか、先輩になるんだったか、後輩になるんだったか、ともかくこの頃はずっとコンビ扱いになっていた感のある海野翔太選手がワールド・タッグリーグに出場となり、成田蓮選手のジェラシーの炎はメラメラと燃えていることでしょう。

 

否が応でも注目を集める海野選手よりも、このシリーズでインパクトを残してやろうとしているのが伝わってきます。

ザック・セイバーJr.vs成田蓮

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ザック・セイバーJr.選手との攻防はなんだったら、この日噛み倒し、言い間違いまでして絶不調だった内藤哲也選手よりも対応できていたようにすら見えました。

 

最後はタイチ選手の【天翔十字鳳】が炸裂して負けましたが、素晴らしかったです。今度はタイチ選手にジャンピングハイキックやらタイチ式ラストライドやらを出させるところまで行きたいですね。

 

前シリーズから使い始めた【STF】を披露した成田選手のパートナーで、ワールド・タッグリーグに出場できなかった本間朋晃選手ですが、

本間朋晃のSTF

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

あっさりザック選手に返されてました。繰り出した相手も悪かったんですが、今回のようにフィニッシュにはかなり遠い段階で繰り出していたんでは、新フィニッシャーには使えません。どういうつもりであの場面で出したんでしょう。こけしに変わる新フィニッシャーを模索しているのかと思っていたのですが、そういうわけでもないということでしょうか。

鈴木軍 vs 鈴木軍

この日の試合でいちばんワクワクして観ていたのが、第3試合に突如組まれた鈴木軍 vs 鈴木軍の6人タッグマッチ、鈴木みのる&飯塚高史&エル・デスペラード vs ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.&金丸義信の試合です。

 

仲間だってことを忘れるくらい、みんないつもどおりガンガン行ってました。あ、もしかして次の日に公式戦で鈴木軍 vs 鈴木軍があるのかな〜と思いながら観てましたが、こっちはあるんですね。なるほど、なるほど。でも、メインじゃないのか、残念。

鈴木みのるのゴッチ式パイルドライバー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

最後は見事に金丸選手にみのる選手のゴッチ式パイルドライバーを決めて勝ちましたが、金丸選手の見事な喰らいっぷりに感動しました。とくに炸裂後のリアクションはまさに名人芸。こんなに素晴らしい受けっぷりなら誰でも技を出したくなるはずです。同じ鈴木軍にいるんだから、こういうところをザック選手には学んでもらいたいです。

 

この人が試合にいるといないとでは、試合の厚みというのか深みというのか、全然違うと思います。新日本プロレスは金丸選手を大切に扱って欲しいです。

ジュース&フィンレー好発進!

試合そのものはそんなに見どころがなかったのですが、何しろ優勝候補に推してますから、無視する訳にはいかないジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー。コスチュームの色味を揃えてきてるし、合体技もいろいろ用意している様子ですから、こりゃ本格的にタッグチームとして動き出すということだな、とウキウキしました。

 

いよいよジュース選手の見た目が”マッチョマン”ランディ・サベージさんみたいになってきまして、

ジュース・ロビンソン

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

こうなったらフィニッシャーもダイビングエルボーにしてもらいたいです。

 

で、結局勝つのは見えてますから、どういう勝ち方をするのかがポイントだったわけです。どうせジュース選手のパルプフリクションで終わりなんだろうな〜と思っていたら、ジュース選手のナックルパートからの

デビッド・フィンレーのプリマノクタ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

フィンレー選手のプリマノクタでフィニッシュ。負け役ばかりが回ってくるのだろうと完全に思っていたので、相手がヤングライオンだとしても嬉しかったです。

 

ただ、TAKAみちのく選手のマイクのときと同様に、フィンレー選手のプリマノクタ大爆発でのお客さんの反応が悪いのがちょっと心配です。みちのく選手の場合はある程度仕方がない部分もありますが、フィンレー選手は特になにもないわけですから、もうちょっと沸いても良いんじゃないかと。

 

あ、フィンレー選手のフィニッシャーが浸透してないってことか。

 

ならば、このワールド・タッグリーグシリーズ内で、しっかりプリマノクタを浸透させてほしいですね。開幕戦からフィニッシュを取れるということは、もしかしたら今まで勝てなかった格上の選手からも、この技でフォールが奪えるかも知れません。

 

ジュース&フィンレー好発進!です。

 

きっとそんなことで盛り上がっているのは僕くらいなもんでしょうけど、ますます応援しようという気持ちになりました。早く正式なタッグチーム名が付けばいいな。

 

それではまた。

ありがとう!