全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

プロレスについての持論を展開しつつ、時々脱線するブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

やっぱり船木誠勝はカッコいい:10.15 GREAT Ver.0 観戦記

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

 

今回は10月15日に行われました『GLEAT Ver.0』をYou Tubeで観ましたのでその感想を書いてまいります。

 

プレ旗揚げ戦ということで、じゃあいつ旗揚げなんだ?という来年7月1日なんだそうです。ずいぶん先でここでのことを忘れそうです

 

今回は前半の3試合についてです。

今後が不安になった第1試合

プレ旗揚げ戦の第1試合は相当大事で、ここでスベったらこの団体ダメかも知んないという印象をつけかねないわけです。

 

そこで大ベテランであるカズ・ハヤシ選手とNOSAWA論外選手のシングルマッチを組んできたのだろうと思うんですが、ちょっとスベってたんじゃないかと思いました。

 

カズ・ハヤシ選手は随分久しぶりに観たような気がします。ず〜っと前にマスクマンをやってらっしゃる頃に新日でよく観まして、確か欽ちゃんジャンプを得意とする選手でした。大好きでした。

 

ずいぶん男前なのにマスクなんてかぶっちゃって、もったいないと言われていたのですが、大体そういう場合はそうでもなかったりするんですが、カズ選手は本当に男前でした。

 

ちょっと元TOKIOの山口達也さんに似ておられるのが、凄く良いと思います。いっそ、もっと寄せて行っても良かったんじゃないかと思いました。

 

NOSAWA論外選手もそこそこ久しぶりに観ました。試合巧者というイメージで、どんな相手に対してもある一定の水準の試合が出来る選手という信頼感みたいなものボクにはありました。

 

でも、どういうわけかこの試合ではあんまり噛み合ってない感じでした。

 

特にカズ選手の動きが硬かったように思います。まさか酒を飲んでたというわけでもないでしょうが・・・。

 

ライオンサルトに行くとき、どっちのロープに飛んで良いのか躊躇してたのは、カッコいいカズ選手に衰えを見た気がして、ちょっと寂しくなりました。

 

NOSAWA選手はテンポよくカズ選手が来ないので、戸惑っているように見えました。

 

W-1が活動停止になって、しばらく練習もできない日々があったんでしょうかね。今後のGLEATは何しろ半年以上先ですから、大丈夫かな、さらにカズ選手が動けなくなっちゃってるんじゃないかと不安にさせました。

女子のUWF

試合順を入れ替えて感想を書きます。次は第3試合の朱里 vs 優宇です。

 

女子選手がUWFルールで闘ったことでこれまであったんですかね?ボクは知りません。初めてだったとしたら、そこに朱里選手が選ばれたのはなんか嬉しかったです。

 

スターダムの選手しか知りませんけども、パッとUWFスタイルに対応できそうな選手といえば、朱里選手しか思い浮かばなかったんじゃないでしょうか。

 

かたや優宇選手は初めて動いているところを観ました。

 

イギリスの団体に所属してるとかおっしゃってましたが日本ではフリーの選手のようで、センダイガールズプロレスリングで橋本千紘選手とタッグを組んでおられるそうです。

 

UWFでは大体の選手がレガースつけてキックして、寝かしてサブミッション、時々スープレックスみたいな試合をするんですが、中にレガースをつけないで試合をする選手がいたりするのが、ボク的に楽しいところでした。

 

完全にUに染まらずに普通のプロレスと同様のコスチュームでUのルールで闘うことに妙にワクワクしていたものです。

 

古くは藤原喜明選手なんかもずっとレガースなしでした。ヘッドバットをバンバン飛ばしてまして、確か危険だということで、ヘッドバットが反則になっちゃって物凄く制限されてかわいそうだったのを思い出します。

 

優宇選手はレガースがありません。よってキックは使ってはいけません。

 

逆に朱里選手はバンバン蹴っ飛ばしてきますから、どことなく異種格闘技戦の雰囲気がありまして、楽しかったです。

 

前にも書きましたが総合格闘技はあんまり好きじゃないんですが、異種格闘技戦は大好きです。

 

優宇選手にはかなり驚きました。かわいらしい顔しておられるのに、首から下が物凄いデカいというのが、もう面白いんですけども、Uスタイルでキャノンボールを発射したのが最高でした。

 

新日ではジュース・ロビンソン選手がキャノンボールを使いますが、それよりも遥かに説得力のある1発でした。あれで朱里選手がK.O.されても仕方がないと思わせるほどでした。

 

また朱里選手のキックに対して、ダブルチョップを繰り出したんです。これでダウンを奪ったんですけど、スターダムにおいて腕による打撃をしっかりやれる選手がホント少なくて、もしかしたら女子にはそういう打撃が出来ない理由でもあるのかしらとすら思っていたのですが、ここにいました、しっかりやる選手が。

 

柔道経験者なのかな?巴投げから腕十字なんかもサラッとやってました。

 

また、セントーンまで繰り出しました。1発目はあっさりかわされたんですが、2発目はしっかり決めました。あんなデカいのに動きは全然鈍くないんですね。ホントに素晴らしかったです。

 

かなり優宇選手に興味が湧きましたし、女子のUWFというのももっと観たいなと思いました。

やっぱり船木誠勝はカッコいい

第2試合もUWFルールのダブルバウトでした。船木誠勝&田中稔 vs 伊藤貴則&大久保一樹です。

 

この試合はUWFはUWFでもUインターでしたね。レフェリーが和田良覚さんでしたし。「ギブアップ?」って声が「うわ、懐かしい!」と思わず声が漏れました。

 

UWFで唯一Uインターだけはライブで観てますのでシビレました。

 

伊藤選手がGLEATの所属選手だそうで、今後もUスタイルを継承していくんでしょうね。負けちゃいましたけども、良い選手になりそうな雰囲気はありました。旗揚げ戦には令和のUWF戦士に仕上がっているかも知れませんね。

 

大久保選手も初めて観ましたが、上半身に張りがなく貧弱でしたので現役選手なの?とちょっと心配になりました。試合が始まるとちゃんとしてるということがわかりましたが、ずいぶんパッとしない選手だなと思ってしまいました。

 

かたや船木&田中は大ベテランですが、いささかも衰えを感じさせない動きを見せたのでビックリしました。

 

田中選手もずいぶん久しぶりに動いているところを観たのですが、キビキビ動いていてしっかり練習を積み重ねておられることがよくわかりました。

 

田中選手はUWF系生まれの選手ではありますが、純プロレスのイメージのほうが強いです。Uスタイルにもちゃんと対応できる普通のプロレスラーというイメージでした。

 

そのボクのイメージを崩さないようにではないですが、ドロップキックを出しておられました。嬉しかったです。

 

そして船木選手です。

 

主に若い伊藤選手と闘ってまして、しかも伊藤選手は空手をやっていたということで、打撃では船木選手のほうが不利かも知れないので、寝技で勝負かけるのだろうと勝手に考えていたのですが、船木選手は打撃で勝負します。

 

これが大正解。伊藤選手の打撃をかいくぐってビシッと強烈な打撃を打ち込んでいくのです。一度辞めてた選手なのにこんなに動けるのかと驚きました。

 

伊藤選手と格の違いを見せつけました。

 

船木選手が凄過ぎました。ホントにカッコ良かったです。

 

最近はYou Tubeで喋ってるところしか観てなかったので、とても新鮮でした。もっと船木選手のUスタイルの試合を観たくなりました。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング