好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

全日本プロレス配信エピソード2 観戦記

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。

昨日、ジェイク・リー選手のインタビューのことを書いたのですが、

関連記事

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。先日、選手の週刊プロレスのことを書きましたが、[itemlink post_id="3099"]その時は内藤哲也選手の15周年のことを取り上げました。[sitecard[…]

その時少し触れましたAmazonPrimeVideoだけで観られるという『全日本プロレス配信』を購入しました。

ちなみにエピソードが2つあるんですが、エピソード2を買いました。

今回はその感想を書いてまいります。

全日本プロレス配信 エピソード2

この『全日本プロレス配信』というタイトルなんですが、もうちょっとなんかなかったんですかね?

これはこれで全日的ではあるんですけど、地味過ぎませんか?

サムネイルの写真も小川直也さんと諏訪間選手になっているのですが、ボク的にはこれだけだったら買ってません。エピソード2に宮原健斗選手と向き合っている鈴木みのる選手を見かけたので買いました。

実況:村田晴郎 解説:山崎一夫

一応買う前にレビューを読みました。

実況が若林さんで驚いたなんて書いてありました。おそらく若林さんと言えば、若林健治さんのことだと思うんですが、

若林健治アナウンススクール |

アナウンススクールとしては珍しい、生徒一人に対して一人の講師による一貫指導が魅力。学生も社会人も、アナウンサー内定を目指…

それだったら楽しそうだなと思ったのも購入動機の一つです。

なにしろ、ボクが最も全日を観ていた頃の実況アナウンサーの1人ですので、いろんな思い出が蘇ってきます。

当時の全日のリングに上っていた選手は一人も出てきません。すっかり入れ替わってしまった全日を若林さんはどう実況するのか?それがちょっと楽しみになったのです。

ところが!エピソード2では実況はおなじみ村田晴郎さんじゃあ〜りませんか。

村田晴郎とは? 村田 晴郎(むらた はるお、1970年7月28日 - )は、CSRコーポレーション→ZAI OFFICE…

ボクは新日本プロレスワールドの実況陣の中では村田さんが一番好きなので、若林さんでないことはすっかり忘れて村田さんであることに喜びました。

しかも!解説はなんと新日の解説を勇退なされた山崎一夫さんなのです。

山崎一夫のお店 powered by BASE

伝説のプロレス団体UWFや新日本プロレスで活躍した元レスラー山崎一夫の通信販売公式ショップです。Tシャツ、缶バッチ、その…

山崎さんの解説も大好きだったので、めっちゃ嬉しかったです。また山崎さんと全日って何の接点もないというところが実に刺激的です。

最初にこの2人がド〜ンと出てきた瞬間に、この『全日本プロレス配信』は絶対に面白いと確信しました。

選手がバラエティに富んでいる

今回は試合の感想はまた今度にして、今回はこの配信全体の感想を書いていきます。

この番組の詳細欄を見ると、出演者のところには

青木真也越中詩郎AKIRA望月成晃鈴木秀樹

AmazonPrimeVideo

とあるんですね。

このうち、青木真也選手以外は出てきません。これを見てエピソード2をレンタルか購入した人は怒っちゃうんじゃないですかね?

この出演者だけでもかなりバラエティに富んでいるんですが、今回の出場選手も実にバラエティに富んでおります。富みすぎです。

もちろん知らない選手もいたのですが、いずれもアクが強いです。しっかりプロレスが出来る選手ばかりに思いました。

特に印象に残ったのは、力選手です。力道山先生のお孫さんで、百田光雄さんのご子息。

村田さんは力選手を「独特」と表現してましたが、2013年デビューということですから、9年ほどのキャリアになると思うんですが、体はタルタルだし、技は下手くそだし、変なテンションだし、これ放送しても大丈夫なの?と心配になりました。

力選手だけ、レベルが極端に低かったです。

やっぱり力道山先生の血を引くということで、周りも腫れもの触るように接しているのかな〜という気がしました。お気の毒。

同じ試合に藤波辰爾選手のご子息、LEONA選手も出てました。

こちらもお父さんが偉大過ぎてしんどそうで、これまでに2,3回ほど試合を観たことがあると思うんですが、観てられませんでした。

しかし、力選手が異常だったのもあるのかも知れませんが、良い意味でお父さんの影響下から離れられたのかな、という感じがして、全然気の毒な感じはありませんでした。

地域に密着した団体の選手が登場したり、DRAGON GATEの選手が登場したり、TAJIRI選手も観られたり、楽しかったです。

あ、TAJIRI選手はちょっとボクにはアメリカンが過ぎる気がしました。

一つ一つの動きがあまりに芝居がかっていて、つまんなかったです。

これがTAJIRI選手の持ち味なんでしょうけどね。

そうそう、第1試合に出てきたプロレスリング・バサラの阿部史典選手がすごく良かったです。名前はもちろん、所属団体も全く知らなかったんですが、すごく良かったです。

このバラエティに富んだいろんなタイプの選手がゴチャッとしているのが、まさに全日本だな〜と思えました。

きちんと王道を継承しているように思いました。

もっと観たい!

試合終了後のまとめで、山崎さんが「もっと観たい」とおっしゃっていたのですが、どの試合も多人数のタッグマッチで、しかも試合時間も短めだったようなので、食い足りない感がボクもしました。

昨日取り上げたジェイク・リー選手はもちろんのこと、青柳優馬選手、岩本煌史選手、阿部史典選手、大森北斗選手、ゼウス選手、芦野祥太郎選手、佐藤光留選手、フランシスコ・アキラ選手はもっともっとコッテリ観たくなりました。

もちろんメインで激突した宮原 vs みのるも気になります。

ほぼ良い選手ばかりで、前に見た時はもうちょっとグダグダだった気がしていたので、感激しました。

とりあえずTシャツを買ってみようかなぁという気持ちになってますし、全日本プロレスTV加入も検討しようと思い始めるくらい、本当に楽しかったです。

とりあえず今はもっと全日に触れてみたくなりました。

それではまた。 ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き