好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

こりゃ刀羅ナツコ推しになるわ:7.4 YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Summer 観戦記 2

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。

今回も昨日に引き続きましてスターダムの横浜大会ビッグマッチの感想を書きます。

YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Summer

ワンダー・オブ・スターダム選手権試合とワールド・オブ・スターダム選手権試合の2大タイトルマッチを振り返っていきます。

中野たむ vs 上谷沙弥

シンデレラ・トーナメントに優勝した選手はその後、白いベルトを巻くというのがジンクスがあるそうです。さて、どうなりますか。ワンダー・オブ・スターダム選手権試合、中野たむ vs 上谷沙弥です。

序盤はヨーロピアン

スターダムでは珍しく序盤はヨーロピアンな攻防が観られました。美しいブリッジが売りの一つになっているたむ選手にはぴったりの攻防であったとは思いますが、たむ選手がブリッジで下になって、上谷選手が上に乗っかったらすぐに崩れてしまいました。

いくらなんでもそれはないんじゃないの?とガッカリしました。

お互いがお互いが上に乗っかっても崩れない強靭なブリッジを見せてこそプロレスラーだと思っているので、序盤からいきなりガッカリさせられました。

むしろ崩れても良いのは上谷選手だけです。たむ選手は絶対に崩れたらダメなシーンでした。

こういう攻防にチャレンジするのは素晴らしいことだと思いますが、キチンとやらないとみっともないので、SANADA vs ザック・セイバーJr.とかオカダ・カズチカ vs ウィル・オスプレイなんかを観て、もう少し研究してもらいたいです。

病み上がりの上谷

上谷選手は、この試合の少し前まで欠場していたんだそうです。刀羅ナツコ選手の新技、ピッグドンというダイビング・ヒップドロップを喰らいまして、あばら骨ですかね?負傷して2大会欠場していたそうです。

治療したというよりも悪化させないように欠場したというところでしょう。

この日は、大事なタイトルマッチですから出てきましたが、あばら骨の部分にはテーピングが施されていました。

思えば、渡辺桃選手の腰にもこんな感じでテーピングが施されてますから、試合にはそんなに支障はないのかな〜と思っていたのですが、メチャクチャ支障が出てましたね。

またスターダムでは珍しく、負傷箇所を真正面から攻撃とするという無慈悲さをたむ選手が見せたことにより、あんまり技が出せなくなっていきました。

それでも気迫が物凄くて、やれることはとにかく全部やってやろうという貪欲さが見えました。

これ負傷してなかったら、上谷選手の白いベルト戴冠もあったんじゃないですかね。タイミング悪く負傷してしまいましたね。本人がいちばん悔しいでしょう。

最近は技の精度が上がってきていただけに万全の状態での上谷選手が観たかったので残念でした。

次は黒いキッド

無難に防衛したたむ選手の次の挑戦者は、完全に黒くなったばかりのスターライト・キッド選手でした。

たむ選手はSTARSのことはもうええんかい?的なことを言ってましたが、もうどうでも良いんじゃないかな?自分のことがいちばん大事でしょうし。

そりゃSTARSにいたら、岩谷麻優選手のサポート役しか回って来ませんから。団体のトップに立ちたいなら、岩谷選手とは対岸に立たなくてはなりません。

キッド選手さっそく正念場です。この白いベルト戦で爪痕を残せなかったらしばらくチャンスは回ってこないと思うので、黒いキッドここにありってところを見せて欲しいです。

また、たむ選手が白いベルトを獲ってから、あまり白いベルト戦が盛り上がってないような気がします。

アーティストのチャンピオンでもあるので、どうしても話題が分散してしまって白いベルトに集中できて内観がありますので、ここはキッド選手に白いベルトが渡っても良いんじゃないかと思います。

ちょうど大江戸隊にはベルトがありませんし。

白いベルトかアーティストのベルトのどちらかは大江戸隊にある方がバランスが良いと思います。

林下詩美 vs 刀羅ナツコ

さて、ワールド・オブ・スターダム選手権試合、林下詩美 vs 刀羅ナツコです。

気合十分のナツコ

昨日のスターダムの感想でアリカバの気合が入場を観ただけで伝わってきたというようなことを書きましたが、

関連記事

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。新日本プロレスがしばらく試合の中継がありませんので、スターダムの感想が続きます。やっと横浜のビッグマッチを観ました。YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 202[…]

それは刀羅ナツコ選手も同じでした。比較的最近新調したばかりのコスチュームだったように思うのですが、またしてもニューコスチュームを用意してきました。

あまり装飾がない戦闘スタイルとでもいうべきニューコスチュームでの入場とその表情から、これはナツコ選手の赤いベルト戴冠もあるんじゃないかと思わせました。

※とはいえ、結果を知った上で試合を観てるんですけどね。

そして序盤、ナツコ選手はレスリングで真っ向勝負を仕掛けました。新コスチュームに変えたのはこの攻防からスタートするためだったのか〜とうなりました。

ボクは初めてナツコ選手のレスリング勝負を観たので、こんなにやれる選手だったのかと驚きました。

結果はドクターストップという残念なことになってしまいましたが、もしかしたらケガがなかったらナツコ選手の戴冠もあったんじゃないかと思わせる気合を感じました。

あ、上谷選手のときと同じことを書いてしまいました。

最近、スターダムはケガ人続出なんで、本当に選手の皆さんは気をつけて欲しいです。

ケガするまでは完全に「刀羅ナツコの試合」でした。

逆水平チョップ

この試合のハイライトは机を真っ二つにしたナツコ選手の場外へのボディプレスだと思うんですが、それ以前にナツコ選手の逆水平が素晴らしかった。

ばっち〜んと炸裂すると、お客さんから拍手が起こりました。

無念のケガ

それではまた。 ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き