好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

7.3 FIREWORKS FRENZY 観戦記

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。

先週NJPW STRONGが楽しかったので、今週も観ました。試合そのものもそこそこ楽しめたのですが、棚橋弘至選手が解説であることが楽しめる大きな要因になっていますね。

とても丁寧に説明してくれているので、素人でも理解できて、よりプロレスが楽しくなります。

FIREWORKS FRENZY

この大会タイトルは機械に翻訳してもらいますと「花火熱狂」と出てきまして、ナンノコッチャ全然わからないんですが、

ファイヤーワークスというのは多分、ど〜んと打ち上がるほうの花火なんじゃないかと思うんですが、大会自体は手持ち花火くらいの感じでしたね。

そういえば長らく花火なんてやってませんし、観に行ってもいないですね。

リオ・ラッシュ vs エイドリアン・クエスト

NJPW STRONGに長らく興味のなかったボクですらラッシュ選手が引退するというニュースは知ってました。

もうあと何回試合が観られるのかはわかりませんが、そんなにたくさんは観られないんでしょうね。

AEWの試合でケガをして、

Wrestling-NOW.net レスリングナウ

先日、リオ・ラッシュが引退を発表しました。新日本プロレスとの契約上出場しなければならない試合をこなした後でブーツを脱ぎま…

生まれたばっかりの子供が抱きかかえられなくなったのがショックで引退するんだそうです。

そもそもWWEでは素行不良ということだったそうですし、

Wrestling-NOW.net レスリングナウ

ここ最近、RAW所属のリオ・ラッシュのバックステージ・ヒートについての報道が増えています。ボビー・ラシュリーの相棒として…

身体能力はスゴくてもプロレスをするのには向いてなかったのかも知れませんね。

そうなりますと、しっかり観ておこうかな〜という気になります。

引退のニュースが流れた時、たくさんの方が残念だというツイートを見かけましたので、きっとスゴく良い選手なんだろうな〜という気持ちで観ていたのですが、ボク的にはあんまりピンと来なかったです。

スゴくないことはないんですよ。充分にスゴいんですが、ピンと来なかったのです。

独自のムーブというのをもっておられて、それが素晴らしいというのはわかります。ただ、あんまりカッコよく見えないのが引っ掛かっています。

アタマの大きさに対して体が小さすぎるのが気になっちゃうんです。

むしろ、相手のクエスト選手のほうが好きな感じでした。

派手さはないし、どことなく、元気もないような気がしましたが、

※棚橋選手がモチベーションが上がらないせいで体作りにも精が出ない結果が肉体に現れているというようなことをおっしゃったので、そう見えただけかも知れません。

一つ一つの動きが丁寧な感じがして、何か浮上のきっかけを掴んだらトントン拍子で上に上がれるんじゃないかと思いました。

ま、そもそもクエスト選手がどの位置にいるか知らないんですけどね。初めて観ましたから。

ジョーダン・クリアウォーター vs ヒクレオ

2試合目は両方とも知っている選手でした。

とはいえ、クリアウォーター選手のほうはなんか前に観たときとずいぶん変わったような気がしました。

オフホワイト?薄いグレーのショートタイツだったような気がするんですが、違いましたかね。以前、解説に柴田勝頼選手が来た時にタイツのことをいじられていたような気がします。

長らく試合を観てませんから、その間にいろんな事があったのかも知れません。

やっぱりプロレスって長く観続けることが旨味調味料になりますね。

変な色のショートタイツのイメージしかなくて、どんな試合をしてたか、どんな技を使っていたかなどはサッパリ思い出せませんが、この試合ではなんかモタモタしてましたね。キャリアが浅いのかな?

たしか兼業で金融業?だったかやっておられるんでしたっけ?それで今回のガウンはゴールドだったんですかね。

この、他の選手にはない個性をもっともっと出していけば、面白い存在になれると思うんですが、ヒクレオ選手の前に見事に粉砕されました。

最後の技はハリケーン・ドライバーという技かと思っていたのですが、「トンガンドライバー」という名前がついていました。ということはヒクレオ選手のオリジナル?フィニッシャーということですね。

背の高い選手がやると実に説得力があります。

つい先日GLEATで河上隆一選手が使ってましたね。河上選手はいろいろ工夫して出してましたが、ヒクレオ選手の場合は、普通に繰り出すだけで必殺です。

観る度にヒクレオ選手はいい感じになっているのでそろそろ日本にも来てもらえませんかね。G1に出場して欲しいです。

新日には見るからに大きいって選手があんまりいないので、観たいです。

フレッド・ロッサー vs ベイトマン

3試合目は味わい深い試合でしたね。

ボクにとってはどちらも初めて観た選手なのですが、どっちも面白い良い選手だな〜と思いました。またNJPW STRONGに興味が湧きました。

ロッサー選手はヒップドロップが得意技ということで、確かに下半身の仕上がりっぷりが素晴らしく、田口隆祐選手のようにガンガンケツ攻撃を繰り出すのかと期待していたのですが、それはありませんでちょっと残念でした。

かつてWWEでタッグチャンピオンもやっていたそうですから、本来はタッグ屋なのかも知れませんね。棚橋選手がタッグを組みたがっていましたが、実現すると日本でも活躍しそうです。

何しろ髪型が良い。憧れのアフロ。もし棚橋選手とタッグを組むなら棚橋選手にもアフロにしてもらいたいです。

かたやベイトマン選手もクセが強くて良かったです。入場で見た時は、なんとなくマーティー・スカル選手を思い出しました。ダリみたいな感じが。

ま、ダリのことはほとんど知らないんですが。

そういえばスカル選手は今どこで何をやっておられるんでしょうか。

そのベイトマン選手ですが、なんと相手の靴紐を解いての足攻めという独特の攻撃を見せました。

実況でも靴紐を解くなんて観たことがない、なんておっしゃってましたが、マスクの紐を解くことがあるくらいですから、これまで誰も靴紐を解いてこなかったほうが不思議です。

ただ、靴紐を解かれたロッサー選手的には、靴を脱いだりしてなんとかしようとしていた様子ですが、試合続行は難しかったみたいで、唐突にエメラルド・フロウジョンで叩きつけて試合を終わらせました。

片方靴の調子が悪いだけで、試合が出来なくなってしまったのでは、ダメですね。だから、これまで誰もやらなかったんだな〜と思いました。

もっと動いているロッサー選手を観たかったので、ちょっと残念でしたが、楽しめました。

それではまた。 ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き