好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

デンジャラス・デッカーズがチャンピオンになるための振り:7.23 SUMMER STRUGGLE in OSAKA 観戦記

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。

今回も昨日に引き続きまして、大阪大会のセミファイナルとメインの感想を書きます。

SUMMER STRUGGLE in OSAKA

セミとメインの前に少しだけ。

後藤洋央紀選手のホイッスル、とっても良かったですね。体育教師感が異常でした。

あんなにしっかりメガ・コーチズと絡むとは思ってませんでしたので、かなり楽しかったです。ただ、一抹の寂しさもあります。

楽しかったし、また観たいとは思ったのですが、こんな事してる場合か!と思う気持ちも湧いてきました。

四天王プロレス

まずはセミファイナルのSANADA vs タイチです。

タイチ選手は、一昨日ゲスト解説として登場した棚橋弘至選手が言っていたように、四天王プロレス市場を独占していて、このところずっと「一人四天王プロレス」を展開しています。

ボクも世代ですから、タイチ選手が四天王プロレスを思い起こさせる動きをする度に嬉しくなってしまうのですが、今回はタイチ選手と同じく元全日本プロレスのSANADA選手も一緒になって四天王プロレスに乗っかっていたので、より嬉しくなりました。

おっと、その前に。

乗っかると言えば、この日のゲスト解説者は金丸義信選手でしたが、タイチ選手の横綱審議委員会に注意されたというネタに金丸選手がさっそくのっかっていました。

そういうことに乗っかるタイプではないと思っていたので、驚きつつ笑わせてもらいました。

一流のプロレスラーはあらゆることにしっかり対応できるものなんですね。

そういえば、金丸選手もまた元全日でしたが、ボクの中では元NOAHというほうが強いです。

さて、今回のタイチ選手はいつも以上に四天王尽くし。

ジャンボ鶴田さん的拷問コブラは厳密いうと四天王プロレスとは違いますが、それで始まりまして、川田利明さん的ジャンピング・ハイキックにステップキックに、聖帝十字陵という名のストレッチプラム、腕をとっての後ろ回し蹴りにラストライド後の抑え込み、これまた四天王プロレスとは違うのかも知れませんが、テリー・ゴディさん的人間魚雷ラリアット、そして、田上明さん的喉輪落とし。

さらには「オレが田上」も狙いました。これは公開される日も近いでしょうね。

四天王プロレスと言っても、主に川田&田上の技を使っているのがボク的にはたまりません。

そこにSANADA選手がローリング・エルボーからのタイガードライバーと華を添えたわけですから、もうここでお腹いっぱいでした。

SANADA選手はムーンサルトプレスも使いますが、これは小橋建太さん的なものではなく、武藤敬司選手的なものでしょうから、これは四天王プロレスではありません。

SANADA選手のタイガードライバーは今後も使っていって欲しい技です。アタマから落とすだけがプロレスじゃないと言っていたSANADA選手的には四天王プロレスは真反対なので、あんまり乗っかりたくないのかも知れませんが、タイガードライバーはそこまでアタマから落としてませんし、タイガースープレックスもお使いになるので、良いんじゃないかと。

最近は、タイガースープレックスよりもオースイスープレックスのほうがよく使用されてますが・・・。

あとはどんな決着を見せるのか、がポイントになってくるのですが、最後はタイチ選手がSANADA選手の土俵に乗っかった形になりました。

タイチ式外道クラッチで決まっても良いと思ったんですが、それをひっくり返してのオコーナーブリッジとはシビレました。

最後まで2人はきっと仲良しなんだろな〜と思わせる展開で楽しかったです。

一方的な内藤

さて次はメインの内藤哲也 vs ザック・セイバーJr.です。

全く想像していなかった試合展開に驚きました。

これまで内藤 vs ザックというと、内藤選手がザック選手のサブミッションの前に成す術なく負けてしまうという印象がありましたので、内藤選手がどこまでザック選手のサブミッションに対応できるのか、を観るものだと思っていました。

ところが、最初から最後まで、ずっと内藤選手が主導権を握ったまま、あっさりとザック選手を倒してしまいました。

内藤選手の魅力は、相手の打撃や投げ技を豪快に受け切るところにあると思っているのですが、ザック選手にはそういう技がほとんどありませんから、ザック選手の技を受けるとなると、サブミッションとなってしまい、ただただヒーヒー言わされるだけになってしまいがちだったのです。

それを今回はあの手この手でザック選手を撹乱して、イラつかせて、逆にSANADA戦で痛めた膝に攻撃を集中して、時にジャベをまじえて、逆にヒーヒー言わしてました。

なんか、ザック選手との試合がやっと掴めた感じがしました。

今後はこのカードはもっと面白くなるんじゃないかという気がしました。

デンジャラス・デッカーズの勝利を期待する

次はドームのIWGPタッグ選手権試合になります。

内藤選手が1勝1敗、SANADA選手が1勝1分け、タイチ選手が1勝1敗、ザック選手が1敗1分けという結果になりました。

ザック選手だけが勝てなかったのです。

ボクはこれをタイトルマッチの振りだと捉えています。

ザック選手の膝がそんなに問題ないとして、次はザック選手が内藤選手から勝ってタイトルを奪還するのではないかと思います。

なにしろタイトルは、ザック選手が内藤選手のデスティーノで負けてしまい奪われました。この日と同じフィニッシュです。

同じ技で続けざまに負けてしまったわけです。そして、この試合に関わる選手の中で唯一の勝ちなしです。

このままではあまりにもザック選手が気の毒です。

ドームでしっかり星を返してもらって、再びタッグ王座についてもらわなきゃ困ります。

ということで、数多のロスインゴファン、ならび内藤ファンには申し訳ありませんが、内藤&SANADAは一度も防衛せずにチャンピオンではなくなります。

デンジャラス・デッカーズ推しにとっては厳しい結末でしたが、それもこれもドームまでの溜めと考えることにしました。

さて、どうなりますか?

それではまた。 ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き