好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

なんとなく勝つ飯伏:6.7 DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL 観戦記 2

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。

今回は昨日に引き続きまして、DOMINIONの観戦記です。

関連記事

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。大会名に日付が入っているので、いつものように日付からの大会名と書いてみると奇妙なことになっています。オカダ・カズチカ vs 鷹木信悟今回はメインのIWGP世界ヘビー級王座決定[…]

取り上げるのはセミファイナルの飯伏幸太 vs ジェフ・コブです。

飯伏幸太 vs ジェフ・コブ

メインの結果から考えると、セミでは飯伏選手が勝つしかなかったと思えてきます。

一夜明け会見でも鷹木信悟選手が新日に来たのは飯伏選手がいたからだというようなことをおっしゃっていたのですから。

ただ、どうですかね、この試合。

コブ選手が負けた感じが全くしないし、この試合を2回観たんですが、勝つことになっていたからなんとなく飯伏選手が勝ってしまった、そんな感じです。

次のIWGP世界ヘビーは鷹木 vs 飯伏ということになると思うんですが、これを見ると飯伏選手は鷹木選手には勝っちゃイカンと思わせました。

圧倒的コブ

タイトルマッチにはほとんど前哨戦がなかったのに、このタイトルも何もかかっていないカードだけはたっぷりと前哨戦に時間を取ってきました。

その中で、現在のコブ選手の充実ぶりを嫌というほど見せられて、このコブ選手に勝つには相当インパクトの大きな何かがないとしんどいな〜と思っていました。

それに予想でも書きましたけども、

関連記事

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。昨年に引き続き、毎年ライブ観戦していたDOMINIONを今回も休むことにしました。そんな中DOMINION絡みの発表がございました。[blogcard url=https://www.[…]

このところの飯伏選手の扱いも気の毒なので、なんとかしっかり勝って弾みをつけてIWGP世界ヘビーと行って欲しかったですが、コブ選手のほうが圧倒的にインパクトが大でした。

展開としてはメインとほぼ同じで、コブ選手がほぼ攻めっぱなしの印象です。だからメインもオカダ・カズチカ選手が勝つのかと思ってしまったところもあります。

小技が全部大技に見える圧倒的なパワーは、やられっぷりがヨシヒコ(ダッチワイフ)のような飯伏選手だけに余計にインパクト大でした。

とくにF-5000はスゴかったです。久しぶりに観ましたが、あんなに人って回るの?と驚きしかありません。

この技はフィニッシャーとして使ってもいいくらいのインパクトです。

そして、この試合でも爆発しましたコブゴェ。

本家本元である飯伏選手のカミゴェは2発飛び出しましたが、いずれのカミゴェよりもコブゴェのほうがインパクト大でした。

あとはツアー・オブ・ジ・アイランドを待つのみだったのですが、カミゴェが当たっちゃいました。

今のコブ選手なら、2発目の生膝カミゴェもキックアウトしても大丈夫だったと思います。

その前の倒れ込んでの膝が効いたということなんでしょうが、ボクには物足りなく感じました。

2発目をキックアウトされても両腕を持ったままにして、そこに狂ったようにストンピングを繰り出して、3発目のカミゴェでフィニッシュ、もしくは2発目キックアウトされてから、後ろからカミゴェからのもう一度正面からカミゴェでフィニッシュのほうが飯伏選手が難敵を倒した感が出たように思います。

それぐらい徹底的にボコボコにしないとコブ選手が3カウント獲られる感じがしないんです。

その辺を当人たちが理解してなかったのかな?と思いました。

飯伏選手にとってカミゴェ1発スコーンと決めて勝つと云うキレイな勝ち方は違うと思ってます。

人でなしドライバーに代表されるような、頭がおかしいんじゃないか?と思わせるムチャクチャな、破天荒さが魅力だと思うんです。

近頃はキレ芸もなくなりました。

本隊のトップとして正統派を求められているのかも知れませんが、それは飯伏選手の魅力を潰しているのです。

こんな試合ばかりしていたら、戦績が良くても、盛り上がらないというのが続くことになるでしょうし、盛り上げられないとチャンピオンを任せることは出来ません。

次のエースは、飯伏選手ではないのかも知れません。

インパクトを狙ってはいたが・・・

飯伏選手も大きなインパクトを狙っていたとは思います。普通に勝ちゃあ良いとは思っていなかったとは思います。

それがトップロープからのラ・ケブラーダであったり、コーナー最上段に立っている相手への雪崩式フランケンシュタイナーだったんだと思います。

ただ、これらは最近見せなかっただけでかつての飯伏選手なら、毎試合飛び出してても不思議じゃないレベルの大技です。

ボクが期待する飯伏選手の技ってこのレベルじゃないんです。

もっとムチャクチャなのを希望しているので、ボク的にはインパクトが小さめでした。実況席は盛り上がってましたが・・・。

例えば、場外への飛び技だとラ・ケブラーダではなくカンクーン・トルネードのほうが良かったと思います。

コーナー最上段での攻防であるならば、雪崩式のカミゴェとか、スパニッシュ・フライでも良かった(飯伏選手なら出来るんじゃないかと思います)かな、と思います。

飛べるヘビー級にはウィル・オスプレイ選手がいますし、飛び技に関してはもしかしたらそんなに大きなインパクトにはならないかも知れません。

でも、最近飛んでないけどその気になればオスプレイ選手に負けない飛び技ができることを証明すれば、おおいに盛り上がるはずです。

ただそれはケブラーダやフランケンというチョイスではないと思いました。

コブ選手に対抗するには、打撃で活路を見出すしかない的なことを解説のミラノコレクションA.T.さんもおっしゃってましたが、その打撃が軽いものしか出てないのも良くなかったですね。

受けたのコブ選手だから軽く見えたということもあるんでしょうが、セオリー通りにローキックをいっぱい重ねて動けなくするという展開があっても良かったかなと思います。

そうそう、ボマイェの軽さはなんとかならんものかと思いました。あれはやっぱり使わないほうがいいと思います。

コブは帰ってくるよね?

コブ選手が砕け散りました。

試合後はノーコメント。次期シリーズにはユナイテッド・エンパイアはお休みです。

このままコブ選手が新日から去ってしまうんじゃないかと不安です。

この試合が最後だから、出来るだけたくさんの技を披露してくれたんじゃないかと思えてきました。

史上最強のコブ選手を以てしても、イケメン日本人に勝てないとなると、ちょっと嫌気が差すんじゃないかという気もします。

せめてバックステージで次は必ず勝ってやるみたいなことを言って去ってくれたら良いんですが、ノーコメントだと不安になります。

IWGPも「世界」なんて余計な言葉がついたからには、外国人選手がバンバン巻いたら良いと思いますし、コブ選手は巻くにふさわしい選手だと思いますので、ぜひ次の次のシリーズには帰ってきてもらって、ベルト戦線を賑わして欲しいです。

今年もG1は秋開催なのかな?

G1には帰ってきてね、コブ選手。待ってます。

それではまた。 ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き