好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

【AEW】【NJPW】6.26 AEW✕NJPW:FORBIDDEN DOOR 観戦記 2

AEW

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

前回に引き続きまして『禁断の扉』の感想パート2を書いてまいります。

AEW✕NJPW:FORBIDDEN DOOR

BUY IN MATCHが想像していた以上に楽しめたので、本番?のハードルがぐんと上がってしまいました。

だがしかし、上がった期待値のハードルも第1試合は軽々超えていくのでした。

この日のベストバウト

まずは第1試合のクリス・ジェリコ&鈴木みのる&サミー・ゲバラ vs エディ・キングストン&ウィーラー・ユウタ&海野翔太です。

ジェリコ選手とみのる選手が組むのがどうにもしっくり来なかったんですが、卒なくこなしてましたね。

やっぱり名人・達人クラスになると自分のキャラをキープしつつも全体としてはきちっとまとまるように試合を構成できるものなんですね。

個人的にはユウタ選手とみのる選手のじっくりとした絡みを観たかった思いもありますが、ユウタ選手のほうがAEW仕様なのか、結構派手な攻撃を見せてまして、ボクが求める地味な攻防はまた日本でやってくれたら良いかな、と思いました。

入場から楽しかったですね。

ジェリコ選手のテーマもみんなで歌うし、みのるのテーマもみんなで歌う。

ちょっと前までボクらだってそうしてたんだな〜と、アメリカでの試合を見るとメチャクチャ羨ましくなりますね。

外国での「風になれ」大合唱は何度も観ているのですが、やっぱり英語圏の人が日本語で歌ってくれた、日本人のレスラーを愛してくれたということにまたしても涙が出てしまいました。

さて、初めて観る選手が2人いまして、1人はキングストン選手です。

こちらは川田利明リスペクトでコスチュームのカラーが黒と黄色なんだそうですね。

使う技も四天王時代の技を使っておられまして、これはもう日本でタイチ選手と対戦してもらいたくなります。

不格好で単にマネをしてるだけなのかな、と思っていたのですが、バックドロップなんかはゲストのハリウッドザコシショウさんもおっしゃってましたが、ジャンボ鶴田さん的なきちんとしたバックドロップでした。

そこは川田さんみたいなバックドロップじゃないのね、と思っちゃいましたがそれはそれで良かったです。

楽しい選手でしたのでもっと観たかったです。

そして、もう1人はゲバラ選手ですが、彼女?のタイ・コンティという人とイチャイチャするだけの選手なのかと思っていたのですが、メチャクチャ動きが良くて、何でも出来る感じでビックリしました。

体格的には日本ではジュニアになるのかな?

来年の『スーパージュニア』にぜひともコンティさんも一緒に来て欲しいですね。

ちなみにコンティさんが柔道の黒帯だという情報を元井さんからもらったミラノさんが「あんなにかわいいのに?」と聞き返してましたが、それじゃまるで柔道の黒帯を持つ女性はブスばっかりと言ってるようなもんだな、と思いました。

最近では言っちゃダメなやつなんじゃないかな?

この試合一番輝いて見えたのは、海野選手でした。

コスチュームがどうもサイズにあってないようで、ちょっと弛んでて足が短く見えがちではありましたが、若い頃の棚橋弘至選手みたいに見えました。

ま、若い頃の棚橋選手のことはあんまり知らないんですけどね。

若い頃から棚橋選手を知っている方が観ると、今の海野選手はどう見えたのかな?というのが気になります。

ジェリコ選手に勝っちゃいそうな雰囲気を作った時点で、ほぼほぼ海野選手の勝ちです。

てっきりカンタンにジェリコ選手に負けちゃうんだろう、と思っていたのでビックリしました。

海野選手のオリジナリティが加わった技(もしかしたらスイングDDTからの垂直落下式ブレーンバスターがそうなのかも知れませんがボクは新しさを感じませんでした)が何かあれば、いつでも日本に帰ってきて大丈夫なんじゃないですかね?

来年の正月のドーム辺りどうでしょう。

このところ、海外に出た若手はみんなヒールサイドなので、そろそろ本隊に戻ってくる若手がいても良いんじゃないかと思います。

男前ですし、これで棚橋選手的なちょっと抜けたところがあれば「エースを継ぐもの」になれるんじゃないですかね。

第1試合から、この面白さ、このクオリティってこの先どうなるの?とワクワクしたんですが、ボク的にはこの試合がピークでした。

ここから緩やかに面白さが落ちていきましたので、この日のベストバウトはこの試合でした。

エンパイア勝敗に絡まず

次は第2試合のROH世界タッグ&IWGPタッグ選手権3WAYマッチ(WINNER TAKE ALL)ダックス・ハーウッド&キャッシュ・ウィーラー(FTR) vs ジェフ・コブ&グレート-O-カーン vs ロッキー・ロメロ&トレント・バレッタ(ロッポンギ・ヴァイス)です。

FTRのハーウッド選手がエルボードロップを放った際にどうも肩を痛めたみたいで、早々に戦線を離脱してしまいました。

元井さんの話では脇腹を痛めているということでしたが、ボクには肩が痛そうに見えたのですが、情報の正確さには定評がある元井さんの言うことですから、痛めているところをまた痛めたのか?と思うことにしました。

したらば、しばらくしてハーウッド選手が戻ってくると肩にテーピングしてました。

う〜ん。

で、その戻ってきたハーウッド選手は満身創痍で敵チームを蹴散らして、最後はテンコジカッターのカッター部分がコードブレイカーをする、おそらくFTRのフィニッシャーなんだろうと思われる技でFTRが勝ってしまいました。

エンパイアの2人はまたしても勝敗に絡まずにベルトを獲られてしまいまして、今後もAEWに継続参戦ということなのかな〜と思いました。

ただ、AEWにはAEWのタッグベルト(王者はヤングバックス)もあって、IWGPタッグがROHのタッグベルトと一緒くたにされてしまったことで、AEWタッグの価値のほうが上な感じがしてしまってます。

これは新日ファンとしては気に入らないので、ぜひともエンパイアの2人にはIWGPを取り返すついでにAEWとROHのベルトもまとめてぶんどって、ドームで防衛戦をして欲しいです。

久しぶりに見たバレッタ選手ですが、特に何の印象にも残りませんでした。

坊主にして余計に地味さがパワーアップしましたね。

4WAYは薄味

次はAEWオールアトランティックチャンピオンシップ初代王座決定4WAYマッチのマラカイ・ブラック vs PAC vs クラーク・コナーズ vs ミロです。

コナーズ選手以外はよく知らないし、コナーズ選手はこのベルトを取って石井智宏選手と防衛戦がやりたいなんて言っていたそうですから、これはコナーズがんばれ!となってしまうわけです。

ところが他の選手の個性が強くてコナーズ選手があんまり目立てなかった印象です。

特にミロ選手には攻撃が全然通じなかったので、ちょっと気の毒な感じもしました。

ミロ選手的にはもしかしたら石井選手と闘いたかったのに、なんでこんなヤングボーイとタイトル懸けて闘わなあかんねん的な感じだったんですかね。

いつか、コナーズ選手にミロ選手をボコボコにして欲しいです。

「ミロ」というこれを思い出して(家に常備してます)、

created by Rinker
¥2,200(2022/09/30 23:18:11時点 楽天市場調べ-詳細)

あんまり強そうな感じがしないのも違和感ありまくりでした。

一人ひとりは実力があっても4WAYという形になると全員の持ち味が薄味になってしまいもったいない気がしました。

一度にたくさんの選手を出せるという運営側の意向があるのでしょうけど、観る側としては物足りなさを感じてしまいました。

これも4WAYにせず、トーナメントにしてシングルを3つにしてたら、それぞれがもっと輝けてた気がします。

ヤングバックスはまた日本に来て欲しい

今回の最後はニック・ジャクソン&マット・ジャクソン&エル・ファンタズモ with ヒクレオ vs スティング&ダービー・アリン&鷹木信悟です。

いや〜役者が違いますね、スティング選手。

リビングレジェンドのスティング選手がいきなり最初から飛ばしてました、いや飛んできました。

この前、引退を表明した武藤敬司選手のライバルだった選手ですから、もうなかなかのお歳で、きっと存在感のみで試合を成立させてるんだろうな〜とカードを見たとき思ったんですが、なんのなんの問題なく動いてました。

それを観られただけでもちょっと満足しちゃったんですが、ファンタズモ選手の悪ノリ(乳首つねり)にもちゃんと対応しておられて、これがレジェンドのレンジェドたる所以だな、と感激しました。

久しぶりに見たヤングバックスは変わらず連携が素晴らしいですね。

またビッグマッチ限定で日本に来て試合して欲しいです。

ケニー・オメガ選手はいけ好かないのですが、ヤングバックスは嫌いじゃないので、今後とも新日をよろしくお願いしますと言いたいです。

ところで、ケニー選手はAEWやめたの?

全然出てきませんでした。

飯伏幸太選手と同じように怪我で欠場中なのかな?

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き