好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

今年のベスバウト候補:6.2 Road to DOMINION 観戦記

元気ですか〜?! どうも、ろけねおです。

今シリーズは6.7の大阪城ホール大会が大オチですから、今大会目は「Road to」がアタマについているのです。

しかしこの日のメインは、シリーズの最終戦のような満足感がありましたね。

Road to DOMINION

今回はメインの感想を書くんですが、その前に少しだけその他に試合にも触れます。

大阪城ホールでは3つシングルマッチが決定していますが、IWGP世界ヘビー級だけ大した前哨戦もないのはもったいないですね。

飯伏幸太 vs ジェフ・コブなんて、もう見せ合うことや出来るこもがなくなって、試合後に荒れるというところまで来ましたが、これをやるくらいならオカダ vs 鷹木の絡みを少しでも観たかったです。

ま、CHAOS vs ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがメインにタイトルマッチをするので、鷹木選手はシングルマッチで出撃するしかなかったので、絡みようがなかったんだけなんですが、なんなら休憩中にでも調印式でもやって、2人の罵り合いが観たかったですね。

デスペラード選手がまだ本調子ではなかったですね。試合勘ってそんなにカンタンには戻らないものなんですね。

それに引き換えYOH選手がかなり仕上がってました。当日はこの感じで行こうという腹が決まったように見えました。ちょっとYOH選手の二冠王というのがあるかも知れないと思えてきました。

最後はスターゲイザーだと思っていたのですが、新日本プロレス公式サイトを見ますと、

YOH&SHO&田口隆祐 vs エル・デスペラード&金丸義信&DOUKI
出典:新日本プロレス公式サイト

「Out Of Print」ってなってます。技名変わっちゃったのかな?

コスチュームがモノトーンに落ち着いたので、技名もそれに合わして地味な感じに変えたんでしょうか。

その次の試合は一昨日チャンピオンになったタイチ&ザック・セイバーJr.のデンジャラス・テッカーズが登場しましたが、かなり状態が悪いみたいですね。

試合時間がなんと2分24秒!

怪我で欠場となった邪道選手の代わりに急遽出場した外道選手があっという間にギブアップしました。

邪道選手が、負傷により6月2日(水)後楽園ホール大会を欠場となります。邪道選手の試合を楽しみにしていた方には、誠に申…

それにしても、邪道選手はどこで怪我したんでしょ?試合してなかったのに。練習中かな?本当にDOUKI選手が気の毒です。

大阪城のダークマッチでDOUKI選手とのシングルを組むのもアリだなと思っていたのですが、邪道選手があんな感じなので、あんまり引っ張りすぎてもダメな気がします。

内藤が燃えている

それではメインのNEVER無差別級6人タッグ選手権試合、後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI vs 内藤哲也&SANADA&BUSHIです。

ずっとCHAOS側のチームリーダーは石井選手だと思っていたのですが、後藤選手みたいですね。ごめんなさい。このところずっと表記順間違っていたはずです。

この試合で印象的だったのは、内藤選手が燃えていたことですね。

あんまりやる気が出てないんじゃないかと勝手に思っていたのですが、石井選手相手にしたときだけでなく、どのシーンに置いても「100%内藤哲也」って感じで、本当に楽しかったです。

やる気ないとか、不貞腐れてるとか書いてごめんなさい。

いつもなら相手を引き寄せてのバックエルボーをコッテリ使う内藤選手が通常正面から首筋に打ち込むエルボーを多用していたのも、この試合はいつもと違うギアが入っている感がして良かったです。

相手のやる気を削ぐというか、スカすのが得意な内藤選手ではありますが、ムキになっている内藤選手のほうがボクは好きです。

普通ならすぐムキになる石井選手を最後まで小馬鹿にするはずなのですが、石井選手の土俵に乗って、石井選手に気迫でも全く見劣りしない闘いを見せてくれました。

試合後のコメントで、タッグの楽しさを再認識したようなことをおっしゃっていました。

もう一度今回の3人で6人タッグのベルトに挑戦するのもありだと思いますし、ぜひまたやって欲しいカードです。

また、SANADA選手とタッグ戦線に参入したいという気持ちになっている様子でした。

ということは、デンジャラス・テッカーズの次なる挑戦者候補に名乗りを上げたということでしょうか。

新日にはタッグチームが根付かないんで、シングル戦線で光を放ちたい気持ちはあるでしょうけども、タッグの連携と言えばロスインゴですから、ロスインゴからタッグチームは出して欲しいし、そこに内藤選手が絡むというのはワクワクします。

今度はシングルとタッグの二冠王を狙うというのでいいんじゃないでしょうか。

BUSHIを応援

最後はYOSHI-HASHI選手がバタフライロックでBUSHI選手を仕留めましたが、BUSHI選手に勝って欲しいな〜とメチャメチャ応援してました。

YOSHI-HASHI選手もBUSHI選手もそんなに好きな選手じゃないので、普段ならこのマッチアップで試合が決まる感じになると興味がなくなってくるんです。

でもこの試合は違いました。

YOSHI-HASHI選手は今シリーズも絶好調で、過去最高レベルの動きの良さを見せてまして、しかもこの試合も肩に故障を抱えながらも本当に素晴らしかったです。

またBUSHI選手は口のところが隠れちゃうマスクになってから、全く表情がわからないのに、この試合では声を張り上げて、気合が入っていることを全身で表現していましたので、引き込まれました。

上から押しつぶす形の技であるバタフライロックは、小柄なBUSHI選手にはキツそうなので、ああなってしまうと仕方がないかなと思わせる説得力がありました。

必死に内藤選手が助けようとして石井選手をボッコンボッコンに蹴っ飛ばしたけど、ギリギリのところで石井選手の膝十字かな?に捕獲されて助けられないというのは、切なさが出て良かったです。

名シーンでした。

それに久しぶりにBUSHI選手のフィッシャーマン・スクリューが炸裂しましたね。あの技は仕掛ける体制に入っても決まらないものだと思っていたのですが、決まりました。久しぶりに観れて嬉しかったです。

きっとこの技からさらにテリブレも決められたら、勝ってもおかしくなかったと思いますが、テリブレは体制にも入らせてもらえませんでした。残念。

今年のベストバウト候補

現チャンピオンの功績は大きいです。

このベルトの価値を上げ続けていますし、6人タッグの面白さも再認識させてくれました(面白い6人タッグは全日系でしか観られないと思っていました)し、何よりくすぶり続けていた後藤選手とYOSHI-HASHI選手が光り輝いているのが素晴らしいです。

YOSHI-HASHI選手が永遠に防衛していくと宣言したんですが、6人タッグはこのチームがチャンピオンだから面白いので、ずっとチャンピオンでいいかな、と思えます。

オカダ・カズチカ選手のIWGP最多防衛記録V12を超えて防衛して欲しいです。

ただ、タッグの名手であるロスインゴの挑戦を退けたとあると、もう次の挑戦チームがないんじゃないかという気もします。

石井選手がバックステージで次は本隊の腰抜けどもか?とか言ってましたが、本隊にこのレベルの試合を成立させるチームが作れますかね?

たぶん、この試合が現在の新日における6人タッグの最高峰です。

あるとするならば、次はBUSHI選手と鷹木選手か高橋ヒロム選手を入れ替えるくらいでしょうか。

ヒクレオ選手がいたら、G.o.D.とトリオで挑戦というのもいいと思いますが、日本には来ないですか?

今年のベストバウト候補にあげてもいいレベルの試合でした。大満足です。

それではまた。 ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き