好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

【スターダム】DDMはもう分裂している(ように見えた):2.25 津市大会 観戦記

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

本日は更新が大変遅くなってしまいまして、申し訳ございません。

今回はスターダムの津市大会の感想を書きます。

津市大会

時系列があべこべなんですけども、先日の両国国技館大会の記者会見を観た後に観ました。

関連記事

元気ですか〜?!どうも、ろけねおです。衝撃的でした。https://www.youtube.com/embed/lEGCzafdsvI【生配信】3・26&27『LECクリンぱっ!Presents STARDOM[…]

それまでと違って見えているように思います。

マイエンブレムは期待してるということか

まずは鹿島沙希&琉悪夏 vs 中野たむ&月山和香です。

月山選手の打撃(特にエルボー)以外は良くなってます。

この試合でいえば、たむ選手がフィニッシャークラスの技をぶっ放したあとに月山選手が丸め込むというようなシチュエーションを限定すれば勝つことも可能なところまでは来たように思いました。

打撃(しつこいようですが特にエルボー)も音を聞いているとそこそこ重くなっているような気もするんですが、フォームがいつまで経っても手を打ちです。

※もう完全にエルボーの話でした。すみません。

いっそ出来るだけ打撃を使わない試合の組み立てにして、相手を転がしたり、丸め込んだりするだけにしたら、勝つのにも無理が出ないような気がしてきました。

丸め込み系の技が上手な選手はたくさんスターダムには居ます。

でも、残念ながらコズエン(コズミック・エンジェルズ)にはいないので、月山選手はなかなか上達しないかも知れません。

でも、そこに注力するのが勝利への近道ではないかと。

そういうそろそろ勝ってもおかしくない雰囲気を感じ取ったのか、鹿島選手はしっかり攻撃して最後は起死回生ではなくマイエンブレムで仕留めました。

月山選手の成長に期待してのチョイスなのかなと思った次第です。

テクラ vs 白川もいいけどテクラ vs ウナギも良いな

続きましてはテクラ&MIRAI vs 白川未奈&ウナギ・サヤカです。

ピンクカブキ(白川&ウナギ)というタッグはゴッデスの挑戦が済んだら名乗りもしないのかと思っていたのですが、なんと新たなダンスまで披露してきました。

とっても良い。

ダンスの練習がイヤで桜井まい選手がDDM(ドンナ・デル・モンド)に異動しましたが、

※それだけが理由ではないですが・・・。

こうなったらコズエンはタッグで組むメンツが変わる度に違うダンスを導入して、徹底的に踊りまくるユニットになればいいのに、と思っちゃいました。

※いずれにしても月山選手はしないんでしょうけど。それも個性として認知されているっぽいので、むしろ今更ダンスをちゃんとやったらダメな気がしてきました。

試合前も良いんですが、試合もなかなか熱かったです。

ただドローになったのはどうかと思いましたが。

ベルトを争ったテクラ vs 白川は熱かったんですが、意外とテクラ vs ウナギも熱かったです。

ピンクカブキはまたここからタッグとしての実績を作って、ゴッデスへ再挑戦という筋が良いのかな、と思っていたのですが、ウナギ選手のSWA挑戦というのもちょっと楽しみになる試合でした。

ただ、この試合を観るとこの前の記者会見で、岩谷麻優選手や中野たむ選手にあってウナギ選手にはないものがあるとKAIRI選手が言っていたのですが、なんとなくわかるような気がしましたね。

※多分、内側から滲み出る情念とか怨念とか、そういうドロドロしたものかな?と思っております。これが何だかわからないけどこの選手を応援したいと言う気持ちにさせるものだと思っております。ただ、岩谷選手にそれがあるかというと、微妙な気もしてます。

それはきっと白川選手にもないんじゃないかと。

※たむ選手との白いベルト戦はあったかな?という気がします。

ここがシングルマッチで今ひとつ跳ねないところなのかも知れません。

いろんな意味でガンバレ!ピンクカブキ!

岩谷 vs ジュリアは前哨戦なのか?

続きましてはジュリア&桜井まい vs 岩谷麻優&向後桃です。

向後選手のほうが桜井選手に合わしに行っている感じがしましたね。

桜井選手もずいぶん良くはなってきたのですが、動きそのものがちゃんとプロレスになっているのは向後選手のほうですかね。

さて、あの記者会見を観てから、赤いベルト戦の1日目は朱里選手が勝つと思うようになりました。

2日目に岩谷選手を相手にタイトルマッチを戦うとしてどっちが良いのか、と考えてみると、ボクの予想通りに朱里選手がスターダムを離れるという決断をした場合は、断然朱里選手が良いわけです。

朱里選手はスターダムの強さの象徴です。

赤いベルトを今巻くにふさわしい選手であります。

1年4ヶ月でしたか、スターダムのアイコンと言われながらシングルベルトに全く縁がなかった岩谷選手が再び王者に返り咲くとしたならば、ここで朱里選手がスターダムを去るとしたならば、相手は朱里選手以外はありえないのです。

ジュリア選手とは今後何度もやり合う相手でしょうし、ここで当たる必要もないし、2日目にプロミネンスを迎え撃つのは朱里選手よりもジュリア選手が適切ですから、やっぱり2日目に岩谷選手と闘うのは朱里選手なのです。

そう思うと、この一戦はどういう意味があるのかさっぱりわからない試合に見えてきます。

たぶんこの時点では両国のオチは決定してなかったので、そんなことになろうとは1ミリも考えないで前哨戦のつもりで両者とも闘っているのかも知れないと思いながら、観てました。

なんだか切なかったです。

ちなみにボクの中では、岩谷選手=棚橋弘至選手、朱里選手=中邑真輔選手、ジュリア選手=内藤哲也選手って感じに捉えてます。

吏南のほうが上手い

こちらは完全なる両国の前哨戦の渡辺桃&スターライト・キッド&吏南 vs 葉月&コグマ&羽南です。

ゴッデスの前哨戦であり、ハイスピードの前哨戦?でもあり、フューチャーの前哨戦でもある、ある種豪華なタッグマッチです。

この時にはまだ桃選手のタッグパートナーがハッキリしていない状況で、この試合後にハッキリするという展開でした。

なぜあの時、桃選手はもったいぶった言い方をしたのか。

AZM選手とのタイトルマッチ前にもうゴッデスが決まっているとなると、こりゃAZM選手が勝つな、と勝敗がミエミエになってしまうので、言わなかったのかな?

それとも、たしか公式ではXとなっていたので、ここにサプライズを用意していたのですが、急に都合がつかなくなってキッド選手になったとか、なのかな?

急に都合がつかなくなったとなれば、外国人選手だったりするのかな、と妄想は止まりません。

だがしかし、またあのナイスな合体技を見せられると、桃&キッドは最高の挑戦者だな、と思いました。

さて、興味深かったのはフューチャーの前哨戦であった羽南 vs 吏南です。

結果、吏南選手が羽南選手を倒してしまったわけですが、結果のみならず、試合の中身も吏南選手のほうが上手でした。

チャンピオンになってから羽南選手もかなり良くなったように思っていたのですが、ここに来て吏南選手がホントに素晴らしく思います。

普通にフューチャーを獲っても何ら不思議ではない感じでした。

ところで最後の技はゴリースペシャルボムというんじゃないんですかね?

ゴリースペシャルという技から叩きつけるからゴリースペシャルボムという名前だった気がするんですが、それはまた別の技だったのかな?

今、吏南選手が使ってるゴリーボムというのは、新日でいうところの熨斗紙だと思っていたのですが、この試合ではちょっとひねって叩きつけていたので、また違うんでしょうかね。

プロレス技って奥深いです。

DDMはもう分裂してる

最後はDDM vs QQ(クイーンズ・クエスト)の8人タッグマッチの朱里&舞華&ひめか&なつぽい vs 上谷沙弥&AZM&林下詩美&レディ・Cです。

まず気になったのは、詩美選手です。

詩美選手はちょっと全体的に小さくなっちゃった気がします。

スピードは少し前よりもあるような気がしましたが、その分パワーは以前よりなくなってしまったような気がします。

ずいぶんと中途半端なプロレスラーになってしまったような気がしました。

肉体改造というとムキムキになりがちですが、詩美選手は、実にプロレスラーらしいゴツさを持っていたのに、ロイヤルを演出するためなのか小さくなっちゃったのはちょっと残念ですね。

これはまた赤いベルトのチャンピオンに返り咲くどころか、近々ある白いベルト戦も負けてしまいそうです。

もうすでにボクの中では、朱里選手はスターダムを去るものと思ってみてますから、こうしてDDMのメンバーとして闘っている姿を見るのも数えるほどなんだろうな〜と思うと、やけに観るのが辛かったです。

なんとなく、すでにDDMのメンバーとはギクシャクしているようにも思えてくるし、冷静に物を見られない状態でした。

DDMが勝ちまして、最後は8人全員揃ってポーズを取っていたのですが、見事に分裂したような並びになってまして、また悲しくなってきました。

まだ分裂なら良いか、とか思ってました。

いや、分裂しておいてくれ、すでに分裂してることにしてくれないか、とまで考え出してました。

どうなるんでしょうね。

ゆっくり待ちます。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き