好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

【NJPW】これぞIWGPのタイトルマッチ:2.11 THE NEW BEGINNING in OSAKA 観戦記 2

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

ちゃんとNOAHの日程も頭に入れておかないとダメですね。

昨日のはNOAHの大阪大会だったんですね。

オカダ・カズチカ選手の乱入劇はリアルタイムで観たかったです。

これを観て、オカダ選手が好きになったのは、棚橋選手を始めとする先輩方に対して上から目線の態度を取るところだったのを思い出しましたね。

オカダ選手が所属するCHAOSは、今では本隊と一緒くたになってますが、元々ヒールユニットだったんでしたね。

よく考えたら武藤敬司選手の引退試合はNOAHの興行ですし、NOAHからすればオカダ選手は外敵ですし、ヒールにならないとダメだったんですよね。

ところが清宮海斗選手が賛否両論巻き起こす背後からの顔面蹴りをやっちゃったために、NOAHファンにとっては普通にベビーだけども、新日ファンにとっては清宮選手はヒールみたいに見えたんです。

対抗戦だし、それはそれで悪くはないんですけど、それで両団体のファン同士が変にこじれちゃいました。

不意打ちではなく、自分のほうにオカダ選手の身体を向けてから顔面蹴りなら、清宮選手の新日ファンの評価も高くなったんじゃないかと思います。

この度オカダ選手が無法行為をやることで、NOAHファンにとってはさらに憎むべきヒールになりましたし、新日ファンにとってもヒールのオカダ選手を楽しむという視点が生まれました。

対抗戦なんだけど、両団体のファンが同じ方向から試合が観られるようになった気がします。

これで良かったんじゃないでしょうか。

ファン同士でよくわからない揉め方をしなくても良いですし。

さて前置きが長くなりましたが、昨日に引き続きまして大阪大会の感想です。

関連記事

元気ですか〜!?どうも、ろけねおです。今回は新日本プロレスの大阪でのビッグマッチの感想を書いてまいります。今回はさすがにライブ観戦すべきだったな〜と思いました。THE NEW BEGINNING in OS[…]

THE NEW BEGINNING in OSAKA

ここからの3つシングルマッチはいずれもメチャクチャ面白かったです。

メイン前の2試合が大いにお客さんを温めたために、会場のお客さんがプロレス観戦での声の出し方を完全に思い出せて、メインをさらに盛り上げたように思いました。

それでは振り返ってまいります。

ええ?ジェイが日本追放なの?

まずはルーザーリーブ・ジャパンマッチのヒクレオ vs ジェイ・ホワイトです。

アレはツイッターで見たんだったと思うんですが、ヒクレオ選手がWWEからのオファーを受けて行きそうなんての見たので、負けたほうが日本を追放されるというルールが採用されたときには、当然ヒクレオ選手が負けるものと思い込んでました。

それにいくらヒクレオ選手に勢いがあろうとも、あのオカダ選手を圧倒したジェイ選手に勝てるわけがないと信じ切っていました。

ところが、ところが。

ものすごい高さのチョークスラムで、しっかりジェイ選手が負けてしまったのでビックリでした。

ビックリはしたんですが、ジェイ選手が日本を去ることになるという部分には、寂しさはありませんでした。

このコロナ禍でジェイ選手はあんまり日本で試合してなかったですし。

飯伏幸太選手が新日を辞めても、前から居ないようなものだったので、なんとも思わなかったのと同じです。

これによってアメリカの新日本プロレスの中心人物として本格的に始動するのかな、と思いました。

最近、全然『NJPW STRONG』を観てないので、もしかしたらすでに中心人物だったりしたらごめんなさい。

ともかく、これから毎週のようにジェイ選手が登場するようになるんじゃないでしょうか。

AEWにもバンバン出るのかも知れませんね。

とはいえ、ジェイ選手はBULLET CLUBのリーダーですし、日本ではリーダー不在のままということになると、BULLET CLUBの運営はどうなっちゃうんでしょうね?

このところ、日本ではBULLET CLUBの存在感が薄れてきてますし、棚橋弘至選手はBULLET CLUBのKENTA選手に組もうと言い出してるし、この後に登場するエル・ファンタズモ選手は悪いことをほとんどしませんでしたし、BULLET CLUBというユニット自体が日本からフェイドアウトしていくんじゃないかという気がしてきました。

ハウス・オブ・トーチャーがBULLET CLUBからしっかり独立するというのもある知れませんね。

最近はToo Sweetも葉巻を吸うみたいポーズしてますし、鈴木軍の解体でユニットが2つ増えましたし、やっとユニット編成が変わってきそうです。

で、無敵のジェイ選手にしっかり勝ってしまったヒクレオ選手ですので、少し前にNEVER戴冠を逃したのですが、ここからUSヘビーだったり、世界ヘビーだったりに打って出ることになるでしょうね。

USヘビーはケニー・オメガ選手が持っているので、取り返しに行くのはウィル・オスプレイ選手もしくは個人的には我らがデビッド・フィンレー選手だったりすると良いな〜と思うので、ヒクレオ選手の出る幕はありません。

あれ?ジェイ選手がいなくなったら、フィンレー選手も主戦場をアメリカにしちゃうかも知れませんね。

ともかく、今後のヒクレオ選手の世界ヘビー戦線での活躍を期待させる試合となりました。

最後までどっちが勝つのかわからなかった名勝負

次はNEVER無差別級選手権試合のタマ・トンガ vs エル・ファンタズモです。

いい試合でしたね。

最後の最後までどっちが勝つのかが全くわからない上に、個人的にはどっちにも勝って欲しいという気持ちになる試合でもあったので、たまらなかったですね。

こんな試合をセミでやられたらメインがキツいな〜と思ったんですが、メインはもっとエゲツない試合になったので、相乗効果を得られたようです。

この日ライブで観戦した方が羨ましいです。

タマ選手が最後に使った技は、ボクは全然知らなかったんですが、少し前にお亡くなりになったジェイ・ブリスコ選手の技、ジェイドリラーというのだそうですね。

今後、この技をフィニッシャーにしていくんでしょうか?

説得力充分の大変危険に見える技ではありますが、タマ選手のオリジナルの技をフィニッシャーにしてほしいな〜という気持ちにはなりますね。

これまでのガン・スタンもそもそもカール・アンダーソン選手の技ですし、ね。

で、これでタマ選手が新日本でさらなる活躍が期待できるな〜と思っていたのですが、バックステージのコメントを見るとWWEからオファーが来てることを話してまして、ちょっといい選手はみんなWWEに行く可能性があるんだな〜と改めて実感しました。

新日で燻るぐらいならWWEで燻ったほうが給料もいいでしょうしね。

長く新日を観てる人なら誰もがタマ選手がナイスな選手であることは知ってます。

ところが、全然と言っていいほど活躍できてません。

今までヒールだったからという言い訳?が立ったんですが、本隊になってもやっとNEVERとなると、WWEの名前を出されても仕方ないかなぁと思えてきます。

ところでタンガ・ロア選手はどうしたの?

ケガ?

これぞIWGPのタイトルマッチ

最後はIWGP世界ヘビー級選手権試合のオカダ・カズチカ vs 鷹木信悟です。

ベタな物言いになりますが、プロレスの試合は選手と観客が一体になって作るものなんだなぁと痛感しました。

これは声援があったからこそ、選手も限界の向こう側まで行こうとしてくれたんで、今年のベストバウト候補になるであろう内容になったと思いました。

ボクはオカダファンのなので、飽きたとか言われてもオカダ選手に勝ってもらいたいと思っていたのですが、声援を聴いてると王者・鷹木を望む人が多かったように感じました。

鷹木選手は実況でも自家発電するタイプだと言われてまして、それゆえに声援があってもなくても元気ハツラツなわけですが、声援は鷹木選手をより元気にしているはずです。

今までの鷹木選手の中で、最も元気だった気さえします。

それはオカダ選手にも言えることですが、より元気に感じたのは鷹木選手でした。

オカダ選手はこのぐらいの試合をこれまで何度となくやっているので今更驚きはないわけですが、ちょっと前まではオカダ選手も三十路半ばになって、そろそろ下り坂が見えてくるのかな〜と思っていたところでした。

それが声援の後押しで、今もまだ長い全盛期だと思わせる試合をしてくれました。

これだ、これがIWGPヘビーのタイトルマッチの試合だな、と思いました。

未だ世界ヘビーのベルトにはカッコ悪さを感じるボクなので、統一した飯伏選手が居なくなったんだから、元のベルトに戻してくれないかな〜と思ってますが、内容は完全にかつてIWGPヘビーのタイトルマッチに戻りました。

さて、次の挑戦者は防衛したオカダ選手からの指名により棚橋弘至選手となりました。

こんなに凄い試合を目の当たりにして、よし挑戦するぞとなる棚橋選手のメンタルの強さに驚きました。

その鉄の精神力で、鷹木選手の半分ぐらいは動ける身体に仕上げてタイトルマッチに挑んで欲しいです。

それではまた。

ありがとう!

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き