好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

まだTIME BOMBはキックアウト出来ない:12.8 BEST OF THE SUPER Jr.28 観戦記

元気ですか〜⁉︎

どうも、ろけねおです。

今回は12月8日行われた『スーパージュニア』の感想を書きます。

生中継じゃなかったんですが、なぜなんでしょう?

少し前にもこういうことがありましたが、生中継はお金がかかるんですかね?

これなら、たまに実況のなしの生中継をやって、全試合生中継にしてもらいたいです。

BEST OF THE SUPER Jr.28

それでは振り返ってまいりましょう。

ダラダラした場外戦

まずはマスター・ワト vs BUSHIです。

普通にBUSHI選手が負けちゃいましたね。

ボクの中でワト選手は、まだBUSHI選手に難なく勝ってしまうのは早いと思います。

とはいえ、田口隆祐選手と金丸義信選手に勝ってますから無理もないのですが、違和感があります。

さて、この試合で気になったのは場外戦でのこと。

なぜかレフェリーがなかなか場外カウントを数えないんです。

ある程度、場外カウントが進んでからリングに戻ろうとしていたと思うんですが、なかなかレフェリーが数え出さないので、なんとなくダラダラとした場外戦になっちゃってました。

名前知らないんですが、新しいレフェリーなのでまだその辺の扱いがわかってないんでしょうかね。

確かにカウント数えず場外戦を長めに楽しんでもらう場面もあります。

でも、今回はまだ序盤でしたし、すぐに数えてテンポ感を出したほうが試合の進行がスムーズだったんじゃないかと、思いました。

足殺しは金丸の勝ち

続きましてはロビー・イーグルス vs 金丸義信です。

どちらも足殺しを得意とする選手でしたが、コッテリと足殺しを遂行出来たのは金丸選手のほうでしたね。

足殺しでは金丸選手の勝ちです。

ただ、ロビー選手は金丸選手には負けられない選手に格上げされてしまったので、しつこく足殺しに行かなくてもロン・ミラー・スペシャルが極まってしまうのです。

こういう展開を見ると、以前よりも足殺しにかける時間が短くなってしまって雑な攻撃、手を抜いた攻撃に思えてしまって残念です。

ロビー選手が勝つことには何の違和感もないのですが、金丸選手の足殺しのせいで攻撃にすんなり移れない場面があっても良かったかな、と思いました。

YOH不発

次はYOH vs エル・ファンタズモです。

この試合を見ると、まだYOH選手は覚醒してないことが一目瞭然でした。

勝ちはしましたが、ファイズスター・クラッチでは違うと思います。

不発です。

今回は最後にダイレクト・ドライブに繋げるつもりがなさそうな展開でしたので、まだファンタズモ選手には丸め込みでしか勝たせてもらえないということなんだ、と思いました。

それより何より、ファンタズモ選手は絶好調に見えました。

いつにも増して無駄な動きを連発。

せっかく面白くしようとしているのに、何のリアクションなかったYOH選手にはガッカリしたでしょうね。

残すところあと1試合。

YOH選手覚醒するでしょうか。

石森の貫禄勝ち

次は石森太二 vs SHOです。

この試合でもSHO選手は活き活きとしてました。

YOH選手とは実に対照的です。

また、今回はいっぱいおしゃべりをしていたので、実況がなくて本当に良かったと思いました。

そんなSHO選手、活き活きとプロレスをしていたのですが、結果は丸め込みで負け。

石森選手は金的からのバックスライドというヒールらしい勝ち方で、新米ヒールに貫禄勝ちでした。

思えば石森選手もBULLET CLUBに入りたての頃は、ヒール像が描けてない様子で、なんともギクシャクしていたものでした。

それが今や新米を教育するまでになっているのですから、時の流れを感じさせます。

ミスターパーフェクトの石森選手は、普通にヒールとしても一流でした。

田口、デスペラードを弄ぶ

次は田口隆祐 vs エル・デスペラードです。

最後はヌメロ・ドスで田口選手がギブアップ負けをしてしまいましたが、田口選手も好調をキープし続けています。

序盤、田口選手がしつこいヘッドロック攻撃が続きました。

棚橋弘至選手も時々こういうことをしますが、この試合の田口選手は棚橋選手よりもしつこく、あの手この手でヘッドロックでした。

昔、ファミコンでタッグマッチしか出来ないプロレスゲームがありまして、ボタンを押した回数で技が決定するのがあったんですが、ボクはボタンを一回だけ押して出るヘッドロックが好きで、ヘッドロックだけかけまくって勝利してました。

田口選手を観て、それを思い出しました。

ヘッドロック以外も終始をチャンピオン・デスペラード選手を翻弄しまくりの弄びまくりでした。

デスペラード選手からすると、これぞまさに試合には勝って勝負には負けたというやつです。

そう言えば金丸戦ではフィニッシュになったどどんスズスロウンで金的に行くやつ、確かに炸裂したのですが、フィニッシュにはなりませんでした。

なぜ?なぜなんだ?

まだTIME BOMBはキックアウト出来ない

最後は高橋ヒロム vs DOUKIです。

普通にヒロム選手が勝ちましたが、フィニッシュはTIME BOMBでした。

TIME BOMBⅡではなく。

つまり、DOUKI選手は現状明らかにヒロム選手より格下ということです。

今のDOUKI選手なら、この試合を観ると、キックアウトしても良かったんじゃないかと思います。

何が足りないんでしょう?

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング
最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き