好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

【NJPW】DOUKIが勝った!!:12.4 WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022 観戦記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

今回は12月4日に行われました新日のジュニアタッグリーグ戦の感想を書きます。

WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022

嬉しかったです。

最後に感想は書きますけども、やっとDOUKI選手が勝ちまして、しかも相手はチャンピオンですし、ホントに嬉しかったです。

ということで振り返ってまいります。

カッターってどこからでも飛んでくるのね

まずはKUSHIDA&ケビン・ナイト vs エース・オースティン&クリス・ベイです。

KUSHIDA&ナイトはわずかに2点ですから、ぜんぜん勝ててないんですけども、KUSHIDA選手ならどの選手にも勝ってもおかしくないので、ケビン選手の活躍次第でもっと点数が伸びても良かったとは思います。

最終的にケビン選手が捕まってしまうという形になると、またダメか〜となるんですが、この試合はそこまでしっかり捕まることもなく、時々ベイ選手を圧倒するような感じにもなりました。

直接勝つことは出来ないでしょうが、ケビン選手が持っているものを全部ベイ選手にぶつけてから、KUSHIDA選手につなげば勝てるかもな〜なんて思って観てました。

ところが、ベイ選手は甘くなかった。

プランチャで飛んだケビン選手を空中でひっ捕まえて、ダイヤモンド・カッターをエプロンで炸裂させるんですから。

新日ではガンスタンというほうが良いのかな?

1人でやる1,2,Sweetと呼ぶほうが良いのかな?

ともかく、どこからでも仕掛けることが出来る技なんだな〜と改めてその使いやすさに驚きました。

ケビン選手もいい動きを見せているので、もう1勝ぐらいさせてあげて欲しいです。

せめてコナーズに勝たせてあげて

次はワイルド・ヒップス(田口隆祐&クラーク・コナーズ)vs フライング・タイガース(ロビー・イーグルス&タイガーマスク)です。

前回の試合でダブルの赤いアンダータイツをみせたワイルド・ヒップスですが、もうそれ以降はずっと出し続けるんですかね?

どうせ優勝戦線に絡まないんですから、元タッグチャンピオンのフライング・タイガースに勝たないで欲しいなぁと思っちゃいました。

せめて勝つならコナーズ選手にして欲しかったです。

あんなに頑張っているわけですから、このシリーズのどこかで大きなご褒美を上げて欲しいです。

声出しOKで東郷イキイキ

次はBUSHI&ティタン vs SHO&ディック東郷です。

ティタン選手の時差ボケがようやく抜けたのか、このリーグ戦ではいちばんの動きの良さを感じました。

ゲスト解説のエル・デスペラード選手の評価も非常に高いティタン選手ですが、ボク的には何がそんなに素晴らしいのか、あんまりわからない選手でした。

でも、この試合は本当に素晴らしかったですね。

これが本来のティタン選手なんでしょう。

ここまでティタン選手がやれるとなると、タッグにおける通常のBUSHI選手の役目、つまりサポートが上手な選手として動けるので、LIJ(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)の2人は強く見えてきます。

ここからの躍進に期待が持てる気がしました。

さて、今大会は声出しOKということで、ブーイングを飛ばし放題となっております。

ということで、東郷選手はいつも以上にノリノリでヒール道を邁進していました。

SHO選手とモメそうになるけども、スグ和解なんてムーブはお弟子さんのEVIL選手ともしたことがないんじゃないでしょうか。

ヒールこそ、声出しOKで活きます。

YOHはヒールが似合う

次はYOH&リオ・ラッシュ vs アレックス・ゼイン&エル・リンダマンです。

何があったのか知りませんが、いつもにこやかに試合をしているリンダマン選手がこの試合では終始厳しい顔つきでした。

こういうリンダマン選手も魅力的です。

ケンカを売られた感じのYOH選手も良く言えばクールですが、悪く言えばやる気があるように見えないわけですが、いつになく熱くなっていましたね。

リンダマン選手への態度が、ヒールっぽくて良かったです。

やっぱりYOH選手はヒールがいちばんしっくり来るんじゃないですかね。

SHO選手をヒールにしたのは、思ったよりもSHO選手が器用だったので失敗にはなりませんでしたが、YOH選手を本隊寄りの選手にしたままは失敗だったと思いました。

普通ならよその者のリンダマン選手がヒール扱いになると思うんですが、YOH vs リンダマンになった場合、リンダマンがベビーフェイスに見えると思います。

そうなるとリオ選手とのタッグ継続が難しくなりますね。

ボクはやっぱりヒールのYOH選手が観たいです。

DOUKIが勝った!!

最後はTJP&フランシスコ・アキラ vs 金丸義信&DOUKIです。

序盤のTJP vs 金丸は楽しかったです。

名人同士の濃厚な時間でした。

両チームの構成がよく似ています。

ベテランも若手という構成です。

オージーオープンもそんな感じでしょうか。

若手の力が存分に引き出せれているのがキャッチ2/2で、その結果がチャンピオンということです。

DOUKI選手のポテンシャルがもっと引き出されれば、チャンピオンに勝つことも夢じゃないと思って観てました。

もしかしたら、引き出されるのを待ってるうちにまけがかさんでしまったような気もします。

とは言え、勝ったとしても金丸選手がアキラ選手に勝つんだろうと思ってましたが、長らく出してもいなかったんじゃないかと思われるスープレックス・デ・ラ・ルナ。

ウイスキーミストがあったにせよ、完全なる勝利ですから、チャンピオンシップは決定ですね。

チャンピオンにちょっと勝ったぐらいじゃ割に合わないほど、DOUKI選手は扱いが悪かったので、これを機にもう少し扱いが良くなると良いなと思います。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き